2016/10/28
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 特別演奏会
名曲への招待「コンチェルト&Concerto&Konzert!!!」
@ミューザ川崎シンフォニーホール

ヘンデル:合奏協奏曲Op. 6、No. 7
シェーンベルク:弦楽四重奏と管弦楽のための協奏曲(ヘンデル:合奏協奏曲Op. 6、No. 7より)
~アンコール~ 
シューベルト:弦楽四重奏曲第13番「ロザムンデ」より 第3楽章

バルトーク:管弦楽のための協奏曲 

弦楽四重奏:ウェールズ弦楽四重奏団
第1ヴァイオリン:﨑谷直人
第2ヴァイオリン:三原久遠
ヴィオラ:横溝耕一
チェロ:富岡廉太郎
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
コンサートマスター:石田泰尚
指揮:現田茂夫


「コンチェルト&Concerto&Konzert!!!」というこの演奏会の副題は、ハジけているようで本質を突いたネーミングである。「合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソ)」→ソロ楽器とオーケストラが対する「協奏曲(コンチェルト)」→合奏協奏曲の大オケ(リピエーノ)のみが発展した「管弦楽のための協奏曲(オケコン)」と、"Concerto"という概念を様々に捉えながら、一つの「演奏会」―これもまた"Concert"であり、„Konzert‟である―を形成するプログラム。ヘンデル、シェーンベルク、バルトークと現代に近づくにつれ、作曲家の書法の変化(進化、とは敢えて書かない)も感じることができる。なかなかありそうでなかったプログラムではなかろうか。

ヘンデル「合奏協奏曲」の第7番、全5楽章はラルゴ、アレグロ、ラルゴ・エ・ピアノ、アンダンテ、ホーンパイプ(イギリスの舞曲)による。現田さんの指揮はゆったりとテンポを整えつつほとんどオーケストラに任せるもので、このスタンスはこれ以降の曲でもおおむね変わらない。神奈川フィルは弦のしっとりとした美感がミューザの響きによく融けていた。

2曲目のシェーンベルク「弦楽四重奏と管弦楽のための協奏曲」は、直前に演奏されたヘンデル作品をシェーンベルクならではの筆致で再構築した作品。ブラームスで大胆きわまるオーケストレーションを施した20世紀の巨匠、さすがにヘンデルの音楽でもその手腕を発揮している。楽曲は4楽章制となり交響曲的な要素が強まる。第1楽章にラルゴとアレグロを凝縮しているほか、その他の楽章もテンポ指示が一部異なっている。それでいて楽曲全体を見ると演奏時間は伸びているのだ。オーケストラは金管と打楽器が加わって拡張され、大小の対比の「小」を担うのは弦楽四重奏。神奈川フィルコンマスも務める﨑谷さんが第1ヴァイオリンを務めるウェールズ弦楽四重奏団は清新な魅力を発揮し、編曲以上に作曲家の主張を感じる大胆な楽曲を、ある時はオケと一体となり、またある時は突出して奏でていた。アンコールにウェールズQが演奏したのはシューベルト「ロザムンデ」の第3楽章。刺激的なシェーンベルクの熱を冷ますような、と言っては失礼か―楽曲の素直な魅力にどこかほっとする感もあった。

後半はバルトーク「管弦楽のための協奏曲」。オーケストラの妙技性が最大限に発揮されるこの楽曲、現田さんはやはりオーケストラを引き締めるというよりはふわりと解放させ、テンポの転換と大きな構築のみを担ったという印象。ただ丁寧に振っておられ、複数拍子を同時に振り分ける場面も見えたのは純粋な驚きであった。 第4楽章「中断された間奏曲」などではかなり濃密な粘りも見られたし、フィナーレの終局も駆けぬけずにあくまで慎重にテンポを進める。音楽の流れや勢いというものは希薄だったけれども、そのお陰で(?)神奈川フィルの木管のうま味は堪能できた。特に第1ファゴットの諧謔はあらゆる点で文句なしで、逆に2番以降とのギャップが露わになってしまったほど。神奈川フィルは途中までやや金管が奥まって鳴らないのが気になったが、アプローチに沿った演奏を聴かせた。