2014/7/30
フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2014 東京都交響楽団
@ミューザ川崎シンフォニーホール

ヴァーグナー:ジークフリート牧歌
ブルックナー:交響曲第7番(ノヴァーク版)

管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:矢部達哉
指揮:エリアフ・インバル


サマーミューザにまさかの桂冠指揮者インバル登場!ということで、先日の「都響スペシャル」の余韻を残すような熱気にみちた客席。気軽に聴ける公演もあれば、こういう超本格派プログラムをさりげなく入れてくるあたりサマーミューザ、ニクいです。(本格志向といえば8/5東フィルのマーラー5番もお勧め!自分は行けなくなりチケット手放しましたが...)
ヴァーグナーとブルックナーという連関性のあるプログラム。このコンビによるジークフリート牧歌は、2012年のマーラー・ツィクルス第1期の合間に行われた特別公演「嘆きの歌」の前プロ以来、ブルックナー7番はやはり12年4月のB定期以来となります。
サマーミューザ恒例・公開ゲネプロからじっくり聴かせてもらいました。インバルはブルックナー特有のリピートを適宜省略し、しばしば止めて修正しながら全曲をみっちり通し。豪壮に鳴る金管群に「スタッカートを付けるな!丸い音で!」と何度も指示していたのが印象的でした。マーラーで時折見せる粗野なサウンドとは違った、セクションとしてまとまった響きが欲しいということでしょうか。ジークフリート牧歌はインバル立ちっ放しで全曲止めず演奏。
一時間強、お友達とアフタヌーン・ティーを楽しんだ後はいよいよ本番。既に腹6分目くらいに感じましたが(笑)今日は2階下手側のLA2列目。
ジークフリート牧歌はゲネプロ時より音が柔らかく、量感より繊細さが持ち味の都響の弦の真骨頂。弦にそっと寄り添う鷹栖さんのObをはじめとする木管のソロも素朴で美しい。本来各パート一人という最小編成の曲だけに、オケでの演奏に対しては若干懐疑的でしたが、今日の都響の演奏はまさに室内楽の精神。左手の柔らかな動きに象徴されるように、インバルもあまりガチャガチャいじくらない。ただ冒頭の愛撫するような主題が中間部で盛り上がる場面では、弦に思い切りアクセントを付けて弾かせていて、こればっかりは賛同できませんでしたが・・・。
本プロのブルックナーでは「毎回演奏が違う」インバルの面目躍如。ゲネプロではさらさらと流していた部分もねちっこく歌わせます。1楽章から唸り声も出て気合充分。熱量たっぷりのコーダの後は2楽章にアタッカで入り、冒頭のヴァーグナーテューバはあまり冴えず・・・難しい楽器なので仕方ありませんが、安定してませんでしたね。インバルが力をそれほど入れず、軽く合図を出すだけでも弦が豪快に鳴り渡ります。ノヴァーク版ならではの打楽器とティンパニによるクライマックス直前箇所でようやく渾身の煽り。ここでティンパニを強く叩かせないのは12年のCDと同じ、勿体無く思いました。
第3楽章は今日一番の出来だったかもしれません。前半2楽章の重みに対しどうも弱い後半楽章がこれほどがっしりとした構築で演奏されると、それだけで嬉しくなってしまいます。ただトランペットソロの2度目に2nd奏者を重ねて爆音で吹かせるという珍妙な細工があり、未だに意図が分かりません。野趣あふれ過ぎ。
フィナーレは3つの主題ごとに表情が全く違いました。インバルのヴォーカルが盛大に入った第1主題は決然と、第2主題は強弱つけつつもたゆたうように、そして金管により提示される第3主題はフレーズの結尾をペザンテでぐりぐり重々しく(個人的にこれはツボ)。大変メリハリが効いていて良かったのですが、若干効きすぎな感じも。コーダに入る直前にギアを踏み込んだかのように加速するのはいかがなものかなぁ・・・。コーダ自体は真っ当なテンポで、しかし熱く熱く終結しました。
良くも悪くもインバルにしか出来ないブルックナー演奏だけに、客席は賛否に分かれて面白い反応になるかと思いきや、大合唱ブラヴォでびっくり。そればかりか、まさかのインバルにソロ・カーテンコール一回。皆さん何だかんだいってインバルを愛している。個人的な感想を言うと、心を揺さぶられるような場面はあまり無かったですが、前へ前へと力強く牽引していくインバルの解釈の完成度・外向ではなく内部に凝縮していくようなオーケストラの引き締まったサウンドに魅了され、ふとわれに返ると夢中で手を叩いていました。インバルバカという批判は甘んじて受けます(笑)
ところで、黄金コンビだけにいつも都響定期や在京オケ定期で見かける方々と次々と遭遇しました。休憩時間には素敵な出会いもありハッピー。昔は一人で聴いて黙々と感想をブログに書くだけでしたが、今年に入り経験豊富な先輩方から色々な価値観を教えていただいています。自分の幅を広げる機会を沢山頂き、本当にありがたいことです。