2015/2/21
NHK交響楽団 2015横浜定期演奏会
@横浜みなとみらいホール

R. シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番
R. シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」

ピアノ:ピョートル・アンデルシェフスキ
管弦楽:NHK交響楽団
コンサートマスター:篠崎史紀
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

B定期での同演目が明快に賛否両論に分かれていたので、2月のパーヴォ月間のうち、A・Cともに感銘を受けた自分としては興味津々で会場へ向かった。

両端の大編成シュトラウスに挟まれたK.503では、アンデルシェフスキ・パーヴォ・N響が三位一体となった親密な対話を期待したが、残念ながら結果は不幸な形に終わった。昨年のフルシャ/都響で自由な思索を広げたピアニストと同人物とは思えないほど、こじんまりとそつなくモーツァルトを弾きこなしていた。何故だろう?恐らく彼は、パーヴォ/N響の結束に入っていけなかったのだろう。指揮者は小編成に刈り込んだオーケストラに信頼を置き、弦楽器は柔らかな音色で、管楽器は洒脱なソロで主張する。両者が奏でるモーツァルトは実に自然体で溌剌としていた。だがその連関にパーヴォがピアニストを招き入れたかというと―答えは否に近いだろう。第3楽章で三者は接近して協奏が始まったかと思ったが、時既に遅し。カーテンコールでコンマスと指揮者に称えられながらも、どこか寂しげに歩くアンデルシェフスキの表情が全てを物語っていた。聴衆の一人としては何ともいたたまれない。アンコールを弾かなかったのは当然かと思われる。本日22日の名古屋公演はどう出るだろう?無難に終わるか、ソリストが羽を伸ばし稀有のライヴとなるか。

そして、ソニーにツィクルスの録音も開始したリヒャルト・シュトラウスの交響詩二曲。あくまで個人の感想だが、発売の暁にはかなり賛否の分かれるものとなりそうだ。
前半に奏された「ドン・ファン」は速めのギュッと凝縮したテンポの音楽の奔流に圧倒される。リズムや金管の難所は寸分の狂いも無く決まり、あっという間に全曲を駆け抜ける。VnソロやObで提示される女性たちも艶やかで、全曲中盤よりやや後に登場するHr群の勇壮なソロの野太さは特筆に値する。これほどの豪快なホルン群を聴けるのは、首都圏ではここN響と日橋さんを擁する日フィルだけだ。全体として血気盛んな25歳のシュトラウスを髣髴とさせる怒号の連続であったが、オーケストラは余裕すら感じさせる安定感だった。
「作曲当時のシュトラウス目線」というパーヴォの方向性は後半の「英雄の生涯」でも継続されていた。この曲はシュトラウスが自らの交響詩群の締め括りとした大曲であるが、作曲当時彼は若干35歳。この年齢で自らの生涯を振り返る作品を書いてしまうところに、シュトラウスのエゴを強く感じるのは自分だけではないと思う。緻密なオーケストレーションが効果的に鳴れば鳴るほど、作り物としての「回顧録」の胡散臭さを強く認識せざるを得ないのだが、パーヴォは英雄の人生を振り返ることを最初から放棄してしまった!彼は創作意欲に満ちた壮年期のシュトラウスを自ら演じ、過剰なまでにオーケストラを轟然と響かせたのだ。基調テンポは「ドン・ファン」以上に速く、前進あるのみ。「英雄の伴侶」では自由度を持ったVnソロに合わせ弦楽のフレージングに変化を付けたが、豊麗でエロティックな音楽が姿を見せたのはたったその一場面のみ。他は剛直なN響のサウンドが痛快に炸裂し続ける音響地獄と化していた。金管に若手メンバーや豪華なエキストラを揃えたベストメンバーのN響がいざ底力を出せば、これほどまでの大音量が生まれるのだというディスプレイならば全く言うことなしだが、果たしてこの色気のない音楽はシュトラウスなのだろうか?「作曲家目線」がパーヴォの確信犯ならば彼の目論見は大成功だろうが、自分はまた聴こうとは思わない。

「英雄の生涯」はエゴの塊だと認識しつつも、その人工美の極致をこれでもかと味わわせてくれる指揮者と楽団には白旗を揚げるしかない。現代におけるその最高の組合せは、現在来日中のクリスティアン・ティーレマンとシュターツカペレ・ドレスデンであろう。自分はブルックナー9番は既にチケットを持っているのだが、今回のパーヴォ/N響で激しい欲求不満に陥っているので、23日も急遽検討している・・・。