2016/9/18
≪東京二期会オペラ劇場公演≫
リヒャルト・ワーグナー 『トリスタンとイゾルデ』オペラ全3幕
@東京文化会館 大ホール

ヴァーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」(全3幕/ドイツ語上演/字幕付)

演出:ヴィリー・デッカー
トリスタン:
ブライアン・レジスター(テノール)
イゾルデ:
横山恵子(メゾ・ソプラノ)
マルケ王:
清水那由太(バス)
クルヴェナール:
大沼徹(バリトン)
メロート:
今尾滋(テノール)
ブランゲーネ:
加納悦子(メゾ・ソプラノ)
牧童:
大野光彦(テノール)
舵取り:
勝村大城(バリトン)
若い水夫の声:
新海康仁(テノール)
合唱:二期会合唱団
管弦楽:読売日本交響楽団
指揮:ヘスス・ロペス=コボス

二期会初演の「トリスタンとイゾルデ」、池田さん×福井さん組で2回観た(11日17日は3幕のみ)が、横山さん×レシスター組は本日の千秋楽が初めて。初日はレジスターが不調だったそうだが、果たして。
イゾルデは高音強靭、スタイルとして昔の往年のヴァーグナー・ソプラノの影響を受けてらっしゃるように思えるが、ドイツ語があまり明瞭に聴こえてこなかったのは残念。言葉も旋律線もクッキリと浮かび上がる池田さんのイゾルデを聴いた後だと、別の演出のようにすら思われた(第1幕及び第2幕の頭ではプロンプターの声もかなり聞こえた)。トリスタンのレジスターは復調したようで尻上がりに調子を上げた。ただ第1幕は姫共々演技が大きすぎて煩い気がしないでもない。剣がガランゴロンと転がるのは、あそこまで大袈裟にしなくてもよいのではないか。歌のMVPは美声のクルヴェナール大沼さんとマルケ王清水さん。ブランゲーネの加納さんは新国でもその素晴らしさを常々拝見しているが、今回も素晴らしい。この中にあって、かなりお若くみえる王の清水さんは特に凄く、„Weh"が心底から感じられる見事な嘆息。

ロペス=コボス指揮のオケは流麗かつ速いが不足感は感じず、細部の仕上がり含めて冴えていた。終幕のコールアングレは少しお疲れだったか。全体的には雄渾で説得力あるピットで、日橋さん+松坂さんが交代で吹いたホルンの一体感、弦の厚みある響きはこのオケならではだ。今から新国立劇場の「神々の黄昏」が楽しみになる。

ヴィリー・デッカーの演出の意図は、3回観ることでようやく咀嚼できたように思う。海原の青、森林の緑、死と生の対比たる白黒と主張があることは以前にも記したが、中央の小舟が人生の「方舟」として暗喩的に用いられているというのは今回の発見。死への最後の「旅」に出るイゾルデが、事切れたトリスタンに対し、静かにオールを授けるのもそれ故だろう。