2014/10/24
NHK交響楽団 第1791回定期公演 Cプログラム
@NHKホール

シューベルト:交響曲第7番「未完成」
シューベルト:交響曲第8番「グレイト」

管弦楽:NHK交響楽団
コンサートマスター:堀正文
指揮:ロジャー・ノリントン

今日は首都圏だけでも数え切れないほど多くのコンサートが行われて、お知り合いの皆さんは綺麗にバラけた形ですが(笑)、自分は会員券を持っているN響を聴いてまいりました。

ノリントン卿は率直に言って苦手で、Aプロのオール・ベートーヴェンはあまり楽しめなかった。演奏家の向き不向きを悟るのもコンサート通いの面白さではあるのだが、さあ今夜はいかに。

オケはいつものノリントン通り、コントラバスが最後方に一列に並び、その後ろには反響板が立てられた。なお、「グレイト」では予想通り倍管。

前半の「未完成」、木管による第1主題を支える弦楽のうちCbのPizz.に弾むようなアクセントが施され、しかもフレーズ内で緩やかにクレシェンドするので音楽全体に確かな推進力が生まれる。結果的に、躍動的というほどではないにせよ、かなり動きのある「未完成」であった。

そして後半「グレイト」の自在さは実演・録音合わせても接したことがないほどで、あたかも一人でピアノを弾いているかのよう。1楽章冒頭のホルンからして呼吸するような独特の表情、そのフレージングに合わせてオケもオイッチニと動く。このあたり、ヨーロッパのオケなら奏者同士顔を見合わせて微笑みながら柔らかく動くのだろうが、日本のN響はあくまでも生真面目にノリントンに付き合う。だから悪いというわけでは別にない(笑)
第2楽章は基調テンポが速い速い。重さは微塵もなく、軽やかなドイツ舞曲といった趣き。その速いテンポの中にそこはかとない哀しみが風のように感じられるのがまた良かった。スケルツォは比較的オーソドックス。
終楽章はしゃかりきとなってゴリゴリ弾くのではなく、弦の速いパッセージでもオケの響きがクリア。「ピュア・トーン」の効果か・・・?

果たして、当夜のシューベルト2本立ては予想より遥かに愉しみながら聴いておりました。ノリントン卿の茶目っ気ある音楽、ベートーヴェンよりはシューベルトの方に適性があるように思えます。

(追記) 

書き忘れてましたが・・・。
ノリントン卿、最後列のコントラバス8本を左右半分に分け、真ん中にはトロンボーン3本を配置しました。
現代の聴衆である我々は3管編成の作品に慣れていますから、トロンボーンが交響曲中に使われることに何ら違和感は感じません。ノリントンの意図は、これらの楽器を最も目立つ位置に配置することで、改めて『音楽史上初めてトロンボーンを1楽章から用いた』シューベルトの革新性を聴衆に印象付けるという所にあったのではないかと思います。啓蒙的な要素が強いかも。