2015/8/5
フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2015 東京都交響楽団
@ミューザ川崎シンフォニーホール

プロコフィエフ:バレエ音楽「シンデレラ」組曲第1番
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:四方恭子
指揮:大野和士

都響のサマーミューザは昨年に引き続き硬派なプログラム。インバルのヴァーグナー&ブルックナーは指揮者のソロ・カーテンコールすら起こる熱狂ぶりだったが、新音楽監督大野さんが指揮するプロコフィエフ&ショスタコーヴィチとはこれまた興味深い。

サマーミューザの公開リハーサルは各オケの素の顔が窺える機会だと勝手に思っている。そういう観点で言えば、都響の「すっぴん」はメイク後と殆ど変わらないくらい美しい。他のオケの練習を貶すつもりなど毛頭ないが、都響ほどGPの時点で完成しているオーケストラも珍しいというのは事実だと思うのだ。
いつもこのオケの全力投球ぶりには恐れ入っているが、今回はリハーサルにも拘らず相当たくさんの聴衆が詰め掛けたためか、いつにも増して力のこもった練習。練習という言葉が全く相応しくないと思えるほど、指揮者・オケ共に鋭い切れ味で音楽を紡いでいく。プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ共にとうとう全曲一度も止めずに演奏された。それぞれを通した後には細部の微調整が加わったのだが、一体本番はどうなってしまうのかというような完成度のリハーサルが繰り広げられた。ショスタコーヴィチの演奏後に放たれた盛大な拍手とブラヴォーは、聴衆の驚きと本番への期待をはっきりと表していただろう。
なお、交響曲の後に大野さんはラルゴ冒頭をやり直したのだが、分奏を担うストリングスの一部奏者をしっかりと掌握、より訴求力あるサウンドを引き出した手腕は流石だった。効率もいいし、見抜くポイントも的確だ。

19時からの公演は文字通り満員。当日券も完売したようだ。
一曲目のプロコフィエフ「シンデレラ」組曲第1番は、GPでは精緻ながら単色に近い仕上がりだったのだが、本番では大野さんの指揮、オケのテンション共に一転。劇場人・大野さんを垣間見る変化に富んだバレエ音楽が披露された。ワルツや美しい響きが多い中、各セクションがハイテンポでバトンを渡す「喧嘩」は曲・演奏ともに出色。分厚くも華麗な都響を大野さんが天賦のセンスで操るとこういう息遣いの演奏になるのか、というお手本のよう。これは今後の劇場的作品への期待が高まるというもの。

後半のショスタコーヴィチ5番は、インバルとの演奏がCDにもなった名演だった。大野さんは若き日にチェコ・フィルとこの曲を録音済み。彼の解釈はインバルの冷徹・シニカルな演奏とは全く異なるが、前半に引き続き劇場人としてのドラマトゥルギーを漲らせた強靭なものだ。「強制された歓喜」という言葉を久々に思い出したが、あからさまにギアを踏み込むアッチェレランドや大音響の炸裂は、有名曲となり忘れられかけたこの曲の「狂気」を思い出させるに十分だった。
憤怒の形相の大野さんはGPよりテンポの煽りなどをキツめにしたが、全く動じず解像度高くついて行く都響は流石。音楽監督の棒の意図を、どのセクションも瞬間的に読んでいる。中間楽章での弦の凄みはいよいよ瞠目すべきもので、スケルツォでは冒頭の低弦が豪快に圧倒したかと思えば軽妙な管楽器が輝き、純音楽的な四方コンマスのソロも華を添える。一方でラルゴ楽章は尋常でない緊張感をもって、楽曲の要素を細かく解きほぐしながら進んでいく。指揮者・オケ共にトレモロ一つに対する集中力が音に現れており、実演ではかつて耳にしたことがないほどの静謐な弱音が立ち現れた。フィナーレは中庸なテンポで重厚に進み、トランペットのファンファーレが完璧に鳴る様は鳥肌モノ。コーダでホールを揺るがす大音響に達してもオーケストラは均衡を保ち続ける。

大野さん×都響の新時代は4月から始まったばかりだが、一連の就任披露を踏まえ指揮者・オケの双方が調整を行ったのではないか。海外経験の長い大野さんは先振りが目立っていたが、今回はほぼ音が同時に鳴っていて視覚的な一致が見られた。都響の充実は先述の通りだが、更に日本のオケを超えるスケールと豪快さが加わってきたのは頼もしいばかり。大野さん×都響による真摯な20世紀ロシア音楽プログラムは、鳴り止まぬ拍手と大ブラヴォーで締めくくられた。サントリーサマーのツィンマーマンも楽しみで仕方がない。

「ほぼ日刊サマーミューザ」上のレヴューはこちら。