2016/4/17
東京・春・音楽祭―東京オペラの森2016
東京春祭 合唱の芸術シリーズ vol.3 デュリュフレ《レクイエム》
~奇蹟の美と荘厳なる調べを併せ持つ 20世紀最高峰の宗教音楽

ヴォーン・ウィリアムズ:タリスの主題による幻想曲
ヴォーン・ウィリアムズ:5つの神秘的な歌

デュリュフレ: レクイエム

メゾ・ソプラノ:ロクサーナ・コンスタンティネスク
バリトン:クリストファー・マルトマン
オルガン:長井浩美
合唱:東京オペラシンガーズ
合唱指揮:マティアス・ブラウアー、宮松重紀
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:四方恭子
指揮:レオ・フセイン
 
東京・春・音楽祭のフィナーレ公演の「合唱の芸術シリーズ」で、都響とオペラシンガーズがレギュラー化している演奏会である。

ヴォーン・ウィリアムズの名作「タリスの主題による幻想曲」は14型のオーケストラ、舞台後方に1プルトずつの弦楽合奏(コントラバスは1人)が配置され、作中ではオーケストラのトップ奏者による弦楽四重奏も盛り込まれている。先週マリナー/アカデミー室内管で聴いたばかりの曲だが、人数が少ないにも関わらず黄昏の美しさをホールいっぱいに広げたマリナーに対して、都響とレオ・フセインの響きはかなり剛毅でメタリックだ。それはまた違った味わいを生むことになり、密度が高い弦が色濃く描き出すタリスの主題も十分「アリ」だと思えた。
続く「5つの神秘的な歌」はバリトン独唱と混声合唱、オーケストラのための作品で、17世紀イギリスの詩人ジョージ・ハーバードの抒情的な詩に歌を付けたもの。第5曲「アンティフォン」は合唱により歌われ、かなり劇的な世界が展開されるが、それまでは起伏はありつつも柔らかな音楽が美しい。 バリトンのマルトマンは既に国際的にエスタブリッシュした歌い手のようだが、固めの発声ながら文化会館に響くのは柔らかくハリのある音で、音韻の美しさなども含めて酔わせてくれた。オペラシンガーズも"th"など英語がよく聴こえてくる歌で、先日の某合唱団に比べてはるかに良かった。意味はともかくとして、テクストを見ずとも単語が識別できなければならない。

後半「レクイエム」のデュリュフレは、前半でヴォーン・ウィリアムズが題材としたタリスと同じくオルガン奏者兼作曲家として高名な人物だ。オーストリアのブルックナーなどの例もあるが、フランスにおけるオルガニスト兼作曲家の系譜として、クープラン、ヴィエルヌ、ラモー、サン=サーンス、フォーレらを継ぐ人物であるらしい。このレクイエムは殆どの主題がグレゴリオ聖歌そのままの形で用いられるそうで、確かに聴感上は長調とも短調ともつかぬ物憂げな旋律が多くある。それでは地味な曲なのかと言うとそうではなく、むしろ"Offertorium"や"Sanctus"では金管や打楽器(シンバルも!)を総動員しての頂点が築かれる。つまり、フランスの近現代管弦楽法を用いて10世紀近くの単旋律を扱っているわけで、そこに生じたギャップがこの作品の不思議な魅力を生んでいるのであろうか。ちなみに、フォーレと同じく"Dies iræ"は殆ど省略されている。
初めて実演で聴く曲だけに演奏の評価は難しいが、前述した"Sanctus"などでフルに鳴らすオーケストラにもオペラシンガーズはまったく負けず、骨太な歌唱を常に聴かせていた。 わずかに登場するソロを歌ったコンスタンティネスク、マルトマンも良い。 レオ・フセインはこの曲の独唱を遠い昔に歌ったことがあるそうだが、合唱への指示が実に細やかで、歌心ある指揮でオペラシンガーズを率いた。オーケストラの方は自律的にアンサンブルを構築していた。ともあれ、貴重な実演に感謝である。