たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

September 2014

2014/9/27
2014/9/28
NHK交響楽団 第1789回定期公演 Aプログラム
@NHKホール

モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

管弦楽:NHK交響楽団
コンサートマスター:篠崎史紀
指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット

N響とブロムシュテットによるモーツァルト&チャイコフスキーの後期三大交響曲シリーズの最終回を、2日連続で聴いた。

27日は午前中のゲネプロから見学。ゲネプロでも頻繁に止めてやり直させる指揮者もいるが、ブロムシュテットはついに両曲とも一度も止めず全曲演奏。(結果的に3度コンサートを聴いた形になった)特記すべき点といえば、「悲愴」の冒頭コントラバスや、1楽章展開部直前のBsClの表情付けの微調整、3週間の共同作業に対しての感謝をブロムシュテットがオケに述べたこと、くらいだろうか。
そうして迎えた一日目の本番は、N響史に残る超名演となった。ステージ上の白熱に加えて、真摯に音楽を聴こうという聴衆の姿勢が素晴らしく、楽章を追うごとに客席の空気が濃縮されていくような雰囲気さえあった。
そして、二日目の今日。他のオーケストラではたいてい1日目より2日目、2日目より3日目が良くなるのが常だが、N響の場合そうとは限らない(理由については触れずにおくが・・・)ので、大変興味深く会場へ赴いた。

蓋を開けてみれば、何とも複雑な結末に。一日目より高齢の方が多かったか、静寂を破る非常識なノイズが多発。特にビニール袋系の音が前半楽章で持続し、プロ中のプロたるN響も流石に動揺したのか集中が途切れる場面が。客席と演奏家が一体となり作り上げる演奏会の場にあって、一番あってはいけない状態となったのが残念でならない。よりによってブロムシュテットで、しかも初日の客席の集中度が奇跡的であっただけに痛恨の極み。ノイズの主はきっと自覚がないのだから、周りが注意するしかないのだが・・・。
ネガティヴな話はここまで。前半楽章でオケがブレたとはいえ、大変な高レヴェルである前提の話。第2楽章の繊細かつふくらみのある弦の音量コントロールは絶妙で、オーケストラが一つの有機体として呼吸する様は圧巻。そして3楽章では容赦ない管弦楽の行進、最後のマーチの直前のホルンのG-Fis-G-Fisではベルアップまでさせるなどブロムシュテットの「動」の側面が全開。3楽章の烈しい終結の後、アタッカで終楽章に入る指揮者も多いが、彼は十分に間を取り、全てを受け入れた万感の振りで冒頭の悲痛な旋律を奏でる。この楽章こそは3週間にわたるツィクルスの終着点であった。ティンパニの激烈な強打、咽びなく弦の濃い表情は前日以上。「変に粘らずともこの曲の意図はしっかり伝わる!」と言わんばかりにブロムシュテットは決然と、確実に曲の終わりへと歩みを進めてゆく。そして、数十秒に及ぶかという長い長い沈黙が会場を包む。奏者一同は微動だもしなかった。控え目に始まった拍手はやがて大喝采に。奏者は指揮者に最大限の賛辞を送り、また指揮者も楽員を讃え続ける。楽団と指揮者の、かくも幸せな関係が眼前に広がった。Cb奏者の女性から大きな赤い花束を受け取ったブロムシュテットは楽員が去った後も一人呼び出され、熱い賛辞を一手に浴びた。

付け足しのようで誠に失礼だが前半のジュピターも滅多に聴けない好演だった。(1日目からとても良かったが)あらゆる楽句に手触りの温かみがあり、それでいて各声部の交錯も鮮やかに聴こえてくるのに、全体の印象は全くの無為自然。何という高次元のモーツァルト演奏!

10672339_855706071115611_3258921160376375858_n
 

    mixiチェック

2014/9/23
ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2014 レクチャー&室内楽―ヘルスベルク楽団長とウィーン・フィルの仲間たち―

レオナルド・デ・ロレンツォ:3人のヴィルトゥオーゾ~華麗なる奇想曲
R. シュトラウス:弦楽四重奏曲

解説:クレメンス・ヘルスベルク
フルート:ディーター・フルーリー、ワルター・アウアー、カール=ハインツ・シュルツ
キュッヒル・クァルテット


R. シュトラウスの弦楽四重奏曲、渋くていい曲でした。ただ1stVnのキュッヒルさん、コンマスのときは気になりませんが、ソロだと音程のブレや粗さが結構気になってしまって・・・。今日の客席はコアなファンばかりのようでした。にしては第1部で放屁(?)のような謎の音も聴こえましたが。

    mixiチェック

2014/9/20
NHK交響楽団 第1788回定期公演 Cプログラム

モーツァルト:交響曲第40番
チャイコフスキー:交響曲第5番

管弦楽:NHK交響楽団
コンサートマスター:堀正文
指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
 
あらゆる甘さを排した超辛口のチャイコフスキー5番。禁欲的な姿勢を保ちつついつの間にか高峰へ登りつめる曲作りは完全にブルックナーのそれと一致、事実緩徐楽章はブル7に聴こえた。前日は木管群が不調という話もあったが、1楽章で一部Obのピッチが低かった以外は問題無し。金管はブロム先生の指示かチャイコにしては終楽章でもだいぶ抑えめ、ただ鎚を打ち込むように容赦ない刻みがCbと共に演奏を引き締めていて素晴らしかった。
ブロム先生は相変わらずタメを作って勢いよく跳ね上げる独特の指揮、背筋もピンと伸びて実に美しい。音楽作りと同様に無駄な演出は一切なく、されどもその背中からは決然たる意志を感じる。全く老いない驚異のマエストロ。前半のモーツァルトも良かったが、この曲でリピート有は正直辛かった。
彼のチャイコフスキーを聴いて、想起したのはムラヴィンスキー。同様に即物的、禁欲的だが、その音楽はまったく異なっている。ムラヴィンスキーは厳しさを厳しさで染め上げるが、ブロムシュテットは厳しさの前提に慈愛がある。

 10313009_851406648212220_1393131599111115506_n
    mixiチェック

2014/9/19
東京都交響楽団 第775回 定期演奏会Aシリーズ
@東京芸術劇場

エロード:ヴィオラ協奏曲
ブルックナー:交響曲第2番

ヴィオラ:鈴木学(都響首席奏者)
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:矢部達哉
指揮:小泉和裕

垂涎のブルックナー2番を聴きに東京芸術劇場へ。今シーズンの首都圏、実はブルックナーは大曲「8番」以外、マーラーもこれまた大曲「3番」以外が全番号ナマで聴けるという凄いことになっています。今回は貴重な2番。(ちなみに次はMr. Sの0番(!))
前プロのエロードはまったく知らない曲。第1楽章の序奏部が終楽章にも現れるといった有機的なつながりは気に入ったのですが・・・いかんせん旋律らしい旋律に乏しく、終楽章の終結部近くでチョロっと出てくる程度で正直つかみどころの分からない曲。もう一度聴いたら印象変わるかもです。首席ヴィオラ鈴木さんのソロは深みのある音色で素晴らしかったです。流石の小泉さんもこの曲は譜面を見てました。
お待ちかねのブル2!ブルックナー特有の息の長いコラールの要素があまり感じられない、可愛らしい(なんとブルックナーらしくない形容詞!!)名曲であります。今日芸劇を埋めた聴衆は真のブルックナー好きでしょうね。(その割には雑音はおろかフラブラもあった・・・許せない)
小泉さんと都響は今年3月に1番も取り上げていて、文化会館を目いっぱい鳴らした名演でした。今回の2番もよい演奏で、2楽章など弦の扱いがとても丁寧、パウゼもたっぷり取ってブルックナーを聴く喜びに包まれました。他の楽章は概ね一気呵成、小田桐さん-青木さん-野々下さんの最強トロンボーン隊を筆頭にかなりブラスが充実、終楽章では弦も対抗して(?)ゴリゴリと重厚に鳴らして白熱していました。欲を言えばもう少し遊びがあった方が好きなのですが(同じ都響をインバルが11年に振った同曲は変幻自在、このコンビのブルックナーでは随一の超名演だと思います)、これだけ水準の高いブル2を聴けて満足です。
都響さんはこれから地方公演の後デュトワの指揮でジュネーヴ公演!お気をつけていってらっしゃいませー。

    mixiチェック

2014/9/15
東京二期会オペラ劇場 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト『イドメネオ』オペラ全3幕
@新国立劇場

モーツァルト:歌劇「イドメネオ」(全3幕)

演出:ダミアーノ・ミキエレット
イドメネオ:又吉秀樹
イダマンテ:小林由佳
イリア:経塚果林
エレットラ:田崎尚美
アルバーチェ:北嶋信也
大祭司:新津耕平
声:倉本晋児
合唱:二期会合唱団
管弦楽:東京交響楽団
指揮:準・メルクル


賛否両論あると思うが自分は客観的に楽しめた。作品に引き込まれる、という感じではないが、演出家がやろうとしていることの意図をあれこれ探って、音楽との調和やはたまた乖離を考えるのもオペラ鑑賞の楽しみ。とりあえず演出家はゾンビ映画のファンなんだろうね。しかもロメロゾンビの。
音楽面もインパクト大だった。やはり新国のオペラパレスはよく音が伸びて素晴らしい音がします。男声歌手では苦悩する王イドメネオ、女声では「イッちゃってる」エレットラが舞台を魅力あるものに。そして準・メルクル指揮の東響のパフォーマンスの素晴らしいこと!!ピット内だが、お世辞でなくこれまで聴いたこのオケの演奏で五指に入る快演。メルクルが凄いのか、オケが凄いのか、はたまた両方なのか。それを確かめに今週末は名曲全集に行きます。名コンビ誕生じゃないかな。
    mixiチェック

2014/9/14
東京都交響楽団 プロムナードコンサートNo.360
@サントリーホール
カベラーチ:時の神秘~大オーケストラのためのパッサカリア~
ブラームス:交響曲第4番
~アンコール~
ドヴォルジャーク:スラヴ舞曲第10番

管弦楽:東京都交響楽団
指揮:ヤクブ・フルシャ 


私用で後半のブラームス4番しか聴けませんでしたが、フルシャらしさを感じるというよりは都響の裁量に任せていた部分が多かったのかと。激しく没入して燃え上がるような演奏が多い中で、ある種のノーブルさを湛えていて新鮮な魅力でした。それでも流石に4楽章ではフルシャは激しい指揮に。ただロマン派ふうに盛り上がるのではなくかなりモダンに振っていて、聴いたことのない音楽だった。
前半のカベラーチとの連関?アンコールはスラヴ舞曲第10番、同国人ならではの絶妙の歌い回しは実にロマンティック。最高のデザートだった。
    mixiチェック

2014/9/13
小貫岩夫テノールリサイタル2014 男心の歌
@渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

シューベルト:連作歌曲集「美しき水車小屋の娘」
多忠亮:宵待草
小林秀雄:落葉松
ファルヴォ:彼女に告げて
カルディッロ:カタリ・カタリ

テノール:小貫岩夫
ピアノ:河原忠之


ピアノは河原忠之氏。男声歌手垂涎の名曲「美しき水車小屋の娘」を暗譜で歌われた。持ち前の伸びやかで輝かしい高音は一時間の長丁場でも衰えることなく、伴奏の範疇を越えた多彩な表現で魅せた河原氏と一体となり、若者の苦悩を描き出した。後半はリラックスした雰囲気でイタリア歌曲、日本歌曲のアラカルト。
 
    mixiチェック

2014/9/9
読売日本交響楽団 第540回定期演奏会
@サントリーホール
ハイドン:交響曲第9番
ブルックナー:交響曲第9番

管弦楽:読売日本交響楽団
指揮:下野竜也

9.9.9.9で揃えたプログラム。しかも両曲とも3楽章で終わる!(ブルックナーの方は不本意だろうが)才人下野さんらしい。
ハイドン9番はフォルテピアノを入れての演奏で、下野さんは指揮台も棒も使わず闊達な指揮。管楽器は美味しいソロが沢山あり、読響のソリスト陣の洗練された演奏が美しかった。休憩中のトイレはやはりブルックナー・トイレに!

10620786_846448538708031_1331731582877037098_n

 
後半のブル9は、細部の作り込みに下野さんの緻密な楽譜の読みが伺えた。第2楽章、トゥッティ(43小節~、画像参照)のボウイングは下げ弓、46小節~の下降は上げ弓で視覚的・音楽的にデモーニッシュで効果抜群。また42小節の二音は前打音的な扱いでユニーク(この箇所は↓↑で下げ弓に続いた)両端楽章は奇を衒わない(この曲では衒いようがないか・・・)堂々たる風格の音楽。読響もコンディションがよく、以前このコンビで聴いた4番や、Mr.Sとの9番などよりずっと余裕があって薫り高い音楽。指揮者とオケの両者が高い次元にあって初めて生まれる、余裕のある響き。金管のトゥッティの豊かな鳴りは国内オケでは読響が群を抜いて素晴らしい。N響もほぼ互角かもしれないが、ブル9のようにある程度野趣を以って轟くような曲では読響のサウンドの方が好ましいだろう。2ndTrpには都響の中山氏が客演、1stを食うような場面も。ホルンも安定していた。ただやはりこの曲の3楽章は古今の名曲の中でも一際扱いが難しいようで、下野さんも苦戦していたよう。また、ホルン群の最弱音には日本のオケの限界を感じた。とはいえホールにサウンドが充ちるまでたっぷりパウゼを取るなど、紛れもなく正統派のブルックナー指揮者。素晴らしい9番だった。
    mixiチェック

2014/9/8
東京都交響楽団 第774回定期演奏会Bシリーズ
@サントリーホール
 
マルティヌー:交響曲第4番
マルティヌー:カンタータ「花束」
 
ソプラノ:シュレイモバー金城由起子
メゾ・ソプラノ:マルケータ・ツクロヴァー
テノール:ペテル・ベルゲル
バス:アダム・プラヘトカ
合唱:新国立劇場合唱団(合唱指揮:冨岡恭平)
児童合唱:東京少年少女合唱隊(合唱指揮:長谷川久恵)
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:山本友重
指揮:ヤクブ・フルシャ

フルシャ/都響のオール・マルティヌー・プロ。前半、都響の機能性は全開で隙無し。精巧な機械細工を見るような合奏のクオリティには毎度ながら驚嘆だが、前回客演時のハルサイや、幻想の前プロだったマルティヌー6番に比べると流麗に過ぎるような。上手すぎて味気ない、なんていうのはあまりに贅沢な注文か。よりによってメカニックな要素が強烈な第2楽章で弦が切れるアクシデントにも動揺せず演奏を続けられたVnの方、お疲れ様でした。
後半の「花束」はカルミナ・ブラーナを嫌でも想起させる世俗的カンタータ。(ちなみにカルミナは36年完成、「花束」は37年とほぼ同時代に成立)素朴な民謡風の旋律が散りばめられ美しいが、そこはかとない哀しさが全曲に通底する。歌詞も時に陰鬱さを帯び、時代や地域を越え共通する人間の心情をあぶり出すよう。単なる民謡の「花束」に留まらぬ奥深い味わいがあった!母国語圏のソリストは皆さん見事で特に男声は空間を感じさせる豊かな歌、また新国の合唱団も流石の実力を見せつけた。特に牛飼いの呼び交わしの場面ではなだらかな草原地帯が眼前に出現、ドイツで目にした田園風景すら思い出して今日一番の感動ポイントとなった。聴き込みたい佳曲の貴重な実演に大感謝!!
    mixiチェック

2014/9/3
読売日本交響楽団 第10回読響メトロポリタン・シリーズ
@東京芸術劇場

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番
~ソリスト・アンコール~
ベートーヴェン:バガデル「エリーゼのために」
R.シュトラウス:アルプス交響曲

ピアノ:アリス=紗良・オット
管弦楽:読売日本交響楽団
コンサートマスター:萩原尚子(ゲスト:ケルン放送響コンマス
指揮:コルネリウス・マイスター 


前半のベートーヴェンの協奏曲、舞台上は目にも華やかに彩られた。TV出演も話題の人気美形ピアニスト、アリス=紗良・オットに加え、若手注目株(しかも爽やか系イケメン)のコルネリウス・マイスターが共演した。愛らしい曲を手の平の上で転がすように奏でてゆくアリス(幾分硬質なタッチではあったが)に対峙するオケはピリオド風味の効いた切れ味の良い響き。ティンパニもバロック仕様のようだった。中間楽章の深みは更に求められようが、両端楽章の溌剌とした活きのいい音作りが聴けただけで個人的には充分満たされた。アンコールの「エリーゼのために」もコロコロとしたタッチが曲に合い、シックな味わいを醸していた。
後半は大曲「アルプス交響曲」。単なる巨大交響詩ではない。ニーチェのアンチクライストの考えに影響されてロマン派最後の巨匠リヒャルト・シュトラウスが描いた自然讃歌。絶対音楽の観点からは眉を顰められるに違いない、描写音楽というジャンルに位置するにも拘らず、堂々と「交響曲」と掲げたシュトラウスの意気や如何に。若きC. マイスターは、自然描写の動機の数々を精密に再現していくというよりは全体としての曲の流れを重視してスケール感を出すことに重点を置いていたようだった。キューは多くないにしろ、やりたいことは分かる。各場面がデジタル的に瞬時に切り替わるのではなく、上空からゆったりと俯瞰するような滑らかな場面転換を実現しようとしていた。その路線にオケはしっかりと共感したのだろう、当夜の演奏で指揮者の方針は8割方成功していたといえる。では残りの2割は?一回きりの公演の宿命か、曲の中盤までは場面転換にぎこちなさが感じられるところもあった。しかし全体としてはマイスターのやりたいことは充分伝わってきた。彼の試みが概ね成功に終わったことは、終演後の楽員の指揮者への賛辞を見ても明らかだった。
この大曲において、読響は磐石の出来を示した。管楽器群の歌心とスタミナを両立したプレイ(特にホルン、バス・トロンボーンはこのオケならではの膨らみ!)もさることながら、弦楽器のうねりを伴う重厚な合奏はドイツ音楽にうってつけのものだった。また、打楽器陣の中ではティンパニ客演奏者の植松氏(N響)の歯切れよい強打に感銘を受けた。合奏力・指揮者への順応力の両面で、読響のレヴェルの高さをまざまざと見せ付けられた快演だった。
    mixiチェック

このページのトップヘ