2015/12/28
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第九特別演奏会
@東京文化会館

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

ソプラノ:横山恵子

メゾ・ソプラノ:池田香織
テノール:望月哲也
バリトン:小森輝彦
合唱:東京シティ・フィル・コーア(合唱指揮:藤丸崇浩)
管弦楽:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
コンサートマスター:戸澤哲夫
指揮:飯守泰次郎

今年最後の「第9」は、昨年に続きシティ・フィルの「第9」。指揮はやはり昨年と同じく飯守カペルマイスター。
昨年はやや引いた席で聴いたが、今回は逆に1階10列とオーケストラがちょうど視界に収まるあたりの席で聴いた。席の違いを考慮して考えると、ほぼ同じような印象を受けた。 

テンポの伸縮、強烈なアゴーギクはいわゆる「飯守節」。愚直なまでに自らの路線を貫くマエストロは健在だが、傍目から見る限りその棒は曖昧さを増してきたように思える。彼の意図を十全に把握し、音化できるのは流石シティ・フィルといったところだろう。他のオーケストラと飯守氏の共演もよいのだが、未だにこの楽団が彼のファミリーのように思える。
第1楽章結尾近くのティンパニの乾いた強打、それに応じて波状攻撃を繰り出すオーケストラはすさまじく、飯守さんの渾身の指揮もあって壮絶なカタストロフィを作り出していた。先述した「飯守節」は節度あるもので、楽曲の骨格は尊重した上で弦楽器を中心に濃密な揺らしをかける。飯守さんが保ち続けるこのバランス感覚は重要で、
コテコテの演歌調で楽曲を塗りつぶしてしまう某有名指揮者―誰とは言わないが―とは一線を画している。最後のプレスティッシモはリミッターを解除して、全軍決死の突撃といった様相だ。 
シティ・フィルは戸澤コンマスによる指揮の補完もあって重量感ある演奏を聴かせた。
ホルンやトランペット群は時折お粗末な音で、更なる安定と音色感の充実は急務といえる。藤丸さんが指導するシティ・フィル・コーアはアマチュアながら大健闘で、時折同声部内での乖離(エキストラの存在ゆえ?)も聴かれたがオーケストラと十分に渡り合った。先日の神奈川フィル合唱団とは大違いだ。
ソリスト陣は悪くなかったが、バリトンの小森さんに神奈川フィルから引き続いての強い違和感。第一声の音程がどうしても気になるのだが、確信犯的なものだろうか? テノール望月さんは典型的なヘルデンの歌唱(あまり強靭ではないが)で、ドイツ語の語感への凝りが素晴らしい。「第9」では陰に隠れがちなメゾだが、池田さんは今回もっとも見事で、その風格は4重唱の中でも一際輝いていた。ソプラノの横山さんは高音部の鋭さは気になるものの文句なし。

全体的に、飯守ファミリーによる飯守劇場という感。疾風怒濤の演奏が続いた今年の「第9」だったが、最後にオーソドックスな演奏で締めくくることができた。