2014/6/28
日本フィルハーモニー交響楽団 第661回東京定期演奏会
@サントリーホール

シベリウス:交響詩「夜の騎行と日の出」
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:ピエタリ・インキネン

予想を遥かに超えた名演!!前半のシベリウスを含め、オケと指揮者の相性は抜群に違いない。豊麗に鳴らしつつ、各パートの見通しの良さを保つインキネンの手腕は特筆すべきもの。これまで聴いた日フィル定期ではダントツで一番の充実度!なおマーラー終楽章のハンマーは3回で、バーンスタインと同じ箇所だと思ったら最後はバーンスタインが叩かせている箇所の少し後。もう終わりなのかな。。。と思ったところでドーン!!(笑)