2015/3/23
東京都交響楽団 第785回定期演奏会Bシリーズ

ベートーヴェン:荘厳ミサ曲

ソプラノ:吉原圭子
アルト:山下牧子
テノール:小原啓楼
バリトン:河野克典
合唱:栗友会合唱団、武蔵野音楽大学室内合唱団
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:矢部達哉
指揮:小泉和裕

16型オケとP席を埋める大合唱は無事故とはいかずとも、雄渾な骨格は一切ブレない素晴らしさ。小泉さんは暗譜で歌詞を口ずさみながら真摯な音楽作り。栗友会は高音域や強音でも叫ばず風格ある歌唱、クレドのテナー系"et resurrexit"は輝かしく音楽が転換。
メッツ/NJPの荘厳も栗友会だったが、い ずれもアマチュア最高水準の風格で大満足。ソリストはNJPの海外勢に対してアンサンブルは互角。個人技を聴かせる曲でないのでこれで良い。メッツのドイツ的無骨さに対し小泉さんは優美でしなやかな都響の音をそのまま活かす。包容力の点で今日の方が好き。
年度末に傑作中の傑作であるミサソレを置いて泣かせる都響のニクさよ。今年度も音楽的なチャレンジの連続だった都響、全てを包み込む圧倒的充足感で来シーズンの大野さん体制へバトンが受け渡された。小泉さんの円熟も比類なく、改めて都響指揮者陣の充実に涙が出そう。このオケはどこまで行くのか。