2016/5/25
東京オペラシティ 〈コンポージアム2016〉
一柳 慧の音楽
@東京オペラシティ・コンサートホール

一柳慧:ビトゥイーン・スペース・アンド・タイム(2001)
一柳慧:ピアノ協奏曲第6番「禅 ─ ZEN」(2016、世界初演)

一柳慧:交響曲「ベルリン連詩」(1988)

ピアノ:一柳慧
ソプラノ:天羽明惠
バリトン:松平敬
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:山本友重
指揮:秋山和慶

今年の武満徹作曲賞の審査員を務める一柳慧氏の「個展」演奏会。ベルリン連詩に興味があったので行ってみた。結果的には、一人の手によるとは思えぬ全く異なる3作品に脳が困惑した。耳からは音符がはみ出しそうなほど。

冒頭の"Between Space and Time"は各パート1人の室内編成、2音を基本とするモチーフを中心に無作為に音楽が拡がる。以前ノット/東響で聴いたフェルドマン作品に同じような雰囲気の作品があったが、あちらは音楽が時間軸の制約から解放されるのに加え、蒼く冷やかな色合いを感じた。が、一柳作品は無味無臭だ。

続いては世界初演のPf協奏曲第6番、なんと御年83歳の作曲家自らによる独奏である。作品は6つのセクションに分けられ、一部図形楽譜を用いた構成になっているとのこと。演奏順序は冒頭以外選べるそうだ。ピアノの内部奏法が多く用いられ、ミュージックソーのような音も聴こえてくる。打鍵の箇所は熾烈なカデンツァの様相、一柳氏の独奏は恐ろしいほど若い。

休憩を挟んでの「ベルリン連詩」。歌曲然とした交響曲とは全く異なり、4人の詩(大岡信/カリン・キヴス/川崎洋/グントラム・フェスパー)が時にオケから孤立、織り混ぜられ器楽的に進んでいく。大岡信氏の主宰による国際的な連詩の試みに触発されて作曲されたのとことだが、音楽の構成もそれに準ずる形だろうか。最初は一連ごとに音楽も区分されて演奏されるが、次第にソプラノとテノール(今回はバリトン)の歌唱は融合していく。松平敬さんの音高自在な歌唱が圧倒的、初演はテノールが担ったパートだが素晴らしく表現していた。

一柳作品の試みの意義は頭では理解できたが、生理的にはかなり苦痛を伴う時間だったというのが正直なところ。昨年の都響定期で初演された第9交響曲「ディアスポラ」は伊福部音楽さえ思わせる伝統的な内容だったが、あれは一種の伝統回帰だったのだろうか。それとも、もとより一柳氏が有している豊富なパレットの一部が、偶然世の中の必然に応じて引き出されたのか―それにしても、何と変幻自在な作風だろうか。 秋山さんと都響は実に明晰きわまる演奏をした。