2016/7/17
ジョナサン・ノット指揮 東京交響楽団
@よこすか芸術劇場

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番
~ソリスト・アンコール~
ショパン:夜想曲第20番「遺作」

ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク版)

ピアノ:金子三勇士
管弦楽:東京交響楽団
コンサートマスター:林悠介(ハノーファー北ドイツ放送フィル)
指揮:ジョナサン・ノット
 
前日のサントリー定期で神憑り的なブルックナーの名演を達成したノット×東響。いまや首都圏において一回の演奏会を聴き逃すのも惜しいこのコンビが、横須賀の劇場でもブルックナーを演奏するとあらば、行かないわけにはゆくまい。前日の定期同様前プロは無くてよいのだが、まずはホールへ向かう。よこすか芸術劇場は、公演数は多くないものの海外オーケストラの良質な公演を時折提供してくれるので個人的に好印象だ。音響も悪くないどころか、寧ろ都内にあれば足繁く通いたい良ホールだ。

モーツァルトのピアノ協奏曲第20番、まずはオケの極上の伴奏に耳を洗われる心地がした。トランペット、ティンパニはバロック仕様の楽器を使用しており、前プロといえども当然のように気を抜かないコンビの誠実さに好感が持てる。弦楽器の上質な手触りは序奏の段階で明らか、やはり東響のモーツァルトは素晴らしい。比して、金子三勇士の独奏は食い足りないものだった。左手の打鍵は無粋で、ソロ導入部のリズム感も悪くしばしばオケと乖離していた。打鍵はかなり派手なスタイルのようだったが、リストの様式で古典を弾かれても困るのだ。アンコールのショパン「遺作」は良かったが、カーテンコールの早い段階で自らアンコールを弾き出したあたり、一聴衆としてはいささか共感しかねるものがある。

そして、馬蹄形劇場の明晰さと適度な残響感を受けたブルックナー「第8番」―前日に比べ、大きく魅力を増して成熟した。私個人としては、昨日の轟々たる響きを念頭に置いて聴いた故かある程度冷静に聴くことが出来たと思う。第1楽章前半から昨日同様慎重ながらも迷いのない響きが紡がれていくのだが、同楽章頂点においてトランペット・トロンボーン・ホルンをあえて三様に咆哮させ、続くトランペットの死の連呼を導く解釈はノットが意図的に施したものだったように思う。金管群として一定の融和を保っていたこれらのセクションが瓦解していく様子は、第4楽章における音楽的展開と対極に置かれるのではないか。第4楽章コーダ前ではヴァーグナー的な世界が瓦解し、コーダではすべてが再創造され全主題が鳴り響き融和する。融和⇔瓦解というわけだ。また、第2楽章トリオを裏で支えるピッツィカート一つにも情感がこもった。そして特筆すべきは、第3楽章で1stヴァイオリンとチェロが2つの主題を断片的に伸ばしていく箇所だ。ここでの白昼夢の如きチェロの余韻は昨日を上回る絶美のものだった。
ブルックナー「第8番」で横須賀の劇場を埋めることは難しく、空席も少なくはなかったが、おそらくは昨日から引き続きノット×東響の奇蹟を目撃しようと参じた熱心な聴衆が席を埋めた。サントリー定期では残念ながら余韻を味わえなかったが、ここ横須賀では衝撃的な終結音の後に万感の想いが会場を駆け巡った。日本のオーケストラ史に燦然と輝くであろうブルックナー演奏を成し遂げたノット監督に対し、オーケストラ退出後にも2日連続で単独の喝采が送られたことは言うまでもない。