2015/9/19
新日本フィルハーモニー交響楽団 #49 新・クラシックへの扉
@すみだトリフォニーホール

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
~ソリスト・アンコール~
J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番より ラルゴ

バーバー:弦楽のためのアダージョ
ブリテン:シンフォニア・ダ・レクイエム
~アンコール~
ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲

ヴァイオリン:堀米ゆず子
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:崔文洙
指揮:デリック・イノウエ


サントリーホールから錦糸町に移動し、新日フィルの扉を聴く。このシリーズはいわゆる名曲シリーズにあたると思うが、大体一曲は渋い曲が入れられているのがいい。広い層にアピール出来ている。

前半は堀米さんの独奏でシベリウス。前回堀米さんを聴いた時はラザレフ指揮日フィルとの共演でのブルッフだったが、曲の違いにもかかわらず同じような印象を持った。歌い込みが深く飽きないのだが、次から次へと湧き出る表現の意志にフィジカルが若干追いついていない感がある。とはいえ聴きごたえ充分、満足ではあった。トリフォニー定期も振っているイノウエの堅実な指揮は隙がなかった。

後半は戦後70年に寄せた鎮魂プロだそうだ。20世紀のバーバーとブリテンで揃えるとは心憎いチョイス。演奏も選曲の心意気に釣り合って充実したものだった。イノウエさんの棒は前半に引き続き手堅く、丁寧に各セクションをリードしていく。雰囲気で流さず、瞬間ごとに最適なキューを出していくためにオーケストラが安定する。特にブリテンは悲痛な曲想をしっかり出しつつ、各テクスチャが透けて見えるような力演となった。

決して派手なプログラムではなかったが、真摯な演奏に対してお客さんの拍手も真摯だった。こちらは大変気持ちのいい演奏会。