2016/3/5
東京都交響楽団 「作曲家の肖像」シリーズ Vol.106 《日本》(最終回)
@東京芸術劇場 コンサートホール

武満徹:冬(1971)
柴田南雄:遊楽(1977)

池辺晋一郎:交響曲第9番 ソプラノ、バリトンとオーケストラのために(2013)

ソプラノ:幸田浩子
バリトン:宮本益光
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:山本友重
指揮:大野和士 

開演前のプレトークは池辺さん&大野さんの対談形式。都響に柴田南雄さんのご子息が在籍している(Cbの柴田乙雄さん)ことを引き合いに出し「息子さんだけど『おとおさん』」という池辺さん得意のギャグも炸裂(笑)大野さんは若い頃に池辺さんの第5交響曲を都響で振ったそうな。

肖像シリーズを締め括る邦人作曲家選、前半はいずれも作品の良さを率直に感じられる好演。武満徹「冬」は弱音の持続が凍てつく緊張を醸し、特殊奏法が色彩を内向的に演出する。曲の最後に響くのはティンパニの上に乗せられた仏具のりん(下記写真参照)で、オーケストラが消え去った後も毒と浮くの余韻を残す。
41ksBWqOzeL
柴田南雄「遊楽」(今年生誕100周年・没後20周年という記念イヤーである)は御囃子や山車といった民俗色がセンスよく並べられ、カデンツァでは各楽器が東北の祭囃子による旋律を独立に奏し、管・打楽器セクションでは声による合いの手も入る。対向配置のヴァイオリン群は第1・第2ともに席を立ちステージ上を歩き回りながら弾き、やがてまた自席に戻っていく。(ここで一番最後に席に着いたのは山本コンマスだった)。コーダはE-durとなり、祭りの賑やかさは静まって日常へ還っていく。

池辺晋一郎の第9交響曲は例によって至極明快、大規模な管弦楽付き歌曲集として味わった(プログラム冊子にもマーラー『大地の歌』、ショスタコーヴィチ『死者の歌』との関連が作曲者により示されていた)。初演時のソリストは流石に気迫十分、朗唱と繊細な語りの中庸を往く表現。長田弘の優美な詩に付けられる音楽は密やかだが、時折3.11を連想させる強奏もある。14型のオケは機敏かつ艶やかで、終始芳醇に響く。 

前半2曲は普遍的価値を持つ日本管弦楽の名作だと感じたが、果たして後半の池辺作品はどうだろう?二篇の詩が同時に読まれ、更に管弦楽と絡んでいく箇所などはリブレットを読まなければ到底追えなかったし、他の箇所も日本語として率直に味わうには厳しい。オーケストレーションも分かり易いが発見のないもので、繰り返し聴こうとは思わない。そして何より言いたいのは、このプログラムを音楽監督の大野さんが振る必然性はあったのだろうか?彼の本領であるシリアスなメッセージ性は、最後まで遂に感じることが出来なかった。