たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

音楽監督スダーンの来日が気になっていた3/26東京響サントリー定期は、
内容を変更して公演を開催することが決定しました。
楽団公式HP

詳細は下記をご参照ください。

《変更前》

指揮:ユベール・スダーン
ピアノ:アレクサンダー・ガヴリリュク
テノール:福井敬
合唱:東響コーラス

リスト:交響詩「オルフェウス」
フランク:交響変奏曲
ベルリオーズ:テ・デウム

 ↓↓↓

《変更後》

指揮:小林研一郎
ソプラノ:森麻季
メゾ・ソプラノ:竹本節子
テノール:福井敬
バリトン:三原剛
混声合唱:東響コーラス(合唱指揮:樋本英一)

モーツァルト:レクィエムより
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」


急遽の決定ではありますが、
充実した歌手陣を迎えての「モツレク」(「より」というのが気になりますが)、
そしてチェコ・フィルとの全集録音もスタートしたコバケンの「英雄」。

こんな時だからこそ、皆様是非会場に足をお運びください!

2011年3月20日(日) 13:30開場 14:00開演 @横浜みなとみらいホール 大ホール
読売日本交響楽団 みなとみらいホリデー名曲コンサート・シリーズ

管弦楽:読売日本交響楽団
指揮:下野竜也
クラリネット:四戸世紀(読売日響 首席クラリネット奏者)

バッハ:管弦楽組曲第3番より アリア

---黙祷---

《トランスクリプション名曲集》

バッハ(エルガー編曲):幻想曲とフーガ
ブラームス(ベリオ編曲):クラリネット・ソナタ第1番

---休憩(20分)---

グルック(ワーグナー編曲):歌劇「アウリスのイフゲニア」序曲
ウェーバー(ベルリオーズ編曲):舞踏への勧誘
ドビュッシー(ビュッセル編曲):小組曲
バッハ(シェーンベルク編曲):前奏曲とフーガ


既に当ブログでもお知らせしたように、東北関東大震災の影響で
3月に予定されているコンサートの殆どがキャンセルとなっています。
在京オケに頻繁に登壇する海外の巨匠達が、来日中止を余儀なくされたためです。
そんな中、スダーン指揮東京響の定期は中止とはなっていないようです。スダーンは在日蘭人??
             ↓↓↓↓↓
(スダーンとソリストのガヴリリュクの来日が中止、コバケンが代役を務めます。こちら

私の敬愛するマエストロ、インバル指揮する都響の演奏会も当然ありません。
ショック大・・・。

そんな中、読響は予定通り演奏会を開催してくれました。
詳しくは最後に。


さて、お馴染み「ゲテモノ担当」下野竜也の登場です。
今回も一捻りも二捻りもある、充実したプログラム。
バッハに始まり、バッハで終わります。
・・・と偉そうなことを書いていますが、日頃はロマン派ばかり聴いているものですから、今回の元ネタ(バッハ)が分かりません(爆)
という訳で、今回は編曲から聴こえる編曲者の作風の違いを聴き比べるのがやっと(泣)

最初のエルガー編曲のバッハ「幻想曲とフーガ」。もとはオルガン曲ですが、エルガーらしいノーブルな響き。とはいっても盛り上げ所では盛大にシンバルが打ち鳴らされます。

続いて、ブラームス/ベルクのクラリネット・ソナタ第1番。
なかなか梅渋な曲・・・。また私には早いかな。
四戸世紀さんの肉厚な音色と安定感は素晴らしく、最後の舞台を有終の美で飾っていました。

休憩後はグルック/ワーグナーの「アウリスのイフゲニア」序曲で始まります。
そこそこ綺麗なメロディのある曲なのですが、今一つ感興が沸かないまま終わってしまいました。
あまり演奏されない曲は、それだけの理由があるのでは、と一瞬思いました。

続いてウェーバー/ベルリオーズときたら、もうこれは「舞踏への勧誘」しかありませんね!
冒頭のチェロのソロの音色の芳醇なこと!みなとみらいの残響へと美しく溶けていきます。夢心地。
その後も宝石のようにキラキラと煌めく管楽器の音色、シルクのような弦楽が混濁せずに響き、シェフ・カンブルランとの共同作業の順調ぶりをうかがわせます。今日一番優れた演奏はこれだったのでは?
ついつい皆さん導入部の再現の前に盛大な拍手をしてしまい、下野さんが手で制していましたが(笑)

そしてドビュッシー/ビュッセル(誰??)の小組曲。
最初はフランス物にしては腰が重かったような気がしますが、曲が進むにつれて比重が高音に傾き、最終的には甘美な音を紡ぎだすことに成功していました。美しい演奏。

〆には、バッハ/シェーンベルクの「前奏曲とフーガ」。大作で、舞台一杯にオーケストラが陣取ります。シェーンベルクの編曲は、後期ロマン派の典型のような響きですが、きちんとバッハのニュアンスを感じられるところが冴えています。オケも熱演で、クライマックスは盛り上がりました。

演奏終了後に、下野さんが「音楽家は皆様に音楽をお届けすることが使命であり、その使命を果たしたいとの思いから演奏会開催という結論に至った」という旨のスピーチを行い、お開きとなりました。

曲目こそ馴染みの薄いものでしたが、こういう中で演奏会を開催するということに大きな意味があります。照明・暖房も極力落とし、節電が目立った演奏会。素晴らしかった。

終演後のロビーでは、下野さんと楽員の皆様が募金を呼びかけていました。私も「貧者の一灯」を。

19日、インバル指揮都響のプロムナードコンサート。
20日、尾高忠明指揮東フィルの「グレの歌」。

行く予定だったコンサートが次々とキャンセルとなっていきます(いずれも、延期ではありません)。
この分だと23日、30日の都響定期も危ういでしょうか・・・。

地震に不慣れなヨーロッパのアーティストは皆さん来日を中止されるようですが、
各国より渡航禁止措置なども取られているようです。本人の意思ではない方もおられるでしょうね。

都響プリンシパルのマエストロ・インバル、果たして23日、東京文化会館で渾身のブル9を振って下さるのでしょうか。3月のインバル月間丸つぶれは、都響にとっても痛手だと推察しますが。。。

本日午後に発生した「東北地方太平洋沖地震」ですが、
マグニチュード8.8の国内最大規模の巨大地震だそうです。。。
震源周辺の東北地方ではいまだ甚大な被害が続いているようで、
一人でも多くの方々の生還を、心よりお祈りいたします。

幸い私のいる愛知県の三河地方は地震、津波ともに目立った被害はありませんが、
それでも急な横揺れにびっくりしました。
横のtwitterにもありますが、東京の実家は物が散乱していた程度で、両親も無事で何よりでした。

一週間後上京するのですが、それまでに都心のインフラが回復しているといいのですが。

それでは。皆さんと皆さんのご家族の無事を祈っております。

表題の通りです。気になる方は下記リンクからどうぞ。
http://www.lfj.jp/lfj_2011/timetable/timetable.html

今年のテーマは「タイタンたち」ということで、かなり重厚なプログラミングですね!

リス/ウラル・フィルやコルボ/シンフォニア・ヴァルソヴィア等、
常連組は健在、また都響の演奏(ブラームス1番、小泉和裕指揮)もありますので、
私も今年こそLFJデヴューを果たしたいと思います!

しかしコルボのドイツ・レクィエムは「18歳以上参加可能」の公演・・・。
今年のLFJの最大の目玉なのに、行けません(爆)

このページのトップヘ