2015/11/27
オッコ・カム指揮フィンランド・ラハティ交響楽団
生誕150年記念 シベリウス交響曲サイクル[2]
@東京オペラシティ・コンサートホール

シベリウス:交響曲第3番
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
~ソリスト・アンコール~
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番「バラード」

シベリウス:交響曲第4番
~アンコール~
シベリウス:悲しきワルツ
シベリウス:組曲「クリスティアン2世」より ミュゼット
シベリウス:鶴のいる風景

ヴァイオリン:ペッテリ・イーヴォネン
管弦楽:ラハティ交響楽団
指揮:オッコ・カム

オッコ・カム×ラハティ響のシベリウス・サイクル第2弾。人気のヴァイオリン協奏曲が入っているとはいえ、一番渋い組み合わせ。客入りは前日より若干減ったかという印象だが、この日だけ聴きに来た猛者もいるらしい。

やはり12型+Vc、Cb一名ずつという形だが、Va奏者が一名減っていた。病欠?
プログラムによると、第3番はカムがもっとも好む作品らしい。冒頭の低弦に始まる音型から他のシベリウス作品とは趣を異にするというのは、僭越ながら自分も同意見だ。この独特の「シベリウスらしくなさ」に惹かれるのだろうか?
カムの指揮は大らかで、野太く旋律を歌っていく。大まかに外型を整えながら、あとは任せた!という感じ。弦楽器は肝っ玉母さん風のコンマス主導で自発性を発揮した。

続くヴァイオリン協奏曲、ここ最近これという演奏に出会っていない名曲だった。今回の演奏はいわゆる「名演」とは違うものの、田舎風のざっくりした味が楽しい。ソロのイーヴォネンは路傍の楽師という雰囲気で、オケにとけ込んで奏でていく。ピッチの怪しさを歌い込みの入念さでカヴァーしたが、アンコールのイザイはかなり冗長だった。
カムとラハティ響側もイーヴォネンの歌い方に理解があるようで、自在な呼吸。木管などには聴き慣れないフレージングもあり、興味深く聴いた。

休憩を挟んでの第4番、一転してオーケストラの響きは険しさを増す。晴明からの深遠へ、そういうプログラムだろうか?重々しい冒頭から浮き上がるチェロの独奏は、フィンランドの明けない夜の憂鬱を連想させる。1楽章の途中で金管に表れる特徴的な動機は「パルジファル」そっくりで、静謐な情景と合わせてヴァーグナーからの影響はあるかもしれない。第4楽章で象徴的に響く鐘はグロッケンを使用。以前聴いた上岡さん/新日フィルはテューブラーベルだったが、二通りあるようだ。

全体的に1日目より生気を増し、カムの指揮も調子を上げていたように感じた。アンコールでは「鶴のいる風景」が絶品だった。有名な「悲しきワルツ」ではパーヴォのような極端な音量変化は要求せず、自然な感興が描かれた。