2016/5/27
新日本フィルハーモニー交響楽団 第559回定期演奏会
@すみだトリフォニーホール 大ホール

三善晃:管弦楽のための協奏曲
矢代秋雄:ピアノ協奏曲
~ソリスト・アンコール~
J.S. バッハ(ブゾーニ編曲):われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ BWV639

黛敏郎:涅槃交響曲

ピアノ:トーマス・ヘル
男声合唱:東京藝術大学合唱団
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:豊嶋泰嗣
指揮:下野竜也

素晴らしいプログラム。20世紀日本の西洋音楽界(これ自体、ある種の矛盾を孕んだ言い回しだが)に燦然と輝く巨匠達の傑作を並べている。3作いずれも重量級で、オーケストラのリハーサルはさぞかし困難を極めたことだろう。しかしながら、21世紀の今、これらの作品を「古典」として弾き継ぎ、聴き継ぐことには大きな意味があろう。プログラムノートにもあったが、三善・矢代・黛はみな1950年代パリ音楽院に学び、三者三様の個性を持った作曲家として世に出た。前半の二者がヨーロッパ―それもやはりフランス音楽―の薫りを伝える一方、黛のアプローチは異様な雰囲気を持つ。彼は「西洋に学ぶものなし」として1年で留学を打ち切ったそうである。

三善晃「管弦楽のための協奏曲」は3楽章構成ながらわずか10分の曲であるが、演奏会の開始としては至極強烈な印象を与える。いわゆる「オケコン」の形態をとる作品は数あれど、オーケストラの妙技を愉しく味わえるものが多い。統一感の強さゆえに、交響曲と変わらぬ聴後感をもたらすものもある。その点で、三善晃は全く違う。さまざまな要素を内包するオーケストラという装置を、めまぐるしく視点を変えて観察するような強烈さだ。例えるならば、同じ角度で同居するはずのない表情が一面に立ち現れたキュビズム絵画を目にした際の困惑・衝撃に近いだろうか。1楽章からソロとトゥッティの洗練を極めた対比、鮮烈なリズム処理に度肝を抜かれる。第2楽章はLentoで静謐だが、あくまで音量的な差異だ。第3楽章Prestissimoはまさに三善晃の精緻な設計図が全開となり、響きとしてはすさまじい情報量だが氾濫という印象は与えない。あくまで洗練された音楽なのだ。

対する矢代秋雄「ピアノ協奏曲」はより構造を把握しやすい。冒頭で12音がいきなり用いられることは驚きだが、あくまで旋律は美しく聴き易い。フルートが奏でる第2主題では、ピアノが分散和音で不気味な和音を弾いて寄り添う。細部は異なるが、あの「緊急地震速報」(伊福部昭の甥・伊福部達が作成)にそっくりだ。トーマス・ヘルのソロはタッチが硬質で粒立ちよく、それでいて音楽の運びは柔軟だ。オケの響きはフランス風味と作曲家独特の研磨が両立され、なんともいえぬ魅力を持つ。バルトークの機械的なリズムやメシアンの恍惚を吸収しつつ、矢代秋雄特有のものと判断できるその音楽は今なお新鮮で、古典的均整も保つ。名作に違いない。
アンコールでトーマス・ヘルが弾いたのはブゾーニ編曲のバッハ。彼のソロを聴いて、6月のリゲティ「エチュード」全曲プログラムに行けないことを悔んだ。素晴らしい演奏だったようだ。

後半は黛敏郎の「涅槃交響曲」。前半の二者との鮮やかな対比は既に述べたところだが、実演で聴くとその異様さはいよいよ際立つ。読経を録音やヴィデオで体験してもあまり意味がないように、この音楽こそはナマで聴かねばなるまい。梵語の合唱は声楽・オケ共に同声部内では同音反復が多い。ある種ミニマル的な昂りも有しているということか。細部の絶妙なズレが蓄積され、やがて涅槃の境地に至るのだ。音量的な昂揚とは裏腹に、沈黙の度合いも強めていくような―いずれにせよ、一般的な西洋音楽とは違った聴後感であることは間違いない。一階後方に置かれた2群のバンダの響きも併せ、ホールがぐるぐると渦を描きながら上昇していくような浮遊感を得た。(なお、このバンダの位置には苦しいものもあっただろう。幸い今回は1階席中央の座席だったため良好なバランスで聴取できたが、2階席ではバンダばかり聴こえたそうだ。トリフォニーホールの空間がそもそも、バンダの配置に難がある)
演奏について言及するというよりも、まずこの曲に(比較的)若い演奏者陣が向き合い、誠実に表現したということを讃えたい。まずは最高度の明晰さを誇る下野さんのタクトが圧倒的に素晴らしい。僅かなズレも瞬時に修正する能力は現代でも屈指ではないか。新日本フィル、東京藝大の男声合唱も見事だったが、初演と同時期の録音が持っている「自分達の音楽なのか、それとも西洋音楽なのか」という困惑のような表情はさすがに皆無。初演からほぼ60年が経過し、良くも悪くも―いや、この曲ではマイナス面が多いか―西洋の「交響曲」的なアプローチが成されていた。それは声楽の基本姿勢からしてそうだ。ソリストの発声は大変「音楽的」であった。

この日のロビー・コンサートはライヒ「木片のための音楽」。徹頭徹尾20世紀の作品で固めた演奏会であったが、聴衆は思いのほか好意的な反応で演奏者を讃えていたように思う。このような硬派なプログラムを新日本フィルはもっと定期に入れて欲しい。単に邦人作曲家や現代作曲家を入れればいいというのではなく、「日本でクラシック音楽を演奏すること」の突き詰めた意義や将来性にも目を向けて欲しいと、切に願うのである。