2016/11/19
東京都交響楽団 第817回定期演奏会Bシリーズ

フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」
デュティユー:ヴァイオリン協奏曲「夢の樹」(1983-85)

シェーンベルク:交響詩「ペレアスとメリザンド」

ヴァイオリン:庄司紗矢香
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:四方恭子
指揮:大野和士

大野音楽監督が初夏以来の登壇。フォーレとシェーンベルクがメーテルリンクの戯曲に触発された作品を並べ、それを今年記念イヤーであるデュティユーで挟むという氏らしいプログラムだ。

フォーレ「ペレアスとメリザンド」冒頭の弦を聴いて、彼らの信頼関係が一段上がったと認識する。フランス音楽に相応しい、繊細で淡い叙情を湛えた音色が実に美しく、都響の線の細さはこれ以上にないほど好作用する。有名なシシリエンヌも淡々としつつ刻一刻と色調を変えていく。

続くデュティユーのヴァイオリン協奏曲では、庄司紗矢香の独奏が何と言っても精緻で安定感抜群。イワノフ、リヨン歌劇場管と大野氏が録音した同曲の録音はかなり官能的な趣があったが、庄司氏はかっちりと音楽を構築していく。フォーレから連続し仄かな香気を漂わせたオケはやはり美しく、幻想的なカリヨン、見通し良い管弦楽は紛れもなくフランス音楽の後継たる響き。 終楽章で更に一段音楽が高まっても良かったかもしれないが、好演だった。

後半はシェーンベルク「ペレアスとメリザンド」。結論から述べると、大野氏の就任披露以来一番の名演のように感じられた。オペラ指揮者としての劇的感覚は十全に発揮され、都響も疵を恐れず大胆に攻める。構造的にはそれほど明晰には示されず、種々のモティーフがくっきりと浮かび上がってくるわけではない。雄弁な物語に、文学的な悲哀という血を通わせて表現したと見るべきか。スケルツォこそやや軽やかだが、全体的には明らかにヴァーグナーが透ける音楽。誰もがトリスタン第2幕を想起せずにはいられない表題2役の交歓は実に官能的だし、ゴローがペレアスを城の塔に連れて行く場面の怖れを湛えた静寂(バルトーク『青ひげ公の城』に通ずる音色表現と楽器の用法!)が手に取るように分かる。大野×都響ならではのサウンドであり、彼らでヴァーグナー作品、あるいはベルク「ヴォツェック」あたりを全曲聴けるならどんなに素晴らしいだろうか。複雑極まる音楽を全曲暗譜で振った大野氏には大きな喝采を。先日の委嘱初演に続き、力のある棒だった。