2014/10/7
サントリーホール スペシャルステージ 2014 五嶋みどり
ヴァイオリン・リサイタルⅠ
@サントリーホール

~プレ・コンサート~
サーリアホ:カリス(聖杯)
(ヴァイオリン:高橋奈緒 ピアノ:秋山友貴)
シュニトケ:ヴァイオリン・ソナタ第3番
(ヴァイオリン:城戸かれん ピアノ:山中惇史)

シューベルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナチネ
シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第2番
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ K. 304
R. シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ
~アンコール~
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女

ヴァイオリン:五嶋みどり
ピアノ:オズガー・アイディン

五嶋みどりさんのヴァイオリンを初めてナマで聴いた。
ホンモノのアーティストというのは往々にして会場の空気を一瞬にして支配し、自在に操ってしまうが、みどりさんもやはりその一握りの存在だったようだ。
一曲目のシューベルトのソナチネでは何とも形容し難い清らかな時間が流れた。かと思えばシューマンの1楽章では劇情が渦巻き、緩徐楽章では再び穏やかに・・・。何の演出も加えず、ただ曲のあるままの姿を我々に提示する。それだけで清新な感動がもたらされた。
休憩後のモーツァルトは冒頭からしてコケティッシュな表情。ラストのシュトラウスでは、「英雄の生涯」と「ばらの騎士」それぞれの主題をミックスしたような雄大なメロディが繰り広げられる。かと思えば歌曲の「チェチーリエ」のように感極まったようなピアノの叫びが続き、ヴァイオリンが応える。よく考えてみればこれらは総じて曲に抱いた感想なのだが、同時に演奏に対しての感想なのだ。「演奏=曲」という、ある意味インタープリターとしての役割を捨て去ったプレイ。それがこれほどまで魅惑的だとは!
そして何より、彼女の演奏には常に「静」が付きまとった。どんなに激しても、どこか静けさを感じる。理性で全てがコントロールされた、怖いほどの落ち着き様なのだ。

リサイタルを聴き終えて、「みどりさんの演奏が好きだったか」と問われると自分は返答に困ってしまう。もっと綿々と旋律を歌いぬいたり、艶やかな美音を聴かせる演奏の方が好きなのかもしれない。
ただ、今のみどりさんが達してしまった境地は恐ろしく高いレヴェルにある。今回のような《禊を済まして挑んだような》演奏を平然とやってのけるような演奏家は、同じヴァイオリニストでは他に、チョン・キョンファしか知らない。(庄司紗矢香さんもその境地に達しつつあると思う)

なお、この演奏会の開演前にはプレ・コンサートとして、事前にみどりさんのマスタークラスに参加した方の演奏があった。特にシュニトケのソナタには魅了された。

全く演奏会とは関係ないのですが、隣の席が小学校入ったくらいとお見受けするお子さんで、オペラグラスまで持ち込んでたので「只者じゃないな」とビビってました。そしたら何てことはない、演奏が始まって1分後にスヤスヤ、こっちにもたれてきて休憩前まで腕枕をする羽目になりました(笑)
そのコ、休憩後はえらく真剣に聴いていて、シュトラウスの1楽章が豪壮華麗に終わると拍手をしそうになって寸前で止めて周りをキョロキョロ見回してました。かわいい。分かるよ、したくなる気持ち。