2016/10/15
東京交響楽団 第645回定期演奏会
@サントリーホール 大ホール

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
(カデンツァ:ピアノ協奏曲編曲版に基づく)
~ソリスト・アンコール~
ギユマン:無伴奏ヴァイオリンのためのアミューズ Op.18より

ショスタコーヴィチ:交響曲第10番

ヴァイオリン:イザベル・ファウスト
コンサートマスター:グレブ・ニキティン
管弦楽:東京交響楽団
指揮:ジョナサン・ノット
 
先日のオペラシティ公演に続き、東響のヨーロッパ公演プログラム第2弾。現代最高のヴァイオリニストのひとり、イザベル・ファウストを迎えてのベートーヴェン、昨年の「第15番」の響きが未だにこだまするショスタコーヴィチとあらば期待は膨らむというもの。

会場に入ってまず、コントラバスが舞台後方の壁際に一列に並ぶ配置に驚く。ベートーヴェンでは5台、ショスタコーヴィチでは8台の楽器が一本のラインとなり音の土台を形作る様は、視覚のみならず聴覚的にも目覚ましい効果があった。恐らくは公演地のひとつであるウィーン楽友協会での配置を予行したものであろうが、ノット/東響には是非今後もこの配置で色々な曲を奏でて欲しい。(来シーズンのブルックナー『第5番』など効果大ではないか?)
ほぼ12型のオケの中央にイザベル・ファウストが立ち、ベートーヴェンの協奏曲が始まる。バロック・ティンパニ、トランペットはナチュラル仕様という拘りようだ。出てくる音はノットらしい低音の凄みと所々のノン・ヴィブラートの採用が巧みで、これまた昨年のベートーヴェン「第5番」の快演に通ずる絶妙なブレンド感に包まれる。そして何より、東響の木管奏者陣の音色の美しさは筆舌に尽くしがたい。冒頭のティンパニに続くオーボエの導入から思わず天井を見上げて溜息をついたほど。これほど豊かに歌い、ソリストを引き立て、かつ全体の均整が取れた協奏曲演奏を達成できるのは日本ではこの楽団だけであろう。
イザベル・ファウストの独奏は、元々高いこちらの期待を更に上回る神懸り的な洗練度。サントリーホールの2006席の大空間から一桁減らしたような親密さで楽音を奏で、ヴィブラートを極度にコントロールして純度の高い響きを作る。ともすると長く感じてしまう第1楽章がこれほど深淵で多様な音楽に聴こえたのは初めてだし、第2楽章のオケとの対話も絶品だ。ノットの雄渾な音楽とは若干距離があるようにも感じられ、また第3楽章で一瞬無音状態が生じたのにはヒヤリとしたが―これらは公演を重ねていけば解消されるだろう。

ファウストのアンコールも洒脱、この時点で演奏会一つを堪能したような満足度であったが―休憩後はショスタコーヴィチ「交響曲第10番」。これがまた、壮絶という言葉ですら生温い恐るべき演奏であった。革命児そのもののベートーヴェンや雄大なブルックナー、マーラーを振るノットが、これほどに狂気を孕んだショスタコーヴィチを演奏するとは―彼の内面はジキルとハイドなのか。
冒頭は低弦の蠢きに始まり、両翼に振り分けたヴァイオリン群が薄氷の上を歩くように奏で始める。そしてクラリネットなど木管が入ってくるのだが、ノットはこれまでに無いほど繊細な指先の表情でメンバーに音楽を伝達してゆく。指揮棒は常に持っているが拍節を示すことはほぼ無く、上半身全体で身悶えするような動きだ。そして第1ヴァイオリン(特に水谷さん!)がそれによく反応すること。木管陣の絶妙なアンサンブルによる楽章の終結を経て第2楽章。一転、ノットは背筋をピシリと伸ばし劇的なスケルツォを容赦なく叩きつける。ここでのノットの表情はまさしく鬼のよう、度を超したハイテンポに東響の楽人がボロボロと流れから落っこちるのもお構いなしのドSぶりだ。第3楽章は再び1楽章の静謐さが戻るが、DEsCH動機を吹くピッコロを異様に強調(音が明らかに上ずるほど!)させたりと穏やかではない。繰り返し現れるホルン・ソロのエルミーラ動機はやや残念。ただセクションとしての咆哮は実に芯のある音だ。弦のピッツィカートや終結部の皮相な盛り上がりも力があった。楽章間を挟んで―彼らの演奏は聴き手に非常な緊張を強いるので助かる―終楽章へ。オーボエ、フルート、ファゴットら冒頭の木管がまた素晴らしく、アレグロの主部に入るとスケルツォでの鬼のノット再来である。金管の裏打ちが弦のスピードに間に合わず、随所で事故が起こってもやはり表現の鋭さ・先鋭さを優先して激烈な音楽を引き出す。最後にはティンパニがDEsCHを連呼して締め括られるわけだが、この日全体を通して奥田氏のティンパニは実に考え抜かれた打音だった。(なお、氏は今回の定期で引退されるそうだ)

細部の瑕を恐れず、音楽を徹底的に攻め抜いていくノットの勇気と胆力には恐れ入るばかり。翌日の新潟公演ではまた音楽が変わっただろうし、ヨーロッパで披露する際でもその度に違った演奏になるのだろう。ノットの膨大な要求と即興的な変化、それらをかなりの割合で受け返すセクションが多いのが今の東響の凄さ。スター級プレイヤーの名人芸ではなく、オケが一体となって分厚い合奏体となって織り成す音響に痺れた。いまのノット×東響を聴いてヨーロッパの聴衆がどういった評価を下すのか、興味が尽きないところである。