2015/12/25
東京都交響楽団 都響スペシャル「第九」
@東京文化会館

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

ソプラノ:安藤赴美子
アルト:中島郁子
テノール:大槻孝志
バリトン:甲斐栄次郎
合唱:二期会合唱団(合唱指揮:藤本淳也)
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:矢部達哉
指揮:エリアフ・インバル

インバル/都響「第9」2日目。このオーケストラのホームグラウンドと言うべき文化会館が、豪快かつ緻密なサウンドで満たされた。インバルの音楽は解放と凝縮のバランスが絶妙だが、このホールで聴くとその特徴が一層あらわになる。
弦5部のバランスは偏りなく設計されているが、終楽章レチタティーヴォなど前面に躍り出る箇所では存分に歌わせて強く印象付けた。どのセクションも、楽器の出し入れは大胆かつ計算されている。

初日の第1楽章では、若干インバルはセーヴ気味で大人しい指揮をしていたように思うが、この日は冒頭から気合十分、唸り声を上げてオケを煽り導いていく。オーケストラでは2ndHrに若干の不安定さは感じたが、総じて初日より大胆な表情付けで彼の気合に応える。残響成分の少ない文化会館では、第2楽章スケルツォのティンパニも痛烈に轟き、楽曲が本来有するミニマルな前衛性が強調される結果に。楽章最後はややリタルダンドして終結を宣言する。

牧歌的叙情とは一線を画す第3楽章にも、改めて聴き惚れた。旋律線をなだらかに歌う箇所でも、持続するリズム音型への意識が常に保たれている。悠久の第2主題を導く低弦のD-A音型をはっきり強調するなど、総じて厳格に構築された演奏だ。終楽章でも同様の拘りは健在で、歓喜主題の対旋律のファゴットを伸びやかに歌わせことは勿論、ヴァイオリン群の裏で奏でているチェロのA-Cに僅かなポルタメントを施す(この工夫は2013年にもあったが、今回はより自然な形で取り入れられた)など、紛れも無いインバル印のベートーヴェンが繰り広げられた。声楽陣は変わらず壮烈、"Alle menschen"で大きく広げるなどインバルの指揮にも変化があった。

彼は今回の「第9」演奏に際して、ベーレンライター新版や自筆譜の校訂報告書などの様々な資料を読み込み、演奏の度にトライ&エラーを繰り返しているという。コンマスの矢部氏もTwitterで触れていたが、巨匠と呼ばれる年齢でも決してルーティンに陥らないインバルには恐れ入るばかりである。

インバル/都響「第9」1日目
インバル/都響「第9」3日目(最終日)