2015/4/24
東京芸術劇場 世界のマエストロシリーズvol.3 小林研一郎&読売日本交響楽団
@東京芸術劇場

マーラー:交響曲第2番「復活」

ソプラノ:小川里美
メゾ・ソプラノ:アンネ=テレーザ・メラー
合唱:東京音楽大学合唱団
管弦楽:読売日本交響楽団
コンサートマスター:小森谷巧
指揮:小林研一郎

コバケンこと小林研一郎という指揮者にはいくつか「十八番」があるが、この「復活」もそのうちの一曲である。チェコ・フィルとの録音も高評価であるし、国内でも聴く機会は少なくないはずである。昨年日フィルとの同曲を聴いた際は、ラザレフによりパワーアップしたオケの力を得て素晴らしい演奏を聴かせてくれた。その彼が在京屈指の馬力を誇る読響を駆るとなれば、これは俄然興味が湧くというものではないか。

第1楽章冒頭から気合が入った弦の響きに固唾を呑むが、この日の読響は管楽器群にらしからぬ瑕が続発し、特に第2楽章で発生したClのリードミスには閉口した。リハーサルは3日間みっちりやったそうだが、大曲でエキストラを多く動員したゆえの動揺だろうか?第3楽章のEsClの細かなパッセージの一部は吹くのがやっと、という部分もあり、現在のこのオーケストラの高い平均年齢、といったつまらぬ言葉が頭をよぎったのは事実。
ただストリングスはややブレながらも終始密度が高く、かつ柔軟な響きを聴かせてくれ、激烈な第1楽章の後に続いたレントラー風の甘さは当夜の白眉だったといえる。これほどふわりと自在なアゴーギクで第2楽章が奏でられるのを聴いたことはなく、魅力を再発見する思いだった。
管楽器にミスが連発、と書いたが、 6+アシ1を揃えたTpは、音色の統一はともかく全体的には悪くなかった。終楽章行進曲部直前のhi-Cの柔らかい響きはまるで木管のようで驚いたし、クライマックスにおける強靭な鳴りも見事であった。Tpと同数のHr群は更に良い仕事をしていたように思う。ソロで聴かせるのはマーラー演奏における必須用件であるが、トゥッティ全体の響きも特筆すべき水準であった。またTrbセクションの深みはこのオケの強みの一つで、全方位的に広がる豊かな鳴り、1stソロの味わい深さ、コラールの音程どれをとっても素晴らしく、国内オケということを感じさせない。 打楽器陣は1stTimのゲスト菅原さん(元・読響)の下支えに徹する象徴される堅実な仕事で好印象。
鳴り物続きで言うと当夜のバンダは完璧な仕事だった。 Tp4・Hr4のバンダ隊(本隊合流で11本ずつ!)は精度、音色ともに申し分なく、3階席中程で聴いた限りではバランス的な問題も感じなかった。1階席で聴いた友人は違和感を覚えたそうだが・・・。ちなみにTpには田島さん(読響)、Hrには山岸父(元・読響)、笠松さん(元・都響)、上間さん(東響)が並ぶ豪華布陣。成る程、悪かろうはずがない。ちなみに本隊参加位置はHrが下手側、Tpが上手側でいずれも合唱の隣。

前回の日フィル「復活」は東京音楽大学による合唱だったが、充実していたものの若干「声が若い」という印象が先行した。今回も同大学の合唱だったが、前回よりずっと満足度が高い。アンサンブルの精度が高く落ち着いて聴いていられるのは勿論のこと、強奏でも柔らかな響きを保っているために風格を感じさせたのだ。アカペラからSpソロを交え発展していく過程ではもっと音量を抑えて欲しい、と思ってしまったが、これは指揮者の指示であろう。女声ソロお二人はディクテイション、声の美しさともに何の文句もない。大詰めでは合唱と一緒に歌っておられた。(余談だが、コバケン特有の「嘆き顔」を見まいと(?)アルト歌手が「原光」で終始目を伏せがちだったのには笑えた)

コバケンの造形は昨年の演奏と同一だが、日フィルに比べて若干守りに徹した読響のプレイに影響されてかやや落ち着いた印象。日フィルの時は殆ど感じなかったアゴーギクの強引さが耳についたのはオケとの一体度の問題であろう。ただ一大叙情詩のように全曲を大きなスケールで貫徹する構築は説得力があり、クライマックスにおける息の長い昂揚に必然性を持たせることに成功していた。終演後のスピーチは今回はなし(良かった!)

このコンビは「復活」を郡山に持っていくらしい。合唱は地元の特設団体。