2014/10/11
東京交響楽団 第82回東京オペラシティシリーズ

モーツァルト:歌劇「後宮からの逃走」序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番
~ソリスト・アンコール~
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番より 第3楽章"トルコ行進曲"
サイ:交響曲第1番「イスタンブール交響曲」

ピアノ:ファジル・サイ
ネイ:ブルジュ・カラダー
カーヌーン:セルカン・ハリリ
パーカッション:アーカス・キョセレルリ
管弦楽:東京交響楽団
指揮:飯森範親

サイの「イスタンブール交響曲」は特に前半が大オーケストラの性能をフルに活かした曲で、大音響が気持ちよく響く。標題は「ゴジラ、イスタンブールに現わる」の間違いじゃないの?と思うほど。伊福部音楽でも熱い民族感情を聴かせる東響ならではの力演でした!前半のピアノ協奏曲は、ファジル・サイ校訂版といった感じ(笑)かなり自由に崩して弾いていました。