たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

March 2012

2012年3月30日(金) 18:20開場 19:00開演 @サントリーホール

東京都交響楽団 都響スペシャル

マーラー:亡き子をしのぶ歌
---休憩---
マーラー:交響曲「大地の歌」

メゾソプラノ:イリス・フェルミリオン
テノール:ロバート・ギャンビル
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートミストレス:四方恭子
指揮:エリアフ・インバル

様々な要因が全てプラスに作用し、これまでにない感動を生んだ演奏会でした。
この日サントリーホールで繰り広げられたことを、私は一生忘れることはないでしょう。


ドヴォルジャーク、ショスタコーヴィチと重量級の名演が続き、聴衆の期待度もクライマックスに達していた中での、インバル/都響の「マーラー」。
結論から言って、演奏はこのコンビの表現のパレットの多彩さを再認識させるものでした。マーラーにしても、壮年期の2番・3番あたりでは造型をがっしりと組み上げ、オーケストラも無骨さを前面に押し出した(その合間に挿入されるカンタービレが、極上の甘美な蜜のようで絶品なのですが)表現が目立ちました。
しかし、今回のプログラムでは、管弦楽は怒号せず、最弱音のこの世のものとも思えぬ美しさを基調とした演奏が展開されたのです。インバルはいつも通り明快な棒で、ダイナミックにリードしていますが、応えるオーケストラはいつも以上に繊細な音楽を紡ぎました。つまり、これはインバルの意図ということでしょう。勿論、後半第1曲や第4曲の馬の疾走部など、激しい箇所はハイテンポで攻め立てていましたが。
二人のベテラン・ソリストのフェルミリオン、ギャンビルも、ともにインバルの意図を汲んで、高らかに歌いつつもがなり立てることのない美しい歌唱。今回の美演に大いに華を添えてくれました。フェルミリオンは全く力みのない歌唱ながら、その深みのある美声はホールに無理なく響き渡りました。やはり後半の「告別」では、中間部から嗚咽が止まらなくなりました。テノールのギャンビルは、バレンボイムとの録音が有名なヘルデン・テノールで、全曲若々しい表現。低音から高音までムラなく透き通った美声を駆使し、時折動作も交えながらの表情豊かな名唱で引き込まれました。(一日前はオケの響きに埋もれがちだったそうですが、今回は全くそういった印象は受けませんでした。ちなみに、ゲネプロでも2時間歌いっぱなしだったそうです。。。外国人はやはりエネルギーがありますね)
そして、都響。2010年のちょうど今日(31日)にマーラーの3番を聴いて、国内最高のマーラーだ!と狂喜していたのが懐かしく思い出されます。あれから2年―その色彩感、洗練度、集中力がこれほどの高みに達したこと、一ファンとして胸がいっぱいになる思いです。もうどのセクションがどうということは事細かに書きませんが、3点だけ。本間さんのオーボエ、もう聴けなくなるのは本当に寂しいです。広田さんとはまた違った味わいのサウンド、あまりにも美しかった。たまには戻ってきてくださるのかなぁ。さらに、フルート・ソロも天下一品。曇りひとつ無い、清澄な風景に吹く一筋の風のような名奏でした。そして素晴らしかったのは、全員正団員で決めてきたブラス・セクション。特に西條氏率いるホルン隊は、音色・音量共に最高、ソロも抜群でした。
9月より始まるマーラー・ツィクルスが終了する頃には、都響はどのような変貌を遂げているのでしょうか。想像するだけでわくわくします。

今回、インバルのメッセージはどういったものだったのでしょうか。
まずこのプログラムですが、正直「亡き子」「大地」という曲目が発表になったとき、あまり心躍る思いはしませんでした。マーラーの暗さが前面に出た曲が並んだため、1年前血気盛んな私にはあまり魅力的ではなかったのでしょう。
しかし今振り返ってみると、今回の演奏は、インバルのマーラーにおける考えが最も如実に現れたものであったなぁ、と痛感します。今回の2曲、どちらもいかにもマーラー的なペシミズムに満ちた作品であります。「亡き子」における子供の死は、命のはかなさや尊さを暗喩的に示していますし、後半最終楽章「告別」には、世界の無常を歌いつつ、「永遠に、永遠に・・・(Ewig)」と、永遠に続くものがあってほしい、というえマーラーの願いが投影されています。これは彼の作曲家人生を通じての共通の主題であったわけです。
その点、インバルの解釈は慈愛に満ち溢れたものでした。先述の通り、マーラーの願いも空しく、世界は刻一刻と変容を続けています。もはや明日の世界を予想することは難しくなってすらいます。そのことを痛いほど熟知しながら、なおそれでも、インバルは「永遠に続くものもあるのではないか。あると願って生きていこうではないか」というメッセージを我々に発していると思うのです。
そう―その永遠に続いていくものの一つとして、都響の伝統が例に挙げられると思います。昨夜インバル、ソリストに向けられたすさまじい熱狂(ソロ・カーテンコール2回!)もさることながら、私は彼らの奥で、現役の楽員にしきりに握手を求められている退団員の方々の姿に号泣してしまいました。演奏中からずっと泣いていて、もう顔がくしゃくしゃになっていたと思います。
彼らのようなベテラン奏者の引退に伴い、フレッシュなメンバーが4月から入団となります。こうして、オーケストラの演奏芸術は引き継がれていくのですね。如何にメンバーが変化しようとも、都響の個性、伝統はしっかりと受け継がれていく。これも、一つの永遠ではないでしょうか。

古参楽員の引退のステージで、「伝統は受け継がれる」というメッセージを彼らにも届けるため、インバルはこの曲を選定した―深読みが過ぎるでしょうか。でも、私はこう願っていたいと思います。

いよいよ本日、今年度の都響定期ラスト、インバルによるマーラー「大地の歌」です。

9月より始動するマーラー・ツィクルスの前哨戦を飾るといってもいいでしょう、必聴の公演!

今日の公演は当日券が30枚程度出るようですので、気になる方は是非サントリーホールへ!!

そして、明日のスペシャルはまだまだ残席余裕あるようです、こちらも是非!
私は明日参戦することにしています。

さて、そんな「大地の歌」の前に、
インバルが昨年フランス国立放送フィルに客演した際の映像をご紹介いたします。
リンクから飛んでください。
http://liveweb.arte.tv/fr/video/Orchestre_Philharmonique_Radio_France_Schumann_Liszt/

リスト「ファウスト交響曲」。ベルリン放送響とのCDも出ていますが、
こちらで視聴できる演奏は、近年のインバル特有の雄大なスケールを堪能できる名演です。
どうぞお楽しみください!
(こちらは観ていないのですが、前半はイザベル・ファウストとの共演でシューマンのVn協奏曲です。珍しい・・・)

2012年3月23日(金) 18:20開場 19:00開演 @東京文化会館 

東京都交響楽団 第730回 定期演奏会Aシリーズ

チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲
---休憩---
ショスタコーヴィチ:交響曲第4番

チェロ:宮田大
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:矢部達哉
指揮:エリアフ・インバル

徹頭徹尾、このコンビにしか出来ない「第4番」でした。

ゲルギエフの解釈を筆頭として、この曲には「戦争」の重く暗いイメージが先行します。粛清を恐れた作曲家がお蔵入りにしたというエピソードから想起される印象だと思いますが、私はそのアプローチ一本で通す演奏は、正直敬遠します。
いつの時代の作曲家でも、自らの「野心作」には大抵力が籠るものです。「すごいものを書こう」として、多くの要素を詰め込むのでしょうか、その後創作活動を続けるうちに、作品の書体が簡潔に洗練されていくのだと思います(ベートーヴェンの「エロイカ」→「第5」然り、ブラームス「第1」→「第2」然り)。私は、ショスタコーヴィチもこの例の範疇に収まると思います。

さて、インバルの今回の演奏からは先述したような気負いようなものは感じられず、あくまで生まれる音楽に全てを語らせたアプローチ。しかし、そこは名艦長インバルのこと、絶大なメリハリ効果をもって、極めて雄弁な演奏を繰り広げました。冒頭、グロッケンシュピールと管楽器の叫びから会場の雰囲気をピリッと硬直させ、一気に戦慄の音世界へと連れ込んで離さないあたり、流石の手腕だと思います。ただ、昨冬聴いた12番ほど曲の流れがスムースではないためか、強力に都響をリードしていくという雰囲気は希薄だったと思います。むしろ、この曲の内包する様々な要素を丹念に描きだし、支離滅裂なまま提示したといえるでしょう(・・・とは言いながらも、やはりインバルの求心力は絶大で、「ああ、凄い『交響曲』を聴いた」と聴衆に思わせるのが、彼の匙加減の絶妙さなのですよね)。ちなみに基本テンポは速めでした。

そして何と言っても、この難曲・大曲を見事に奏し切った都響には最大限の賛辞を送りたいと思います。この「第4」の異常な世界観を体現するかのような、異常な集中力―いや、狂気と呼ぶべきでしょうか―で全曲を構築するそのスタミナには、ただただ感服するばかりであります。
第1楽章の有名なプレストは、まさに「一糸乱れぬ」アンサンブルで完璧の出来。会場が一瞬にして凍りつきました。さらに、その後インバルの微妙なアッチェレランドにも応えるのだからまさに神がかり的。プロの底力は計り知れません。
また、各楽器が裸になる箇所も、ニュアンス付け、リズム感、あらゆる点でこれまた完璧なファゴットの岡本氏をはじめ、トロンボーン、コールアングレ、哀しくも美しい矢部コンマスのソロ、その他各々が安定した技巧を披露。また、全曲通して最高音を鋭く飾った小池氏のピッコロにも触れないわけにはいきません。
そのダイナミック・レンジも広大で、クラスター音響で会場に爆裂の渦を発生させる一方、第3楽章結尾では静謐な再弱音を持続させました。
また、明らかに不安を湛えた終結にも関わらず、彼らの演奏には不思議な統一感や安心感が漂っていたのも不思議なところ。近年のインバルの円熟のなせる技でしょうか。

さらに、今回の演奏会をより素晴らしいものにしたのが当夜の聴衆。恐らく、演奏機会の希少な「第4」を、交響曲全集も残すインバルの指揮で聴こうと、全国のショスタコ・フリーク(ヲタク?)が上野に終結したのでしょう、会場は驚異的な静けさ。演奏後の沈黙と熱狂も、ちょっと常軌を逸したものを感じました。インバルも聴衆を褒め称えるジェスチャーをしていましたし、いつもこのような相乗効果が生まれてほしいものですね。

・・・「第4」の印象に押されて、前プロのロココ変奏曲について何も書いていませんでしたね。
この演奏、これまでインバル指揮で聴いてきた協奏曲の中では屈指の出来栄えだったと思います。インバルという人は、ご存知の通りオーケストラ作品を掌握することには抜群の腕前を発揮するのですが、どうも「協奏」となると分が悪いような気がしてなりません。ステージで起こる事象を全て自分でコントロール出来ないと気が済まない人なのでしょう(彼の師匠、チェリビダッケも同じ理由でオペラ指揮を敬遠しましたね)。しかし、今回の演奏は、若手実力派の宮田氏とインバルの呼吸が非常に上手くいっているように感じられました。宮田氏は、文化会館の残響の少ないアコースティックをものともせず、豊かな音量を会場に響かせましたし、非常にしなやかな音楽性を持っており、とても好感が持てました。改訂版の華やかな終曲は、インバル主導でリズミックに躍動したような感もありますが(笑)。
とにかく、彼の指揮する協奏曲演奏で心から良いと思ったのは、神尾真由子とのチャイコフスキー以来です。4月はモーツァルトとショパンのピアノ協奏曲・・・どう出るでしょうか。


最後に、このコンビもいよいよ新たな段階に入ったようです。
恐らくインバルのオーケストラへの要求は、以前より困難になっていると思いますし、曲目もオーケストラの限界能力を引き出すような作品が増えてきました。
しかし、都響は全員野球でインバルの音楽を体現します。まさに、彼の『楽器』となっています。
さらに聴衆の反応も、先週のドヴォルジャークに引き続き熱狂的で、またもやソロ・カーテンコールがインバルに贈られました。なんだか晩年の朝比奈隆のように、恒常化しそうな気配がします。現在のこの状態がベースとなり、インバルの登壇回数は更に増えていくのですから、これからが楽しみです。個人的には、ショスタコをツィクルス化してほしいと思いますが。きっとより練られた演奏が聴けると思います。その他にも、メシアンやらシェーンベルク・シリーズやら。。。

などなど、未来への期待が大きく膨らんだ一夜でした。いや、本当に楽しみだなぁ。

2012年3月17日(土) 13:20開場 14:00開演 @東京オペラシティ コンサートホール

東京都交響楽団 「作曲家の肖像」シリーズVol.86 《ドヴォルジャーク》 

管弦楽:東京都交響楽団 
コンサートマスター:山本友重
ピアノ:クン=ウー・パイク
指揮:エリアフ・インバル

ドヴォルジャーク:ピアノ協奏曲 
---休憩--- 
ドヴォルジャーク:交響曲第9番「新世界より」

御年76歳を迎えたマエストロ・インバル。
その音楽は雄大なスケールを湛えつつも、細部まで彫琢が行き届き、新たなアプローチが演奏に盛り込まれないことはありません。

今回のドヴォルジャーク特集、正直曲目的にどうなのかな、という思いがあったのですが、やはりこのコンビ、ホールを出る頃には大満足でした。都響の楽員の方のブログを拝見すると、リハーサル2日で本日の演奏会に臨まれているようですが(あ、勿論今回が特別なわけではなくて、このシリーズは2日、という規定のものでしょう)、たったそれだけのリハーサルでこれまで練られた、完成度の高い演奏を披露できるということは凄いことだと思います。かつてギュンター・ヴァントが要求したような一週間のリハーサルを行えばどうなってしまうのか、とも思ってしまいますが・・・。

本日は矢部さんはお休み、コンマスはお久しぶり山本さん、セカンド遠藤さん、ヴィオラは鈴木さん、店村さん揃踏みという感じで、さらに管楽器は今月で退団される堂坂さん、本間さんが出られていました。

さて、前半は珍しいピアノ協奏曲。ソロのクン=ウー・パイクは、インバル/チェコ・フィルと共演してブラームスの第1協奏曲を出していますね。良いらしいですが、買っていません・・・。
第一印象は、渋い音楽を創るピアニストだということ。かなり渋い。黒光りするタッチで淡々と紡がれる音楽は、インバルの強い個性にやや打ち消された感があります。恐らく、ソロでこそ真価を発揮するタイプのピアニストなのだと思います。
この曲、ドヴォルジャーク若書きの作品とのことですが、かなり冗長だと思います。まだ第1楽章はその執拗さに辟易としつつも雄大で聴けましたが、その後は退屈に感じてしまいました。演奏が悪かったはずはないので、やはり曲の問題でしょう。リヒテルとクライバーの盤でも借りてみようかな。

そして後半の「新世界より」。「未完成」「運命」と並ぶ超名曲の一つでありますが、巨匠インバルの手にかかるとあら不思議、初めてこの曲を聴くような場面がちらほら。
シンフォニーをよくアタッカで演奏するインバルですが、今回は第1・2楽章、第3・4楽章がそれぞれ切れ目なく演奏されました。
第1楽章、冒頭から表情は非常に濃く、トゥッティでは硬質なマレットのティンパニが轟きます。いつものインバル節炸裂ということですね。タメもあります。第2楽章は、ボヘミアへの郷愁といったものではなかったですが、都響の弦楽が低音から高音まで澄み渡り、純音楽的に美しく響きました。途中、弦楽のトップ奏者が室内楽的に奏で、また合奏へ戻っていく瞬間は本日のハイライトであり、都響の素晴らしい美点をもっともよく表しているといえましょう。コーラングレも最高。休止を挟んでの第3楽章からは、前半以上にインバルらしく徹底された演奏。彼が腕をぶんと一振りすれば弦のニュアンスがぶわん、と変化し、中間部の舞曲ではトライアングルに弱音のキューを出す(笑)対応していた奏者も流石。そして第4楽章は猛速!都響の金管群も痛快に鳴り渡ります。今回はホールの丁度中央に位置する席だったために、彼らの音はモロ直線的に飛んできました。パワー全開!インバルも更に熱く燃え上がり、怒涛の終結ではオペラシティが轟音に包まれました。ここに来て、余韻を楽しめない拍手が本当に残念。消え行く曲なのだから、音が終わったらハイ拍手、はダメって分からないかな・・・。

ビフテキのように分厚いサウンドで、インバリッシモを響かせた名コンビ、4月まで約1か月の重量級フェスティバルのオープニングとなったわけですが、会場は興奮に包まれ、幸先の良い出港となりました。インバルは早くもソロ・カーテンコール1回、満面の笑みで応えていました。この分だと大地の歌とかどうなるのかなぁ。

最後に、ショスタコ4番でのフライング拍手・ブラヴォーは絶対にやめてください。本気で呪いますよ。本気で。

このページのトップヘ