2016/4/22
日本フィルハーモニー交響楽団 第679回東京定期演奏会
@サントリーホール 大ホール

ブリテン:ヴァイオリン協奏曲
~ソリスト・アンコール~
スペイン内戦時の軍歌:アヴィレスへの道

ホルスト:組曲「惑星」

ヴァイオリン:庄司紗矢香
女声合唱:東京音楽大学
管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:千葉清加
指揮:ピエタリ・インキネン

 
いきなりインキネンのアフタートークからの引用で恐縮だが、この演奏会はインキネン/日フィルにとって「最初で最後の」プログラムだった。「最初」は、英国モノを初めて日フィルと演奏することと、同じザハール・ブロン門下の庄司紗矢香さんと東京で初めて共演すること。「最後」は、これがインキネンにとって首席客演指揮者として日フィルを振る最後の演奏会になることだ。インキネンは9月から首席指揮者として日フィルの顔になり、ますます関係を深めていくことだろう。プログラムを見ると、ヴァーグナー・ブラームス・ブルックナーと重厚なドイツ音楽が並ぶ。日フィルのサウンドもより味濃く変わるのかもしれない。

ブリテン「ヴァイオリン協奏曲」は庄司紗矢香をソロに迎えての演奏。以前イザベル・ファウストのソロ、アルミンク指揮新日フィルによる見事な演奏を聴いて以来の実演であるが、やはり素晴らしい曲だ。冒頭のティンパニとシンバルのさざめくような導入に始まり、南国風にヴァイオリンが入ってくる。第1楽章後半ではソロとトゥッティの役割が交代し、先ほどまでソロが伸ばしていた旋律をオーケストラが歌い、ソロは冒頭のティンパニのリズムをピッツィカートを交えて和音で執拗に語る。第2楽章の闘争的な音楽、切れ目無く入る第3楽章では冒頭からトロンボーン・ソロにより音楽に暗雲が立ち込める。半音階的だったソロは、全音階の明るさを帯びながら静謐な終結へと向かっていく。オーケストラは冒頭のトロンボーンによる主題を大規模に変奏しながらソロを支えていく。ソロと同じく全音階的なのだが、打楽器や金管の強奏をも交えたその音楽はやや威圧的で、作り笑いを見ているようなぎこちなさすら覚える。
庄司紗矢香は珍しく譜面を置いての演奏だったが、この名曲を確かな音程と鋭い音楽性で見事に演奏し、特に刺々しいピッツィカートは音楽的かつ痛ましい衝撃を生んだ。インキネンは流石にヴァイオリニストならではの細やかさを見せ、ふくよかな弦楽で彼女を包み込んでいた。アンコールで庄司が奏したのは「スペイン内戦時の軍歌」だが、これは実に巧妙な選曲であろう。スペイン内戦が終わったのは1939年3月、そしてブリテンが協奏曲を書き上げたのはその年の夏だ。しかも、初演はスペイン人ヴァイオリニストによる。第1楽章の旋律から連想して、スペインに思いを馳せながら聴いた。

後半のホルスト「惑星」、これはインキネン/日フィルの信頼関係がよく現れた演奏となった。
今回のコンサートマスターは千葉清加だが、インキネンとよく目配せをしており、オーケストラ全体に目が行き届いていた。2009年以来の関係である指揮者とオーケストラには既に下地十分、管弦楽の魅力を全開にする「惑星」だが決して音量だけでなく実のある音楽にしていた。冒頭の「火星」ではやや管・打楽器の猛打が弦楽器をマスクしてしまったが、音楽の骨太さは十分。弦楽器は続く「金星」で、インキネン印とも言える繊細きわまる美しさを聴かせた。曲が進むにつれて弦楽器の表現意欲は高められ、管弦楽が跋扈するような「天王星」では複雑なリズムを見事にクリアしていた。ホールを震わせたオルガニストはどなただったのだろう?
インキネンの指揮はこれまで同様誠実で、音楽の自然なふくらみやフレーズの着地点を優美に示していく。セクション全体を包み込むような指揮には信頼感が持てる。「木星」のあの有名な旋律もためらうことなくロマンティックに演奏され、ああこんなに良い曲だったかと今更ながら再認識したほどだ。同一楽器によるハーモニーの重なり、神秘的な和声が印象的な「海王星」もバランスよく、終結部の女声合唱はサントリーホールP席両側の扉を開放して歌われ、繰り返して減衰していくにつれて扉が閉められた。実演だと、完全な無音までかなり長く歌われているのが分かる。自分は舞台横上手側の席だったが、正面ブロックで聴いた方は舞台に神秘のヴェールが架かるような感覚を覚えたのではないだろうか。
余談だが、この『海王星』は何度聴いても『スター・ウォーズ エピソードIII』のダース・ヴェイダー誕生における音楽(コメントにて、"Birth of the Twins"とのご指摘を頂きました。パドメ姫の死と双子の誕生、サイボーグと化したヴェイダーの転生が同時進行するシーンの音楽です)にそっくりだ。無論作曲順は逆だが・・・。

ホルン1番にの有馬さん、ティンパニ2番にN響の石川さんなど充実の助っ人を迎えたとはいえ、今の日フィルの好調を示す重量級プログラムだった。アフタートークでも語られたが、次の9月の来日はいよいよインキネンの就任披露。得意のヴァーグナーが待ち遠しい。