2015/10/29
パルティトゥーラ・プロジェクト
ベートーヴェン ピアノ協奏曲全曲演奏会 【第2回】
@すみだトリフォニーホール

ベートーヴェン:ロマンス第1番
ベートーヴェン:ロマンス第2番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
~アンコール~
モーツァルト:4手のためのピアノ・ソナタより 第2楽章

ピアノ:マリア・ジョアン・ピレシュ、小林海都
指揮:ヴァイオリン:オーギュスタン・デュメイ
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:西江辰郎

第5番「皇帝」で締めくくるコンサートと言うと、先日のN響定期を思い出す。ブロムシュテット指揮で交響曲第2番を演奏し、後半にティル・フェルナーの独奏で「皇帝」。こういう構成だとソリストはアンコールをするわけにも行かず、なんとなく後味が微妙なお開きになってしまう。それと比して今日の構成は気持ちが良い。
ピレシュが弾く第4番が素晴らしいのは勿論だが、前菜というには相当に贅沢なデュメイのヴァイオリンが、初めに二曲演奏された。デュメイのヴァイオリンは相変わらず爽快に美音を振りまくが、昔の技巧バリバリのコンチェルトなどに比べて人間臭く、自然な円熟を重ねていることが分かる。 2曲のロマンスにおける表情の違いも味わい深い。(首都圏では、来年インバル/都響との共演によるモーツァルトの協奏曲第3番で彼のヴァイオリンを味わうことが出来る)

続くピレシュ独奏のベートーヴェン4番、前回の第3番に続き金太郎飴のような感想で恐縮なのだがかけがえのない瞬間。偏愛する第4番を彼女のピアノで聴けただけでまずジンとしてしまったが、もう第一音から別世界。ピアノの独奏から始まるこの名作が、これほど胸の奥深くまで染み渡って聴こえたことはかつてなかった。パルティトゥーラ・プロジェクトの中心であるピレシュが振りまく慈愛の念、それがホール全体に浸透して聴衆の心を打つのが手に取るように分かった。
ちなみに、使用ピアノが一日目のヤマハからスタインウェイに変わっていました。直前で色々試しての変更とのこと。

後半はエリーザベト王妃音楽院でピレシュに学ぶ小林海都さんが登場、シリーズを締めくくる「皇帝」を奏した。ピレシュの後を受けて協奏曲を弾くプレッシャー等、いらぬことを多々想像してしまったが、演奏は年相応以上の立派さ、一途で直情的な表情もこれはこれで良いと思える。先述したティル・フェルナーの軽やかなウィーン風とはまったく異なる、今の小林さんが投影された説得力ある演奏に満足した。

アンコールではやはりピレシュと連弾、モーツァルトの4手ソナタより第2楽章が演奏された。この意義あるプロジェクトの締めくくりとして、これ以上ない素敵な贈り物を授かった思いだった。