2016/4/9
サー・ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団
@東京オペラシティ・コンサートホール

プロコフィエフ:交響曲第1番「古典」
ヴォーン・ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲

ベートーヴェン:交響曲第7番
〜アンコール〜
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
アイルランド民謡(グレインジャー編曲):ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)

管弦楽:アカデミー室内管弦楽団(アカデミー・オブ・セントマーティン・イン・ザ・フィールズ)
指揮:サー・ネヴィル・マリナー

マリナー/アカデミー室内管といえば、イ・ムジチの「四季」(こちらは惨憺たる現状だけれども)並みにクラシックファンにとっては郷愁を呼び起こす組み合わせではないか。自分の世代ではその感慨はないが、知識としてそういったイメージは持っている。だが、まさか2016年になってこのコンビを生で聴くことになるとは思ってもいなかった。マリナーはN響客演時に素晴らしいブラームスを振ったけれども、古巣のアカデミーと今どういう音楽を聴かせてくれるのか、とても楽しみだった。

結果から言うと、期待通り・予想通りの音楽が出てきた。マリナーは元から「他と違うことをしよう」という指揮者では全くないし、その意味では刺激的ではないのかもしれない。だが、時代の変化とは無縁(とは言い過ぎか)に淡々と紡いできた彼の音楽の豊かさを味わうこと—この安心感と揺るぎなさもまた、格別なのである。

前述したN響客演でも諸賢ご存知の通り、マリナー卿は驚異的なまでに元気だ。今月15日には92歳になるそうだから、あのスクロヴァチェフスキの1歳年下なのだが、足腰は彼とは比較にならないほど矍鑠としており、指揮も職業指揮者として立派な仕事ぶりとしか言いようがない。そして音楽の若々しさも相変わらずだ。プロコフィエフ「古典」冒頭の一音から溌剌なサウンドが飛び出し、かつ音楽の均衡は常に保たれる。8型2管編成と小ぶりなオーケストラゆえに弦楽器のニュアンスは細かく聴き取れ、かつ精密に合わせるというよりは和やかな合奏といった風合いだ。マリナーの解釈には鮮烈さはないが、作曲家特有の諧謔を英国風の上質なユーモアに変換してくれた。なんと温かいプロコフィエフであろうか。
ヴォーン・ウィリアムズのタリス幻想曲、この曲を彼らで聴けるのは本当に嬉しい。チェロを外側に出した通常編成のオーケストラは穏やかで滋味豊か、2群に分かれたオーケストラの対比はそれほど目立たず、マリナーの方向性もあって全体が融けあった金色の光を放つ。時折訪れる各セクショントップ奏者のソロがまた巧く、エッジが適度に立った音色が心を打つ。

後半のベートーヴェン第7番も、演奏ではなく楽曲の見事な構築を強く印象付けるアポロ的名演。こういった何も足さず何も引かないベートーヴェン演奏は久々に聴いたような気がする。音楽評論家の福島章恭氏は「マリナーの師モントゥーを受け継ぐ」とされているが、胸のモヤモヤがすっかり晴れた思い。この日聴いた実直極まりないベートーヴェンに最も近いのは確かにモントゥーの至芸である。弦は前半に増してニュアンスの豊かさと適度な太さを有し、「まさに英国オケ」といった感じの直裁な音色の管楽器も弦の音色と調和している。細部にあれこれ触れるのが無意味に思われるような、全面的に信頼の置けるお家芸に酔ったベートーヴェンだった。マリナーの指揮はオケを煽ることはしないが、前半に引き続き楽章間もあまり取らずキビキビと音楽を進めていき、最後には幸せな聴後感で胸をいっぱいにしてくれる。

アンコールの「フィガロの結婚」序曲は映画「アマデウス」の音楽を担当したマリナーの名刺代わり、細かいパッセージでのオケの魅力も全開だ。(チェロの女性奏者のエンドピンが途中ズレてしまったが、何のことはなく演奏に戻っていた)最後はマリナー卿が「もいっちょやろうぜ!」と言わんばかりのジェスチャーで再び指揮台へ、ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)でお開き。どこも過剰でないのに途方もない万感が込められた演奏で、マリナー卿×アカデミー室内管に心から感謝を述べたくなった。またN響客演時に元気な姿を見せて、振り終えた後の小さなガッツポーズで我々を和ませて欲しい。