2015/10/30
藝大フィルハーモニア 第371回定期演奏会
@東京藝術大学奏楽堂

~プレコンサート~
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
演奏:藝大フィルハーモニア チェロアンサンブル
(寺井創、豊田庄吾、夏秋裕一、羽川真介、松本卓以、山澤慧)

バルトーク:バレエ音楽「中国の不思議な役人」組曲
バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽
バルトーク:管弦楽のための協奏曲

管弦楽:藝大フィルハーモニア
コンサートマスター:野口千代光
指揮:高関健

相当久しぶりに藝大奏楽堂での演奏会を聴く。上野といえば東京文化会館、上野学園石橋メモリアルホール、そしてこの奏楽堂だが、しょっちゅう訪れるのは文化会館だけだ。
プロオーケストラの定期演奏会で「役人」「弦チェレ」「オケコン」というバルトークの代表的三品が一挙に乗ることは、実はありそうでない。バルトーク音楽を心から愛する自分としては、この演奏会を見逃すわけには行かなかった。
ちなみに、藝大フィルを聴くのは実は初めて。

自由席につき奏楽堂の1階中央よりやや後方の座席を取り、まずプレコンサートを聴く。本プロに加えこちらもバルトーク、藝大フィルのチェロセクションはしなやかな音色で土っぽいサウンドを聴かせてくれた。
本プロの「役人」、オーケストラは14型。(以後全曲同じ編成だった)ステージを見てまず「おや」と思ったのは、管楽器と打楽器に雛壇がないこと。つまり全ての楽器が平舞台での演奏となった。これは正直音響的な効果としてはかなりマイナスで、奏楽堂の比較的多めの残響と相まって細部の混濁が聴かれた。とくに「役人」はただでさえオーケストレーションが込み入った曲だから、弦楽器の猥雑な動きに乗っかってくる木管群の信号動機、そして威圧的に奏する金管群がごちゃ混ぜになってしまった。演奏自体は水準高く、高関さんらしい手堅く安定した指揮(かなりゆったりしたテンポだった)に藝大フィルがしっかりと応え、少女を誘惑する3人の登場人物を描き分けるソロ・クラリネット、終盤近くの卑猥なソロ・トロンボーンも素晴らしかった。
ここで休憩に入る。3作品とも重いからなのか、休憩は一曲ごとに取られた。(聴衆としてもその方がありがたかったが) 

続いての「弦チェレ」、オーケストラは弦5部が左右に分かれて対峙する形を取り、指揮台の向かって下手側にチェレスタ、上手側にハープが置かれる。ピアノはチェレスタの隣で、チェレスタを弾いたH塚君は曲中連弾になる箇所ではピアノと自分の楽器を往来していた。 
昨年末に聴いた大野和士/都響の同曲は情念系とでも言おうか、分厚いサウンドをベースに大野さんが自在なアゴーギクで揺さぶって魅力的に仕上げていた。高関さん/藝大フィルの演奏は対照的で、ほぼアゴーギクは使わず、徹頭徹尾楽曲を丁寧に紐解いていくもの。結果的に切っ先を突きつけられるような冷たい凄みは後退したが、これも曲のあり方の一つだろう。藝大フィルは所々アンサンブルに苦しそうな箇所が無いではなかったが、高関さんのこれ以上ない位丁寧な指揮(とくに第2楽章終結部!)に導かれて立派な演奏だった。ティンパニの思い切りの良い強打が印象的。

再び休憩を挟んでの「管弦楽のための協奏曲」。正直聴く側としては若干疲れてきたのだが、もっと負担が大きいはずの演奏者のことを考えてしっかりと聴く。オーケストラのコンディションはほぼ先ほどと同一に保たれ、休みがあった管楽器も抜け目ない演奏。音楽がぐるりと回転して大胆に転換していくような場面でも相変わらず高関さんは生真面目だが、がっしりとした構築により、ソロが明滅する管弦楽曲というよりは堂々たる一大交響曲のような仕上がりとなっていた。各楽章間の有機的な動機の繋がりもよく見える。

なかなか長いプロで、終演は21:30頃となった。なるほど、この3曲を一夜に演ろうとすると舞台転換、管楽器奏者への配慮、そして聴き手の集中力など色々な問題があるのかもしれない。充実したパフォーマンスだったが、それに加えて色々な発見があったのも収穫だった。 最後に、出来れば藝大フィルは文化会館で公演してほしい。