2016/1/27
新日本フィルハーモニー交響楽団 第553回定期演奏会
@サントリーホール

モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
マーラー:交響曲第5番

管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:西江辰郎
指揮:トーマス・ダウスゴー 

新日本フィル、1月最後の定期はダウスゴーの独墺プログラム。彼はスウェーデン室内管弦楽団と果汁絞りたてのようなシューベルト、シューマンの作品集を出しているが(ベートーヴェンもあったはずだ)、日本で披露するのは今回が初ではなかろうか。

前半のモーツァルト「ハフナー交響曲」、コントラバス下手(しもて)、軽い打音のバロックティンパニ、ヴァイオリンの対向配置などは近年の標準装備として、その上で楽員の自主性を引き出す指揮が絶妙でアイディアに富む。高弦は羽毛のように軽やか、木管がその上に愉悦を奏でる。モーツァルト260回目の誕生日に響いた極上の演奏だった。

後半マーラー「交響曲第5番」、前半から推するにきっと良いだろうと思っていたが、期待を遥かに超えてきた。個人的には、ここ数年の在京オケ演奏としてはベストに入る超名演だった。冒頭のトランペットから決まったし、吉永さんのホルンが不調を脱した?と思わせる絶好調で、難所の第3楽章も朗々たる吹奏で魅了。とてもハーディングのブルックナー7番で吹いていたのと同じ方とは思えないのだが・・・。ホルン・セクション全体も攻め気味で素晴らしい。指揮者として扱いの難しい第2楽章・第3楽章のテクスチャの見通しもよく、14型オケはかなり鳴らしても鈍重にならず活き活きと闊達だ。それにしても第2楽章結尾のティンパニの強打には驚いたが。
ダウスゴーは固定的な解釈をオーケストラに叩き込むというより、大きな体躯を活かしたバネのある指揮により即興的に表情を作っていくという感じ。だが、一瞬たりとも無作為に鳴る瞬間はない。なにより素晴らしく、また快かったのが、新日本フィルが実にポジティヴにダウスゴーに応じていること。ステージ全体が試行錯誤の気概に満ちていたのは本当に好かった。

上岡さんも楽しみだが、ここまでオーケストラを奮い立たせ、自信を与えてくれる指揮者も稀有だろう。若干アンサンブルがラフになるのは要改善として、何としても新日本フィルとダウスゴーの縁は繋いで欲しいものだ。