2017/7/29
すみだサマーコンサート2017~わが街のオーケストラ~
@すみだトリフォニーホール

ペルト:子どもの頃からの歌―少年少女合唱とピアノのための
オルフ:世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」

ソプラノ:安井陽子
テノール:絹川文仁
バリトン:青山貴
児童合唱:すみだ少年少女合唱団(合唱指揮:甲田潤)
合唱:栗友会合唱団(合唱指揮:栗山文昭)
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:豊嶋泰嗣
指揮:上岡敏之

3つの定期シリーズの締めくくりはリクエスト・コンサート(ルビー・シリーズ)であったが、毎年恒例の「すみだサマーコンサート」も引き続き音楽監督・上岡敏之氏が登場した。ペルト「子供の頃からの歌」は甲田潤とすみだ少年少女合唱団が清澄な歌声を聴かせたが、子供達の殆どが何とドイツ語を暗譜。ウムラウトや子音の拘りに、ピアノの上岡さん(伴奏の域を超えた雄弁な表情!)が指南した?と思われる箇所も多々聴かれた。可愛くも深い詞がしっかりと聴き手に届く。後半はオルフ「カルミナ・ブラーナ」で、これが清新な名演となった。巨大有節歌曲集としての楽曲の性質を活かし、節と節・曲間のパウゼも構わず突き進んだのだ。それだけに、休止を取る箇所は必然だと思われた。全曲暗譜(!)の上岡監督は完全に声楽を掌握した見事な指揮。執拗とさえ言える徹底的な詞への拘りに、栗友会合唱団は精緻に応えていた—小合唱女声の音程は僅かに気になったが。第21曲・第23曲で軽やかな高音を伸ばしたソプラノ安井陽子、堅実なバリトン青山貴、体当たりの演技も交えたテノール絹川文仁と独唱陣も充実。全曲大詰め直前の第24曲で合唱が次々と女性讃美を唄い、昂まった瞬間に訪れる「おお、フォルトゥナ」回帰により円環を結ぶカタルシスは忘れ難いものだった。終曲は冒頭の再現のようで、実は児童合唱が加わり、指揮も劇性を増している。シーズン最後にして、声楽付き大作で上岡監督の手腕が十全に発揮された快演を聴くことができた。