2016/1/30
東京都交響楽団 都響スペシャル
@東京芸術劇場

ベートーヴェン:序曲「コリオラン」
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番
~ソリスト・アンコール~
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第6番より 第3楽章

ベートーヴェン:交響曲第7番

ピアノ:イノン・バルナタン
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:矢部達哉
指揮:アラン・ギルバート

定期では"Journey"をテーマとした名プログラムだったが、こちらのスペシャルでは対照的にごくシンプルなベートーヴェン・プログラム。(こういう王道こそ難しいのだが・・・)

オケにほど近い席で聴く「コリオラン」序曲冒頭から分厚い響き(オケは14型)だが、音楽の移行において鋭敏な感覚が楽員と指揮者の間で共有されている。ある時は豪快に飛び掛るよう、ある時は自発的な合奏を仕向けるような指揮に対し、きちんとオケの側から返球があるのだ。弦5部が互いに呼応してフレージングを作っていく姿勢は、この日最後まで見事に保たれていた。

ピアノ協奏曲第3番でソロを弾いたバルナタンは2016/17シーズン、ニューヨーク・フィルのArtist-in-associationを務める。彼とアランの呼吸はぴったりだ。王道を往きながら陰影の濃いピアノにアランは繊細に追随、フレーズの受け渡しも実に雄弁かつユーモアがある。協奏曲でもアランの音楽への姿勢は同じで、全ての要素が即興性も含め楽しげに絡み合っていく。オケは序曲に引き続きハ短調の劇性を聴かせ、きわめて荘厳な響きを表出。バルナタンのアンコールも素晴らしかったし、骨太な協奏曲を聴けて大変に満足した。

後半のベートーヴェン7番、これは都響史に残るのではないかという凄絶な名演となった。第一音からオケの気合がまるで先日の定期とは違うし、音楽そのものも驚きの連続。ピリオド楽器を使うでも、両翼配置をとるでもない、きわめて一般的なモダンオケによるベートーヴェンなのだが、これほどまで掘り下げる可能性がまだ残っていたとは―高性能オケの限界に挑むような気迫にはこちらがたじろいでしまう。聴き慣れたはずのフレーズが全て斬新に聴こえ、即興的なテンポ変化にオケが食らいつく。第2楽章もどっしりとした低弦を主体に、息の長い歌が紡がれた。そして終楽章ではリミッター解除。コントラバスのペザンテ以降、弦4部が競うように奏して駆け上がるクライマックスではアランが阿修羅のごとく各セクションに振り分け、最後の一音ではティンパニが皮を破る猛打!あまりの充実に言葉もない。余程満足したのか、アランも終演後は涙ぐんでいた。

定期では繊細な作り込みの反面で推進力の減退が惜しく感じられたが、今日のベートーヴェンは何たる素晴らしさだろう・・・初共演の興奮に勝るとも劣らない。合奏優先の都響がその仮面をかなぐり捨て、鬼気迫る音楽への献身を聴かせた。邪推ではあるが、スペシャルはリハーサルが必ずしも潤沢に取れなかったのではないか?それ故、かえって本番ではピンと張り詰めた集中が生まれて歴史的快演となったのでは。音楽は分からない。
アラン・ギルバートがニューヨーク・フィルの音楽監督だから凄いのではない、アラン・ギルバートという指揮者そのものが超一流の音楽性の持ち主なのだ。今すぐとは言わないが、次期音楽監督に希望したい!