2015/11/30
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 特別演奏会
オーケストラ名曲への招待
@ミューザ川崎シンフォニーホール

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番
コルンゴルト:シンフォニエッタ
~アンコール~
J. シュトラウス2世:ポルカ「雷鳴と稲妻」

ピアノ:ゲルハルト・オピッツ
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
コンサートマスター:
﨑谷直人
指揮:サッシャ・ゲッツェル

1月の「英雄」「4つの最後の歌」「ブルックナー9番」、4月は紀尾井シンフォニエッタとの「グレイト」でウィーンの風を運んできたマエストロ・ゲッツェル。特に1月の定期は年間ベストに入ろうという素晴らしさで、これほど耽美的な音楽が日本のオケで聴けるのかと思ったほどだ。

今回もやはりウィーンの色を強く感じさせるプログラム。
前半のブラームス「ピアノ協奏曲第2番」、ソロを弾いたのはドイツの名匠オピッツ。コリン・デイヴィス/バイエルン放送響とブラームスの名録音も残す彼だが、今回の演奏もやはり素晴らしかった。派手なアピールこそないものの高度な技巧を要求するこの難曲において、あくまで自然に振る舞っていた。あるべきものが全てある、足し引きしない音楽の尊さは何物にも代えがたい。ドイツの質実剛健なピアニズムに、より包容力が加わった感じ。ゲッツェル/神奈フィルも適度な重量感で推進力をもって進め、オピッツと一緒に呼吸していた。まさに三位一体。第3楽章のソロ・チェロを弾いた山本裕康さん、弓圧の強さというより弓毛をぴったりと弦に付けたまま濃密に弾ききる。フレーズは力強く途切れず、思わず落涙。これまで聴いたブラームスのピアノ協奏曲第2番のソロの中では文句なしのベスト。これほど意志的なソロだったとは思わなかった。

休憩後のコルンゴルト「シンフォニエッタ」、実に作曲家15歳の時の作品。アメリカに転出して生み出す映画音楽の傑作群も予告しながら、ウィーンの甘美を随所で聴かせてしまう佳作だと思った。コルンゴルトは既に職業作曲家としてポジションを固めつつあったようだが、15歳でこんなものを書いてしまうとはまさに神童である。家庭環境にも恵まれた。
Fließendと指定があるように、音楽は流麗に流れ出す。シンフォニエッタ=小交響曲とあるが、音楽的には4楽章構成の堂々たる交響曲だろう。編成も大きい。バルトーク・ピッツィカートも用いた豪奢な管弦楽の書法にはマーラー、R. シュトラウスといった先達の影響も感じさせる。とにかく、消化度が凄いのだ。第2楽章の勇壮な主部と甘いトリオの対比も美しいし、とろけるような第3楽章ではイングリッシュ・ホルンがソロで活躍する。やや不安気味に始まる終楽章も、リズミカルに音楽が動き出せばもう愉悦が勝る。時折淀むような回想をはさみながら、音楽は徐々に小気味良さを増していく。各セクションが総動員され、循環するテーマを高らかに奏して華麗なクライマックスを築くのだ。
ゲッツェルはこの作品をすっかり自家薬籠のものとしており、迷いのない指揮で神奈フィルから豊麗なサウンドを引き出した。指揮者が変わればこれほどオーケストラが変わるのか、という驚きが再び訪れた瞬間だった。彼とコルンゴルトの相性は比類ないものとなっている。是非、次は大傑作「交響曲」を!

アンコールには新年を早くも予見するようなシュトラウス2世のポルカ。こちらがまた「雷マシマシ」の大胆不敵な演奏だった。ゲッツェル×神奈フィルによるニューイヤー・コンサートも待たれる。