たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

December 2010

こんにちは。昨夕、プラハ→フランクフルト→成田へと飛んで帰ってきました。

今回が僕にとって人生初のヨーロッパ巡りで、20日から29日、9日間の旅でありました。
総括してみると、本当にあっという間の日々だったなぁと思います。
ウィーンのシュテファン大聖堂の壁、チェコのビアホールの床・・・。
あらゆる場所に、これまでヨーロッパが歩んできた輝かしくも苦難の多き歴史を感じ、感慨もひとしおでした。かつて大作曲家達がこのカフェでお茶をし、そしてこの道を歩きながらあのメロディを思いついたのか・・・そう思うと、作品への共感も増すものですね。
さて、無駄話はこれくらいにして、それでは早速旅行記を綴って参りたいと思います。

成田国際空港(千葉)~ シャルル・ド・ゴール国際空港(パリ)

12/20の朝、成田を出てパリへ。大雪のため欠航を心配していましたが、無事出発できました。
そして、コードシェア便でテーゲルへ・・・と思ったらここでまさかのCancelled「欠航」。雪が降っていたのは確かですが、既に峠は越えていたように思いましたが。そして、4時間ほど荷物を抱えたままシャルル・ド・ゴールで並び、クッタクタになったころようやくパリでのホテル及びつぎのフライト(翌日)のチケットを入手、バスでホテルまで向かい、午前1時頃就寝。

109adbcd.jpg

途方に暮れて力なく一枚。

シャルル・ド・ゴール国際空港(パリ)~ テーゲル国際空港(ベルリン)

翌朝、ホテルでの食事の後、再び空港に向かいます。フライトスケジュールを確認すると、今度は大丈夫そう。なんとか午後の便でベルリンへ向かいます。それにしてもこのシャルル・ド・ゴール、サービスといい造りといい、本当に酷い空港。二度と経由しないでしょう。そしてベルリンについてもまたトラブル発生。荷物がない。パリで、「荷物はちゃんとあるんですよね」と確認して、あるということだったのに・・・。最悪。トランクの行方を確かめるかめ、テーゲルにてクレームするも、到着していないとのこと(ちなみにまだありません)。
そうしている間にゲルギエフ指揮するベルリン・フィルのコンサートの開演時間が迫り、タクシーでホテルに急ぎ、その後はフィルハーモニーまで走ります(幸い、ホテルからフィルハーモニーまでかなり近かったです)。何とかホールに駆け込むと、既にコンサートマスターのガイ・ブラウンシュタインが入場していました。危なかった・・・・・・。そしてゲルギエフ入場。以前も書いたように、この日はゲルギエフにとって実に10年ぶりのベルリン・フィル指揮でありましたので、気合いが入っていたように感じられました。一階右方2列目という良席に恵まれたこともあり、マツーエフ、ゲルギエフそれぞれの鼻息や唸り声がダイレクトに聴こえてきます。ベルリン・フィルの誇るコンバス群も眼前で、物凄い気迫。
一曲目はシチェドリンの作品、交響的ディプティク(ドイツ初演)。力強い弦の響きや、諧謔なソロを披露したかと思えば炸裂する金管・打楽器群が壮烈な、如何にも「ロシア」といった作品でとても楽しめました。
つづいて、マツーエフをソロに迎えてのラフマニノフの第3番。マツーエフはゲルギエフ&マリインスキーとの来日公演でも急遽出演し、ショス1で会場を大いに沸かせたようですが、この日がベルリン・デヴュー。
オケの序奏に続き、しっとりと引き始めるわけですが、もう弱音のニュアンスから重厚な強奏まで、超絶的な芸術性。ゲルギエフもぴったりと合わせて、圧倒的なクライマックスを創り上げました。会場は大ブラヴォーで、マツーエフは花束を手にしてご満悦の様子。
さて、休憩後はいよいよ「展覧会の絵」。冒頭のペット・ソロ、ああいい音色だ~と思っていたら、一音吹き損じました。確かタルケヴィさんだったと思いますが、普段完璧な演奏を聴かせる方だけに会場では失笑が起こっていました(笑)。もちろん、その後はベラボーに巧かったですよ。
それにしても彼ら、いつも日本のオケばかり聴いているとその没入ぶりに圧倒されますね。
技巧は恐ろしいほどあるのですが、だからと言って余裕たっぷりに演奏するのではなくて、「音楽を創る」ということに全精力を傾けて弾いていて、音圧がすごいんです。
ゲルギエフの解釈も、01年?のウィーン・フィルを指揮したディスクよりもテンポがどっしりとしており、また細部の彫琢も緻密。ベルリン・フィルの重心の低い音色もそこに加わり、素晴らしい演奏となりました。客席も、スタオベにはなりませんでしたが盛況。久々の登場を歓迎していました。

882f3216.jpg

開演前のフィルハーモニー

9ebe0bd7.jpg

終演後、喝采に応えるゲルギエフとベルリン・フィル

(次回に続く)

こんにちは。

突然ながら、12/19よりヨーロッパに出ていまして、
パリ→ベルリン→ハンブルグときて、ただ今ウィーンにいます。

クリスマスシーズンということで、なかなかコンサートも取りにくかったのですが、
その中で12/21にはベルリン・フィルの演奏会を聴くことができました(こちら)。

このコンサートはゲルギエフにとって、実に10年ぶりのベルリン・フィル指揮でした。
詳細は、今回のヨーロッパ旅行全体を含めて、帰国後(12/30以降)アップしますね。

そういえば、12/18のデュトワの圧倒的ショスタコーヴィチもまだ書き終えていません・・・。

今しばらくお待ちください。それでは・・・。

先日、メルボルン・グラマースクールというオーストラリアの名門校(過去に総理大臣を3人輩出しています)のオーケストラが初来日しました。

2010年12月13日(月) 18:30開演 @蒲郡市民会館大ホール
メルボルン・グラマースクール交響楽団 蒲郡公演


吹奏楽:蒲郡ジュニア吹奏楽団
指揮:鈴木統久


オーストラリア国歌
日本国歌
小長谷宗一:前奏曲「翔きの瞬間」
J.S.バッハ(A.リード編):カンタータ147番「主よ、人の望みの喜びよ」
V.マッコイ:アフリカン・シンフォニー


管弦楽:メルボルン・グラマースクール交響楽団
指揮:マーク・ドラモンド
ピアノ:ダニエル・リー


ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」序曲
シューベルト:交響曲第8番「未完成」 第1楽章


---休憩(15分)---

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 第1楽章
「クリスマス・キャロル」より 「ウェンセラスはよい王様」「神の御子は今宵しも」
J.ウィリアムズ:「スター・ウォーズ」のテーマ

~アンコール~
外山雄三:管弦楽のためのラプソディ

大阪公演、東京公演の間に、何故か蒲郡公演が・・・
これはどうも、ビクトリア州と蒲郡の友好提携30周年を記念しての運びとなったようです。
それにしてもプログラムの「音楽のまち蒲郡」って、聴いたこと無いんですが。

この公演、無料だったから足を運んだというのは秘密です。

それはさておき、ほぼ中学生の団体ですから、熟成された響きを求める訳には勿論行きません。
技術的にもまだ学びの途中でしょうから、あれこれと感想を述べることも今回はしません。

ただ、蒲郡の吹奏楽団のレヴェルが意外にも高かったのは嬉しかったですね。
木管はメルボルンよりも安定していました。
それに比べ、金管のソロや音の抜けのよさはメルボルンに軍配が上がります。

また、サン=サーンスでのソリスト、コンマスも務めていましたが、恐れ入りますね。
個人的にはピアノに専念してはどうかと思っています。

最後のスター・ウォーズは難易度を下げるために編曲がされていたのですが、
見事なまでに原型をとどめていませんでしたね(爆)唖然としました。
ちなみにアンコールの外山雄三は、ウッドブロック奏者の紅潮した顔が印象的でした・・・

最後の合同演奏でもいい感じに盛り上がり、良い演奏会となったのではないでしょうか?

それでは。

本日、クラシック名古屋より
スーパークラシックコンサート2011-2012のラインナップが届きました。

2011/10/16(日) 
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ピアノ:ラン・ラン

2011/11/1 (火)
佐渡裕指揮 ベルリンドイツ交響楽団
ピアノ:エフゲニ・ボジャノフ

2011/11/29(火)
フィルハーモニック・ヴィルトゥオーゾ・ベルリン with 高嶋ちさ子

2012/1/8 (日)
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
ニューイヤーコンサート2012

2012/3月
小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅩⅡ
プッチーニ:歌劇「蝶々婦人」

というわけですよ。
ハイ。

ウィーン・フィル久々の来名です。
どうもこのシリーズ、来年で15周年のようで。そのトップバッターとしてやってくるんですね。
名前はダッサいですが、やってくれましたね。
指揮者はサントリーのページでエッシェンバッハと発表されています。
ソースはこちら
今年みたいなことにならなければ、予定通り来るでしょう。

エッシェンバッハはそれほど好きな指揮者ではありません。
フィラデルフィア(彼の時代に低迷し、ムーティが懸念を示していました)は合わせ上手ですから、棒が下手でも形は崩れないでしょうが、彼が指導しているシュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭の一連の録音はぜんぜん好きになれない。表面的というか・・・。
特にマーラー演奏では遅めのテンポを設定するのですが、必然性が感じられず、
フィラデルフィアとの来日公演での5番では早く弾こうとするオケとの意思疎通に問題がありました。

ただ、ウィーンにはしばしば招かれているようですし、(プロムスでブル8を演奏したりもしています)
期待できるかもしれませんね。

超人気ピアニスト、ラン・ランとの組み合わせでは下記のCDも出していますし、
ピアニスト同士ですから勝手も分かると思います。

さて、メインは何でしょう?ブルックナー??ブラームス??ベートーヴェンはもう良いよ!

しかし、このシリーズがもう一年後にスタートしていたら、
2012年はプレートルが再びウィーン・フィルと来日したとしたら・・・名古屋に・・・ムフフ(爆)
妄想終わり。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番・第4番 スペシャル・エディション/ラン・ラン

¥2,500
Amazon.co.jp

ブルックナー:交響曲第4番/エッシェンバッハ

¥1,577
Amazon.co.jp

先ほどオペラシティからのメルマガが届きまして、
2011年の主催公演ラインナップのお知らせでした。

ラ・プティット・バンド、フライブルク・バロック・オーケストラ(初来日!)等、
古楽アンサンブルの隆盛に惹かれながらも、
やはり真打はこちらでしょう。

スクロヴァ先生指揮のザールブリュッケン放送交響楽団。
(正式名称が下記の通り長いので、しばしばこう呼ばれます)

今夏にこのコンビのブルックナー全集を入手し、少しずつ聴き進めていますが、
まずホールトーンを適度に盛り込んだ録音のクリアさ。
次にオーケストラの機動力の高さ、パリっとした音色。
そして何より、スクロヴァ先生の素晴らしい解釈にハマってしまいました。

特に3番(第2稿)、5番(コーダの木管!!)や、
6番(私としては同曲のベスト)、7番、9番は相当気に入ってます。
(巨峰8番は、読売日響とのライヴの方が感銘が大きかったですね)
しかしほかの曲も含め、これ程水準の高い全集は他に無いのでは・・・。
弦楽四重奏曲のアダージョ、序曲ト短調、ヘ長調交響曲、0番交響曲も含み、
資料的な価値も大きいと思います。

近年の読売日響との溌剌とした演奏は言わずもがな、今秋の7番も素晴らしかったそうですね。
今後の予定としては2012年の共演で3番、ベルリン・フィルにも客演し同曲を取り上げられます。

さて、このザールブリュッケンとの5年ぶりの来日。
曲目は久々のブルックナーがメインに据えられています。
1日目がモツのジュピター&4番で、2日目はシューマン4番と、9番。
2日目、やや重いうえ、2日連続の公演ということで、ちょっと不安が頭をよぎりますが。

そうそう、このオペラシティでの9番といえば、あのギュンター・ヴァント×北ドイツ放送響の
演奏が頭をよぎります。まだ入手していないのですが、果たしてどんな名演になるのか・・・。

コンサートの詳細は下記及びオペラシティホームページを参照して下さいね。

ちなみに他のホールでの公演はあるのでしょうか・・・何とか行きたいのですが。

$新館「Adagio -心休まる日々を-」-Mr,S

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮
ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・
ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団

会場:東京オペラシティ コンサートホール

2011/10/19(水) 19:00開演
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

2011/10/20(木) 19:00開演
シューマン:交響曲第4番
ブルックナー:交響曲第9番

一般発売:2011/6/24(金) 料金等未定

両日とも S:¥12,000 A:¥10,000 B:¥8,000 C:¥6,000 D:¥5,000

このページのトップヘ