たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

October 2014

2014/10/24
NHK交響楽団 第1791回定期公演 Cプログラム
@NHKホール

シューベルト:交響曲第7番「未完成」
シューベルト:交響曲第8番「グレイト」

管弦楽:NHK交響楽団
コンサートマスター:堀正文
指揮:ロジャー・ノリントン

今日は首都圏だけでも数え切れないほど多くのコンサートが行われて、お知り合いの皆さんは綺麗にバラけた形ですが(笑)、自分は会員券を持っているN響を聴いてまいりました。

ノリントン卿は率直に言って苦手で、Aプロのオール・ベートーヴェンはあまり楽しめなかった。演奏家の向き不向きを悟るのもコンサート通いの面白さではあるのだが、さあ今夜はいかに。

オケはいつものノリントン通り、コントラバスが最後方に一列に並び、その後ろには反響板が立てられた。なお、「グレイト」では予想通り倍管。

前半の「未完成」、木管による第1主題を支える弦楽のうちCbのPizz.に弾むようなアクセントが施され、しかもフレーズ内で緩やかにクレシェンドするので音楽全体に確かな推進力が生まれる。結果的に、躍動的というほどではないにせよ、かなり動きのある「未完成」であった。

そして後半「グレイト」の自在さは実演・録音合わせても接したことがないほどで、あたかも一人でピアノを弾いているかのよう。1楽章冒頭のホルンからして呼吸するような独特の表情、そのフレージングに合わせてオケもオイッチニと動く。このあたり、ヨーロッパのオケなら奏者同士顔を見合わせて微笑みながら柔らかく動くのだろうが、日本のN響はあくまでも生真面目にノリントンに付き合う。だから悪いというわけでは別にない(笑)
第2楽章は基調テンポが速い速い。重さは微塵もなく、軽やかなドイツ舞曲といった趣き。その速いテンポの中にそこはかとない哀しみが風のように感じられるのがまた良かった。スケルツォは比較的オーソドックス。
終楽章はしゃかりきとなってゴリゴリ弾くのではなく、弦の速いパッセージでもオケの響きがクリア。「ピュア・トーン」の効果か・・・?

果たして、当夜のシューベルト2本立ては予想より遥かに愉しみながら聴いておりました。ノリントン卿の茶目っ気ある音楽、ベートーヴェンよりはシューベルトの方に適性があるように思えます。

(追記) 

書き忘れてましたが・・・。
ノリントン卿、最後列のコントラバス8本を左右半分に分け、真ん中にはトロンボーン3本を配置しました。
現代の聴衆である我々は3管編成の作品に慣れていますから、トロンボーンが交響曲中に使われることに何ら違和感は感じません。ノリントンの意図は、これらの楽器を最も目立つ位置に配置することで、改めて『音楽史上初めてトロンボーンを1楽章から用いた』シューベルトの革新性を聴衆に印象付けるという所にあったのではないかと思います。啓蒙的な要素が強いかも。

2014/10/25
日本フィルハーモニー交響楽団 第664回東京定期演奏会

チャイコフスキー:弦楽セレナーデ
ショスタコーヴィチ:交響曲第4番

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:扇谷泰朋
指揮:アレクサンドル・ラザレフ


一筆書きにして緻密さをも併せ持つ弦セレに続き、ショスタコの大傑作・第4交響曲。只管誠実にスコアを音化するラザレフの一振りで、日フィルから凄烈な響きが轟く。チェレスタが空に消えた後、指揮者の腕は震え続けていた。今季ベストに食い込む名演で、
これまで聴いた日フィルの演奏会では、間違いなくダントツのベスト。内容が恐ろしく濃い。
2年前の超名演であったインバル/都響のタコ4とはあらゆるヴェクトルが異なっていた。個人的な嗜好はとりあえず置いといて、どちらが良いというものでも無い気がする。 

2014/10/21
東京フィルハーモニー交響楽団 第853回サントリー定期シリーズ
@サントリーホール

ショパン(プレトニョフ編曲):ピアノ協奏曲第1番
~ソリスト・アンコール~
ショパン:ノクターン「遺作」
スクリャービン:交響曲第1番

ピアノ:チョ・ソンジン
メゾ・ソプラノ:小山由美
テノール:福井敬
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:三浦章広
指揮:ミハイル・プレトニョフ

ヘンテコプロゆえ当然当日券出るものと思っていたが、予想外の完売・・・久々(中学生以来?)の「チケット譲ってください」作戦を実施することになりました。親切な方に招待券の余りを頂戴し無事入場。しかも無料で(!)
ショパンの第1協奏曲(プレトニョフ編)は管楽器のソロが増えたりピアノパートがオケになっていたりと、殆ど作曲の域。オケ、締めくくりのトゥッティでTrpが崩れたのは聴かせ所だっただけにあまりに惜しい。ソンジンのピアノは抒情的、ただアンコール含めかなりテンポを揺らす音楽作りで賛否別れるかも。
後半のスクリャービン1番は作曲家の初の交響曲、力作ではあるが若干冗長に感じた。プレトニョフは合唱・独唱が加わって芸術の力を賛美する終曲に力点を置いた音楽作り。終盤はかなり指揮に力がこもっていた。ロシア語の発音は分からないが、声楽陣は万全。特に新国立劇場合唱団は、それほど人数多くなかったが朗々と響いた。
貴重なスクリャービン1番の実演をプレトニョフの指揮で聴けたのは嬉しい。今年は3月にもラザレフ指揮で同作曲家のピアノ協奏曲、「プロメテウス」を聴いたし、スクリャービンにハマりつつあるかも。

2014/10/20
東京都交響楽団 第776回定期演奏会Bシリーズ
@サントリーホール

ヴォーン・ウィリアムズ:ノーフォーク狂詩曲第1番
ブリテン:ピアノ協奏曲(1945年改訂版)
~ソリスト・アンコール~
ドビュッシー:前奏曲集第2巻より 第10曲「カノープ」
ウォルトン:交響曲第2番

ピアノ:スティーヴン・オズボーン
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:山本友重
指揮:マーティン・ブラビンズ

久々に聴く都響。まず、サウンドの清明なこと!不純物ゼロの響きはRVWの爽やかで哀愁漂う曲調にピッタリ、只管に美しい。初聴きの曲だったが一目惚れ。続いて、ブリテンの才気溢れるピアノ協奏曲。高い機能性が求められる作品だが、ブラビンズ都響は完璧なリズム。同曲の録音も残すオズボーンも勿論自家薬籠、軽やかにして縦横無尽に駆け巡った。
休憩後、ウォルトンの遺作となった第2交響曲は、1番同様弦・管・打が休む間もなく複雑なリズムを奏する難曲。特に終楽章の粘っこさは1番と全く同じで、ブラスセクションは複雑なリズムを消化してヘロヘロの所で、ダメ押しのようにコーダで吹きまくらなきゃいけないので気の毒・・・されど都響ブラス隊はいつものように完璧な鳴りでした!これだけの難曲にも係らずハラハラせず、曲に没頭できたのは正に都響の高水準とブラビンズの狂いのないタクトゆえ。特に、戦争の影響を色濃く伝えるスネアドラムの西川さん(復帰おめでとうございます!)は本当に素晴らしい!正確無比。
ブラビンズ氏、今日初めて生で聴いた限りでは素晴らしい指揮者だと感じた。プログラミングの斬新さは名フィルでも重々知っていたが、派手なダンスには目も向けずスコアを着々と音化する手腕は正に熟達の指揮者。かといって無機的にはならず、各セクションから生まれる自然な歌を生かしていた。

きっと11/4のA定期も超名演ですよ。ブラビンズの堅実な職人芸と真面目な都響は相性抜群だと思われます。ノーフォーク2番日本初演、ディーリアスの魅惑的なVn協奏曲も聴けますし、イギリス音楽ファン以外も是非東京芸術劇場へ。

2014/10/19
NHK交響楽団 第1790回定期公演 Aプログラム

ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第1番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番
~ソリスト・アンコール~
ドビュッシー:前奏曲第2巻より 第12曲「花火」

ベートーヴェン:交響曲第7番

ピアノ:フランチェスコ・ピエモンテージ
管弦楽:NHK交響楽団
指揮:サー・ロジャー・ノリントン

いやー面白い演奏会だった。あらゆる表現がことごとく自分の好みとは違うんだもの(笑) 音楽に没頭するのはさっさと諦めて、醒めた耳(?)で分析的に聴いたら相当楽しめました。ピエモンテージのアンコールはドビュッシー。
解釈どうこうは置いといて、ノリントン卿の偏執狂的なテンポとフレージングにとことん付き合って高水準の演奏を達成したN響、やっぱり真面目で実力のあるオケなんだなぁと今更再確認。いつものN響よりはだいぶキズは多かったけど、あの水準は世界トップクラスのオケのそれだと思う。

このページのトップヘ