2011年7月27日(水) 18:30開場 19:30開演 @テアトロ・ジーリオ・ショウワ

フェスタサマーミューザKAWASAKI2011 東京都交響楽団

管弦楽:東京都交響楽団
ヴァイオリン:渡辺玲子
指揮:小泉和裕
コンサートマスター:矢部達哉

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲

---休憩(20分)---

ベートーヴェン:交響曲第5番


どんな舞台でも燃焼度100%、そんな都響の魅力を存分に味わえた一夜でした。もはや言葉にすることは少ない。

シベリウスは、渡辺玲子氏が深みのある音色で魅了。ちょっと演歌調だったけれど、技巧も確かで、大いに感じ入りました。バックはシベリウスには重厚すぎる位。そして、厳しい。第3楽章は両者の息もピタリと合い、見事に昇華したロンドとなりました。

後半はベートーヴェンの5番。小泉氏は、アインザッツを完全にオケに委ね、2拍目から刻みました。最初のフェルマータは短め(次は普通)。
客席の傾斜が急なホールで、前から十列目強だったので、結構舞台が近かったわけですが、それでも豊麗な「都響の弦」は健在。重厚壮大なサウンド。
残響がデッド(=分離は良い)なので、第4楽章で轟く凱歌は刺激的。冒頭主題が回帰する箇所は、ティーレマン程ではなかったですがテンポ落としてましたね。
ふと考えると、この小泉&都響コンビは在京オケの中では最も長い関係ではないでしょうか。オケは彼のカラヤン2世のような指揮に完璧につけます。少し腕を横方向に泳がせれば、俄然響きは濃厚さを増し、左手の空手チョップが決まれば雷鳴のようなトゥッティが炸裂。まさに今、長年の共同作業が大きな果実を結びつつあるのでしょう。少しでも多く定期にも出演して頂きたいものです。

ああ、良かった。