2014/6/24 東京都交響楽団 第772回定期演奏会Bシリーズ&ゲネプロ@サントリーホール
2014/6/25 東京都交響楽団 第773回定期演奏会Aシリーズ@東京芸術劇場

オネゲル:交響的楽章「パシフィック231」
バルトーク:ピアノ協奏曲第3番
~ソリスト・アンコール~
バルトーク:3つのハンガリー民謡
J. S. バッハ:フランス組曲第5番より サラバンド(24日のみ)
J. S. バッハ:パルティータ, BMV825より サラバンド(25日のみ)
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
 
ピアノ:ピョートル・アンデルシェフスキ
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:矢部達哉
指揮:ヤクブ・フルシャ

【オネゲル】
ゲネプロでは手堅くまとめたという印象。2階正面という(一般的にはS席エリアですが)微妙な位置のため細部はいまひとつ聴き取れず。初日のB定期では、ホールの豊麗な音響が手助けして重厚な響きを楽しめた。低弦の唸りはまさに煙を上げて疾走する機関車そのもの。また、テナードラムの響線を張らずに演奏したのもよいアイディアで、その音の鈍さが重量感の演出に寄与していたと思う。(録音ではしっかり響線を張っているものばかり)2日目の芸劇では解像度が高くなった反面、重量感では初日に一歩譲ったか。
 
【バルトーク、ソリスト・アンコール】
ゲネプロは休憩までの公開につき、協奏曲は演奏されず。B定期・A定期ともに素晴らしかったが、2日目はアンデルシェフスキの没入が一層激しかった。協奏曲の指揮もぬかりないフルシャのもとオケは素晴らしいパフォーマンスを発揮。特に第2楽章は三者が融け合い、望みうる最高水準の演奏だったと思う。ピアノの繊細さは両日ともアンコールで最高潮に達し、バッハでは会場全体が水を打ったようになり、あたかも彼のリサイタルに来たかのよう。素晴らしいピアニストとの出会いにより、前半で既に満腹感を覚えた(笑)
ちなみに、ここまではTrpトップは岡崎氏。後半は高橋氏がピッコロトランペットを担当した。
 
【ストラヴィンスキー】
ゲネプロで最初に一度通した時点でほぼ出来上がっていたが、やや几帳面すぎる印象。細部の練習では「いけにえの讃美」前の11連打の直前、アッチェレランドを途中までにして連打を重めにするなど、知的な工夫を随所で施していた。そして本番では流石都響、緻密にアンサンブルを構築しながら熱気が渦巻く圧倒的快演となった。フルシャは通常ゆったりと演奏される「春のロンド」にテンポを落とさず突入し、弦の激しいボウイングを伴いながら金管楽器の最強音を引き出す。音響的にはこの箇所が第1部のクライマックスを築いていたのではないか。また弱音部にも緊張感が漲り、特に「乙女たちの神秘的な集い」における店村氏率いるヴィオラ群の艶かしい音色は特筆に値する。フルシャにとって生涯初の(!)「春の祭典」となったB定期ではアンサンブルは完璧、5管編成に拡大した都響が縦横無尽に暴れまわる様子は、さながら巨大生物の乱舞を観るかのようなカタルシス。翌日のA定期では前日の大成功に自信をつけたか、フルシャのリードにはより熱がこもり、途中エキサイトしすぎて棒が見辛くなる場面も。初日に比べてのごく僅かなアンサンブルの乱れはこれに起因するものかもしれない。
 
4月から都響会員として継続的にこのオーケストラを聴かせてもらっていますが、毎回が高水準な都響公演の中でも今回は出色。高度な機動性を見せ付けることに留まらず、指揮者と楽団が一体となって作品の新鮮な衝撃を引き出そうとする姿勢に何より感動しました。間違いなく上半期のベストに数えられるでしょう。