たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

December 2011

2011年12月26日 18:20開場 19:00開演 @サントリーホール

都響スペシャル「第九」

管弦楽:東京都交響楽団

ソプラノ:天羽明惠
メゾソプラノ:小山由美
テノール:市原多朗
バリトン:堀内康雄
合唱:東京オペラシンガーズ
コンサートマスター:矢部達哉 
指揮:大野和士

ブラームス:アルト・ラプソディ
――ゲーテ「冬のハルツの旅」による

-
--休憩(15分)---

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」


結論から書きます。

まさか、師走の「第9」が本年のベスト・コンサートとなるとは思いませんでした。

この時期の「第9」と言うと、オケには確実に稼げる演奏会であり、
ルーティンに走った演奏もたまにあるなかの都響の「第9」。
「世界で躍進する才人・大野和士と都響、きっと充実した演奏が聴けるだろう!」
と思って楽しみに演奏会を待っていました。

違ったのです。
「充実」なんて言葉じゃあ、なまぬるい。
叫びです。魂からの。

以前この人と東京フィルで「復活」を聴きました。
おそろしく感動しました。けれど解釈が肥大しすぎて、本人も整理しきれていないんじゃないか、という場面がちらほらありました。
私の間違いでした。
あれはオケが第一級ではなかったからです。
今回は都響です。
第1楽章冒頭の刻みからして、明晰。トゥッティに至っても、やたらめったらわめき散らさない。
けれど、そこに込められたエネルギーの密度は尋常ではありません。
大野氏の演奏の凄さはここにあるのです。(繰り返しますが、「復活」はエネルギームンムン, but 細部は?だったのです)
第2楽章に至って、かなり切迫したテンポで音楽が進んでゆきます。
この時点で初めて気づきました。

大野氏はブルックナーを見通しているのです。
その中でも恐らく、この曲が多大すぎるほど影響を与えたブル9。
まるでブルックナーのような、何も足さず、何も引かず。そしてそこにエネルギーを充たす楽曲構築です。また倍管なので、サウンドのクリアさは常に保たれます。
この流れで進んでいった第3楽章では泣きました。心の底から泣きました。
都響の弦も管も、美しすぎたんですもの。無理です。耐えられないです。
何故か、目に焼き付いた被災地の風景が浮かんでしまいました。別に暮れなんて意識してないのに。もっと言うと、こういうこと連想しながら聴くのは好きではないのに。
第4楽章、低弦のレチタティーヴォはここぞとばかり歌います。もはやオペラのアリアです。
やはり歌劇場の指揮者は、こういう場面での説得力がすごいですね。パウゼも理想的。
おうたが入ってからは、オケは見事にカラオケに徹しました。大野氏も殆ど合唱ばかり振りました。オペラシンガーズ凄すぎです。ドイツの合唱団が聴いたらどう思うんだろう?
70~80人ほどなのに、オケや独唱を飲みこまんばかりのパワー。驚異的です。
歌詞も相当聴き取れます。独唱陣も平均点かなり高かったです。特に女声お二人は完璧では?
プレスティッシモは何とフルトヴェングラー級のスピードで突き進みます。
オケは崩壊しませんでしたのでご安心を。打楽器がビシバシ決まりました。

このように、一聴してオーソドックスなようで、かなり緩急を付けた解釈。
その上、大野氏は振りが少な目です。途中全く振らない場面もままありました。
矢部さんの巧みなリードを信頼して(=都響を信頼)のことでしょうかね。

あ、アルト・ラプソディもよい演奏でした。けれど第2部まで舟をこいでいたのでコメント資格なしです。男性合唱はここでも芯の太い歌唱。ああ、ファウスト交響曲歌ってくれ!(笑)
それにしてもブラームスってネチっこいなあ。ドイツ・レクィエムあたりで勘弁してくれ。

終演後は聴衆発狂寸前。私はきちんと発狂完了(爆)
日本人のこの年齢の指揮者に対し、2度も、それも恐ろしく熱烈なソロ・カーテンコールを送る風景。(←勿論参加)手の甲を真っ赤にしながら、「こんな風景がありえるのだろうか?」と自問していました。

ありえるのです。だって、大野和士は「次世代の巨匠」でなく、既に「巨匠」なのですから。
来年度、新日本フィルと彼が演ずるブルックナーの「第7」、都合がつかないのが大変残念。きっとデモーニッシュな要素を今夜同様引き出した凄演となりましょう。

12. 26 - 「第9記念日」―っと。

今年もそろそろクリスマスが近づいてまいりました。
皆様は何をしてお過ごしの予定ですか?

皆が教会や家にて静かに祈りを捧げるヨーロッパにならって、今年はゆったりと過ごすつもりです。24日はサントリーホールでメサイアを聴き、25日は昨冬訪れたドイツの友人のことを思い出して静かに本でも読もうかと。


きよしこの夜 英:Silent Night 独:Stille Nacht 

東京都交響楽団 第727回 定期演奏会Bシリーズ
@サントリーホール
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
~ソリスト・アンコール~
J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より サラバンド

---休憩---
ショスタコーヴィチ:交響曲第12番「1917年」

ヴァイオリン:ジュリアン・ラクリン
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートミストレス:四方恭子
指揮:エリアフ・インバル


インバルと都響の演奏会は、いつも「もう一度聴かせてくれ!」と思うのですが、今回ほど強くそれを感じたことは初めてです。
かつて聴いたマーラーでも、ここまでではありませんでした。

ホールの周辺、中はすっかりクリスマス仕様。チケットは全席完売のはずですが、ぽこぽこと空席があり、整理券もかなり出したようです。

前半、ラクリンをソロに迎えた協奏曲第1番は、意外にもゆったりとしたテンポでの演奏。ラクリンはほとんどテヌートをかけて弾き、インバルも律儀にそれに合わせるので余計に重く感じたのかもしれません。第2楽章、諧謔的なパッセージが現れるところあたりからようやくエンジンがかかった感じです。前述のように粘っこく曲を進めていくアプローチだったので、第3楽章、長大なカデンツァはホールを完全に支配していましたね。まあツィンマーマンのベルクではずっと支配しっぱなしだったわけですが。第4楽章、インバルはオケを盛んに煽り、なかなかに盛り上がって終結。

振り返ってみるとインバル、オケ側主導の演奏になっていたかもしれません。ラクリン、アンコールのバッハではその美音を如何なく響かせてくれました。協奏曲となると、音量がやや足りないように思います。

また、アプローチが曲に対して粘っこすぎる件ですが、彼が08年にヤンソンス指揮コンセルトヘボウ管と披露したブラームスでは、なかなかアグレッシヴな演奏を聴かせていました。あれはマイクのいたずらかな?どちらにせよ、当曲にはもったりしすぎでしょう。客席はこの時点でかなり盛況。

後半は交響曲第12番「1917年」です。

各トップ奏者覚書き:コンミス四方さん、サイド渡邉さん、セカバイ双紙さん、遠藤さん、ヴィオラ中山さん、店村さん(私は都響メンバーとしてお目にかかるのは初めて!)、チェロ古川さん、コンバス星さん(元読響首席)、フルート寺本さん、オーボエ本間さん、クラリネット佐藤さん、ファゴット堂坂さん?、ホルン有馬さん、トランペット岡崎さん、トロンボーン古賀さん、テューバ佐藤さん、ティンパニ久一さん。(打楽器群で、バスドラの皮をぶち抜きそうな強打を披露したのはN響の方ですね)

まさしく圧倒!爆演なのにどこまでも整然としている。都響もホールを震撼させました。
冒頭の低弦の響きから打楽器の強打を伴う終結まで、どこを切っても緻密に設計された音楽を堪能。インバルの見通しの良さには脱帽するほかありません。
ほぼリハーサルで作り上げたのでしょう、本番は最小限の動きで都響を完全に統制していました。(それでも唸る飛ぶの熱演でしたが)
特に第2楽章の沈滞した弦の響きは、まさに凍てつき、暗い湖の底を見通そうとするかのよう。ここだけでも今回聴いた甲斐がありました。第3楽章~第4楽章冒頭のドンチャカは豪快に押し進め、ホルンの雄渾な吹奏が現れる箇所で大きくテンポダウン。聴きどころを存分に聴かせてくれました。終結部では何とアッチェレかけました。ここは速いと強引な歓喜といった印象がより強まりますが、インバルは肝心な個所の解釈はこちらに完全に委ね、自身はひたすらオケとスコアを音化することに注力していた気がします。
そして都響!!ますます進化しています。インバルだけではなく、フルシャ、小泉氏、ギルバートといった超一流のビルダーからの薫陶を受け、以前よりも風格や香りが増しているのはうれしい限り。店村氏もなかなかどうして、馴染んでいるように見受けられました。終演後は微笑を浮かべていましたし。それにしても、このオケは矢部さんがコンマスをするときは「気迫」「鋭さ」が際立ちますが、四方さんがコンミスの時はある種の「余裕」が感じられますね。12番という壮烈な曲ですが、全編を通して、まさに彼女がかつて属していたケルン放送響のような深みのある音で一貫していました。それを実現できる都響もすごい!管楽器もソロの卓越した技量、トランペットをはじめとする金管のスタミナと正確性はまたランクが上がりましたね。後、第4楽章冒頭のホルンも響きまくってました。あそこだけでももう一度聴きたい。久一さんもまた巧くなったかな?
そうそう、客席も今回は素晴らしい。上野の5番はややフライング気味だったとのことで心配したのですが、厳然たる響きによる終結にみな圧倒されたのか、ホールに残響が十分に響き渡ってから、かなり余裕をもってブラヴォーと大拍手が放たれました。いつもこれなら最高ですね。好々爺のようにオケとの良好な関係を示すインバルにまた、惜しみなく賛美を送ります。
震災があり3月は中止、5月は都合で聴けなかった私にとって、今回のインバル芸術との再会は実に去年の6月、あの「復活」以来でした。是非ともサインを!と楽屋口に走り、エクストンのCDとプログラムにサインを頂戴している際マエストロはこうはっきりおっしゃいました。

"Shostakovich will come also!"(ショスタコーヴィチも(CDが)出るよ!)

マエストロも本日の演奏に大いに満足されたのでしょう。CD化も本当に楽しみです。

ロシア革命の賛美のようで実は批判であるとか、二枚舌とか、そのようなことばかり開演前考えていましたが、マエストロ・インバルが震災を経験した我々に送る「生」の肯定というメッセージの前に、そのようなことはどうでもよくなりました。結局、演奏会において最も重要な要素はそこにある「音楽」そのものですからね。

都響の皆様、大曲お疲れ様でした。大野さんの「第9」も今からとても楽しみです。

このページのトップヘ