2016/1/15
新日本フィルハーモニー交響楽団 第551回定期演奏会
@すみだトリフォニーホール

ブリテン:戦争レクイエム

ソプラノ:アルビナ・シャギムラトヴァ
テノール:イアン・ボストリッジ
バリトン:アウドゥン・イヴェルセン
合唱:栗友会合唱団(合唱指揮:栗山文昭)
児童合唱:東京少年少女合唱隊(合唱指揮:長谷川久恵)
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:西江辰郎(大オケ)、崔文洙(室内オケ)
指揮:ダニエル・ハーディング

ハーディングの"Music Partner of NJP"としての任期もいよいよ終わりが近づいてきた。1月の登場はブリテン「戦争レクイエム」のみだが、それで充分と思わせられる圧巻の演奏。早くも今年のベスト候補に躍り出た。

力が抜けきった指揮から豊かな流れを導くハーディングは流石で、「イギリス人としてこの曲を振る」ことに対する特別な思い入れも感じられた。激昂する箇所、沈黙に語らせる恐怖、すべてがかくあるべきという確信に満ちている。声楽陣では、なんといっても英霊が憑依したようなボストリッジの語りが凄すぎる。詩の一句一句を抉り出して意味を与え、母音・子音、音価の調整など全てが自在だ。細い体躯から信じられないほどの声量だが、朗々と拡がるというよりは縦に鋭く伸びゆく独特の発声で唸らせる。シャギムラトヴァ、イヴェルセンも素晴らしかったが、キャスティングとして「露・英・独」であればブリテンの構想と同じで完璧だったのだが。また、ボストリッジがあまりに雄弁だったのでイヴェルセンが若干割を食った感がないでもない。(これは大変高次元な話だが)
理想的なバランスのSTB独唱と並び、ラテン語の栗友会合唱団にも大拍手を贈りたい。"Requiem eternam"の終結部、全曲の締めくくりでの最弱音でもブレない和音は見事だったし、"Dies Irae"でのリスクテイキングな劇的表現には舌を巻いた。男声独唱が歌うのは目を覆いたくなるような悲惨な情景だが、それだけに終局に訪れる切実な祈りでは全てが渾然一体となり胸を打つ。
オーケストラもこの楽団のベストに近いパフォーマンス。先鋭・即興的な表現を求めたいチェンバー・オケにはより自発的な表現が欲しかったが、西江コンマス率いる大オケの水準は非常に高い。特に弦のシリアスな表現は理想的で、金管も総じて安定。"Dies Irae"冒頭のホルンを客演トップが外したのはご愛嬌か。

あらゆるレクイエムの中で最愛の作品が「戦争レクイエム」なので、望みうるベストの布陣を揃えて核心に迫った演奏者には大感謝である。2009年の小澤/SKO以来の実演だったが、深い祈りとアイロニーの絶妙なバランスなど、総じて今夜に軍配を上げたい。演奏後の静謐な長い長い沈黙と共に、深く胸に刻まれた公演となった。