2016/5/29
東京ユヴェントス・フィルハーモニー 第12回定期演奏会
@ティアラこうとう 大ホール

ベルリオーズ:交響曲「イタリアのハロルド」
~ソリスト・アンコール~
ベルリオーズ:歌曲集「夏の夜」より ヴィラネル

チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
~アンコール~
チャイコフスキー:組曲第4番「モーツァルティアーナ」より 第3曲
チャイコフスキー:劇付随音楽「雪娘」より 道化師の踊り

ヴィオラ:安達真理
管弦楽:東京ユヴェントス・フィルハーモニー
指揮:坂入健司郎

年始にブルックナー8番の弩級名演を聴かせてくれた坂入さん×東京ユヴェントス・フィル。先日ラ・フォル・ジュルネでベルリオーズ「イタリアのハロルド」は抜粋を聴くことが出来たが、すでに魅力的な音楽に仕上がっていた。全曲聴くのを楽しみにティアラこうとうへ。

その「イタリアとハロルド」はコントラバスを下手、ヴァイオリンを両翼に振り分けた配置。このコンビのスタンダードだ。冒頭の低弦の滑り出しから好調で、必要以上に華美にならない音楽は山のハロルドという表題にも相応しく奥行きがある。曲は進むにつれ音楽は高揚していき、メランコリーを湛えた安達さんのヴィオラとも柔らかく交わる。楽章結尾の木管の出し入れは実に痛快だ。第2楽章のアルペジオ、ヴィオラは意図的にシニカルな音色を聴かせ、引き出しの豊かさを印象付けた。全曲通してオケとVaソロの有機的な繋がりが雄弁で、多くのトゥッティをソロが一緒に弾いていたのも「交響曲」の性格を示し、説得力がある。終楽章、ヴィオラと弦楽三重奏のバンダは前者がL側、後者がR側の2階バルコニーに配置。空間の天才ベルリオーズの鮮やかな効果は実演でこそ活きる。オーケストラは終楽章終盤の 無段変速機的な表情変化が凄く、坂入さんの指揮は正気の沙汰ではない(褒め言葉!)。
ヴィオラと管弦楽によるアンコール「夏の夜」では一転、落ち着いた艶やかな歌を聴くことができた。ベルリオーズは歌曲以外に独奏曲をほぼ書かなかったゆえに、このようなアプローチによる魅力の再発見は大いにありがたいものだ。しかし「イタリアのハロルド」は凄い作品だ。数年前の先達ベートーヴェンの様式(終楽章での先行楽章回想)、独奏楽器をオケが追いやってしまうという斬新さなど、破天荒で未だに新鮮に響く。それを感じることが出来たのも演奏の良さゆえ!

後半はチャイコフスキー「悲愴」。冒頭は慎重に始まり、やや表情も硬い。管楽器の僅かなミスの連鎖も影響しただろうか?ただ音楽の密度は高い。展開部はやや勢いに任せた感もあったが、怒涛の進撃は鬼気迫る。音楽の歯車が噛み合い出したのは第3楽章、これだけ死の淵へ駆り立てられるような演奏を聴くことになるとは—チャイコフスキーがこの曲の初演まもなくこの世を去ったのは有名だが、その史実が必然に思える狂気の解釈。そこから第4楽章へアタッカで行くのではなく、しっかりとパウゼを置いて演奏したのがまた良い。(坂入さん曰く、前楽章と弦楽器の筋肉の使い方が全く違うので繋げられないとのこと。流石の見識である)そして始まった終楽章は冒頭から浄化されたようなサウンド、丁寧な筆致で静かに曲を閉じた。

これで終わっても良かったとは思うのだが、アンコールにはチャイコフスキーの2曲。モーツァルティアーナの流麗な歌は前後半の文脈を繋ぐようだし、「雪娘」の道化師の踊りは一転して実に華やか。正直に言うとチャイコフスキーの前半楽章の細部をより詰めて欲しかった感はあるが、1つの流れがしっかりと感じられる見事なプログラム、そして演奏。坂入さん×東京ユヴェントス・フィルの進撃は今後も続くだろう。