2012年11月8日(木) 18時30分開演 @愛知県芸術劇場大ホール

第30回名古屋クラシックフェスティバル ソフィア国立歌劇場

マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」(全1幕)

演出:プラーメン・カルターロフ
サントゥッツァ:ゲルガナ・リュスコヴァ
トゥリッドゥ:コスタディン・アンドレーエフ
ルチア:ルミヤーナ・ペドロヴァ
アルフィオ:プラーメン・ディミトロフ
ローラ:ツヴェタ・サランベリエヴァ


プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」(全1幕)

演出:プラーメン・カルターロフ
ジャンニ・スキッキ:ウラディーミル・サムソノフ
ラウレッタ:シルヴィア・テネヴァ
ツィータ:ルミャーナ・ペドロヴァ
リヌッチョ:キリル・シャバーノフ


合唱:ソフィア国立歌劇場合唱団
管弦楽:ソフィア国立歌劇場管弦楽団
指揮:アレッサンドロ・サンジョルジ(カヴァレリア・ルスティカーナ)
   ヴェリザル・ゲンチェフ(ジャンニ・スキッキ)


ひょんなことから、ソフィア国立歌劇場というオペラハウスの名古屋公演を観て来ました。
学生席で、5階天井桟敷での鑑賞。オケは全く視界に入らない位置でした。

オペラは昨年のサイトウ・キネンでの「青ひげ公の城」以来で、また全く馴染みの無い演目でしたので、飽きてしまうかと思いましたが・・・そんな心配は杞憂に終わり、楽しむことが出来ました。

今回の演目は「カヴァレリア・ルスティカーナ」「ジャンニ・スキッキ」。前者は「間奏曲」、後者はアリア「私のお父さん」と、どちらもそれぞれ広く知られた名曲を持ちつつ、その短さゆえになかなか生で聴く機会には恵まれないのではないでしょうか。

先述したように、私はコンサートほどはオペラに馴染みがありませんので、詳細なレヴューを書くことは出来ませんが、振り返ってみると、なかなか良い上演だったと思います。少なくとも学生席の値段なら十分にお釣りが来ます。

まず演出。東欧の経済状況から想像するイメージを差し引いても、お世辞にも豪華とは言えず、経営状況が楽でないことを窺わせるものでした。(例えば、「カヴァレリア」で皆が杯を交わす場面では、合唱団が2つに分かれて両袖から現れるところが、合唱団は1つだけでした)
しかし、総裁の重責を担うカルターロフ氏は実にオーソドックス・簡潔に舞台を作っており、両オペラともに極めて内容が世俗的ということもあって、普通に観る分には特に違和感を感じることはありませんでした。(「トスカ」だと分かりませんが・・・)

続いて音楽面。総じて充実。オーケストラは音色は素朴ながら安定しており、前半の有名な間奏曲は艶やかな弦に聴き惚れました。また、後半ではホルンが雄弁な演奏を聴かせ、舞台上で繰り広げられるドタバタを際立たせており、好感を持ちました。
ソリストは、キャスト表を見る限りではほぼ全員ブルガリア出身のようですが、皆大変馬力のある歌唱。過去に名歌手を輩出、というのは売り文句として割り切るべきですが、前半のテノールをはじめよく通る声で魅了しました。ただ細部の磨き上げには期待するべきではなかったようです。

最後に、終演後のカーテンコールはかなりドタバタしており、無秩序なものでしたが、ヨーロッパの歌劇場は皆こんなものなのでしょうか?それともこの団体だけなのでしょうか。いずれにしても、かなり田舎臭い感じがしました。
今回初めて本格的なイタリア・オペラを生で観た(以前「フィガロ」は観ました)のですが、やはり質実剛健なドイツ物の方が好きかもしれません・・・。
「カヴァレリア・ルスティカーナ」は、全編が血生臭い話。あの間奏曲を挿入することで、続く決闘のシーンを際立たせる狙いなのかと推察しますが、かえって間奏曲の美しさが際立ってしまっています(笑)
また、「ジャンニ・スキッキ」には全く共感できず。ダンテの「神曲」を読もうかな、という気にはなれましたが。

まあ、初めから食わず嫌いせず、これからも聴いていこうと思います。