2015/9/30
ロンドン交響楽団
@ミューザ川崎シンフォニーホール

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番
ブルックナー:交響曲第7番(ノヴァーク版)

ピアノ:マレイ・ペライア
管弦楽:ロンドン交響楽団
指揮:ベルナルト・ハイティンク

現代屈指の巨匠・ハイティンクがミューザ川崎に初登場。今世紀に入って急速に関係を深めているロンドン響を振って、十八番のレパートリーを聴かせた。

モーツァルトは10-8-6-4-3の変則10型・対向配置。管楽器やティンパニは特にバロック仕様のものではない。
序奏からぎっしりと目の詰まった響きで充実しているが、東響のモーツァルトを日頃から聴いている東京の聴衆の度肝を抜くほどではない。だが、ペライアのソロが登場し、木管楽器が伸びやかに歌い始めると空気感が一気に豊穣になる。この即興的な解放感は日本のオケにはないものだ。
第2楽章では第24番を特徴づけるごくシンプルな主題をピアノが囁き、オーケストラに優美に引き継がれるのだが、その呼吸の豊かなこと!ミューザの極上の音響が加勢してピアノの音の芯が手に取るように分かり、ホールの適度な残響音を味わいつつ三者の融通無碍な会話を愉しんだ。これだけでも来た甲斐がある。
第3楽章に入ると一転、ペライアのピアノが激情を帯びだす。ベートーヴェン的な疾風怒濤の趣さえあるではないか。対するオケも弦や明滅するトランペット群をはじめとしてペライアに応える。ハイティンクが左手をほんの少しだけ力強く(それもそれほど明確ではない)動かしただけで有機体として動く第1ヴァイオリン群は実に見事だ。それでいて、艶消しをかけたような渋い音色は失われていない。
演奏後のペライアのカーテンコールは実に控えめ、オーケストラに幾度も頭を下げる。重くも軽くもない絶妙の沈み込みのタッチから生まれる透明な音色、全曲を構築する見事なバランス感覚といい、紛れもない超一流のモーツァルト弾きだと思う。

一気に編成を拡大して16型のブルックナー。弦は変わらず対向配置、トロンボーン、トランペット群は上手の舞台上方に寄せられ、 ティンパニは中央に座す。ホルン群は4列に並べられ、その背後にヴァーグナーテューバ隊が控えた。なお、興味深かったのは第1楽章が終わるとテューバ奏者がトロンボーン群の近くから移動し、ヴァーグナーテューバの隣に着席したことだ。第3楽章以降はまたトロンボーンの右隣で吹いていたのだが、音質の均一性を考えてのことだろうか。そもそもハイティンクはかつて対向配置を採っていなかったので、巨匠の探究は続いているのだろう。

第1楽章のトレモロは思ったほどホールに響いていなかったが、そこからチェロとホルンのユニゾンが入り、第1主題が清澄に響きだすとまるで別世界。そもそもホルンがどこから鳴っているのか分からないのだ。目視で初めて第1奏者が吹いていることを確認。これほどに全てのサウンドが溶け合った響きは、今年2月のティーレマン/ドレスデン以来2回目の体験だ。ハイティンクの指揮はこの楽章では朴訥そのもの、特に起伏を作ることは考えていないようだったが、オーケストラが自然に進んでいくだけで恍惚としてしまう。コーダで一度音量を落としてからどこまでも伸びていくようなクレッシェンドは圧倒的で、ティンパニの音色も理想的だ。
続く第2楽章がやはりこの曲の白眉である、そう思わせたのはハイティンクの手腕である。 冒頭こそ若干速めにこそ感じたが、徐々に自然に減速していき、冒頭主題の回帰ではまったく違ったテンポに。クライマックスに至る過程も理想的としか言いようがなく、全てが収まるべき所に収まった至極のアダージョ楽章が展開された。何の誇張もなく、すべてのサウンドを溶け合わせるだけでこれほどの音楽が生まれるとは・・・。演奏家の恣意性が消え去り、宇宙の胎動のみがミューザの大空間に響いた瞬間であった。このまま時間が止まってほしいと願うも、叶うはずもなく第3楽章へ。
トランペットの完璧さは言うまでもなく、強烈無比な音響が炸裂するスケルツォ。ただでさえ野趣あふれる楽章だが、これほど強靭な力を感じたことはない。ロンドン響の無尽蔵なパワー、そしてトリオの繊細さに感じ入る。
あれよあれよという間にフィナーレ楽章へ。主題が整然と展開していくが、ハイティンクはミューザのさっぱりとした音響を加味してかそれほどパウゼを長くとらず力強く曲を推し進めていく。終局で再び現れるヴァーグナーテューバの哀切な響きに胸を掻き毟られながら、すべてが一体となり全曲は締めくくられる。最後のティンパニの一打、トゥッティの響かせ方は第1楽章に続き完璧、これを巨匠の技と言わずして何と言おうか。 

唯一無二の素晴らしい演奏家達は勿論のこと、ミューザの音響やマナーの良い聴衆など、ことごとく好条件に恵まれた最高の聴体験だった。ブルックナーの後の拍手はほんのわずかだけ待って欲しかったが、許容範囲内。
圧倒的な、それでいて指揮者の存在をほとんど感じさせない音楽を聴かせたハイティンクは、やはり疑うところのない巨匠だ。作曲家への絶対的な信頼が全身から溢れ出ており、それが幾多の名門オケから素晴らしい音楽を引き出しているのだろう。齢86にして指揮ぶりは壮健、指揮台に置かれた椅子にも楽章間しか座らない。流石に渾身の力で全曲を振り抜いた後は憔悴しきっており、カーテンコールでの所作はフラフラだった—謝意を伝えたいとは思いつつ、ご老体に鞭を打たせるのが申し訳なくすらあった。

そしてやはりロンドン響の素晴らしさである。国も性格も全く違うオーケストラだが、不思議と聴後の感銘は2月のシュターツカペレ・ドレスデンと似通っており、超一流のオーケストラが持つポテンシャルの共通を悟る次第。日本のオーケストラは本当に近年巧くなっていて、下手な海外オケを聴くなら絶対に国内オケを聴くべきだと日頃から痛感している。だが超一流を聴いてしまうと、僅かな、しかし大いなる落差を感じてしまうのだ。弦楽器の質感は一聴似ているのだが、日本のオケの内に凝縮していくようなサウンドに対しロンドン響は一旦凝縮させた後ふわりとホールに放出させていく。管楽器の場合は、金管に関しては単純にパワーと繊細さが段違いなのだが、木管楽器に関しては楽員1人ずつの自由度に大きな差を感じた。例えばクラリネットは、モーツァルトでバセットホルンのような仄暗い音色かと思えばブルックナーでは第1楽章でミューザの大空間を支配して震撼するようなソロを聴かせた。このスケール感をほぼすべての楽員が有しているのだから、オーケストラのダイナミックレンジ、表現力に差が出ないはずがない。ティンパニも同様で、1人で演奏の印象を左右するという責任感を楽しんでいる様子すら感じた。

とにかく考えさせられることの多い、深く重い余韻を残す演奏会だった。個人的にもう一つの収穫は、6月に聴いたノット/東響のブルックナーが本当に素晴らしいものだったと再確認できたこと。オーケストラでは前述の通り及ばない点もあるが、ノットの解釈は同じくらい素晴らしかったし、東響の表現力と献身度は国内オケとしては最高点だったと思う。いつか、超える日が来るのだろうか!