たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

November 2014

2014/11/28
読売日本交響楽団 第576回サントリーホール名曲シリーズ
@サントリーホール

モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲
シューマン:交響曲第3番「ライン」
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

管弦楽:読売日本交響楽団
コンサートマスター:長原幸太
指揮:シルヴァン・カンブルラン

カンブルラン/読響による変ホ長調プロを聴いた。
プログラムごとにガラリと装いを変えるのがこのコンビの個性であり魅力だが、昨夜もまた新たな一面を発見。美的嗅覚の鋭いカンブルランをシェフに迎えてから、読響が元来持つ重厚さ・機能性はそのままに、音色のパレットがぐんと豊かになったように思う。(おまけに彼は現代屈指のオペラ指揮者だ!)
前半「ライン」ではゲストHrの日橋さん(日本フィル)の大活躍に耳を奪われる。1stの彼が目立ちすぎてホルンセクションのバランスに疑問符が付いたのはご愛嬌として、吹き損じを恐れず野太く攻めまくるホルンは実に爽快だ。カンブルランの指揮はキビキビとして快活。
後半の「エロイカ」は前半よりずっと刺激的!我が国随一のアンサンブルを誇る読響が、あれほどしゃかりきになって弾く姿を拝める機会はそう多くない。
とにかく圧倒的に速いテンポ。第1楽章で繰り返しを行ったにもかかわらず全体は45分を切っていた。この速さで普通に演奏するだけでも大変なのに、カンブルランは新鮮味ある楽器の重ね方を随所で実践しようとしていた。流石に4楽章などでは木管群を中心に疲弊が見られたし、全体的にアンサンブルにはこのオケらしからぬ瑕が多かった。だが「現代音楽を日常的に取り上げる指揮者が、敢えて現代オケでベートーヴェンを演奏する意義」を体現したような鮮烈な演奏には瑕のないパフォーマンス以上の価値があったと思う。メッツマッハーが演奏するベートーヴェンにも若干通ずるものがあるかもしれないが、彼が根本ではドイツの流儀を尊重しているのに対し、カンブルランのベートーヴェンはもっとクリエイティヴで現代オケの限界に挑むようなスリリングさがある。21世紀のクラシック音楽は、まだまだ死なない。

2014/11/27
群馬交響楽団 東京オペラシティ公演
@東京オペラシティ・コンサートホール

ディーリアス:歌劇「村のロメオとジュリエット」より 楽園への道
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
エルガー:交響曲第1番

ヴァイオリン:竹澤恭子
管弦楽:群馬交響楽団
指揮:大友直人

群馬交響楽団を初めて聴いた。直前の群馬における定期で取り上げられた「ロマンティック」の評判がかなり好かったので(指揮はアルミンク)、この東京公演にも期待していたが、聞きしに勝る素晴らしさだった。
ディーリアス、ブルッフ、エルガーと濃厚なプログラムだが、どの曲もとても丁寧に作りこまれていた。ディーリアスはこの作曲家らしい美しい曲だったが、途中美しすぎて本当に楽園に連れて行かれた場面も・・・(笑)
続いてのブルッフ、いまやヴェテランの風格を纏った竹澤恭子との共演。かなりアクが強く、個性的なヴィブラートをかける彼女の貫禄にオケも負けじと対抗する。ノーブルでおしとやかなイメージの大友さんはかなり気合の入った指揮、オケもシンフォニックに応えていた。特に第2楽章、アルプス交響曲の旋律がはっきりと出現する瞬間の鳴りは相当なもので、Hrセクションの豪快さは本当にアルペンを想起させるほど。3楽章も力強くソロとオケが掛け合った。
エルガーではいよいよ英国物を得意とする大友さんの本領発揮、いつになく自信に満ち力強い指揮でオケを強力に統率していた。冒頭のティンパニと低弦に続くVaセクションの主題提示から雰囲気は落日の大英帝国への哀歌。オケは先述したHrをはじめとして金管が最後まで豪快に吹きまくり、弦・打楽器も渾身の演奏。重厚に格調高く全曲を仕上げる、というよりは渾身の力演という様相だったが、この曲の初生を充実した演奏で飾れて幸せだった。
群響、想像以上に巧かった。木管セクションがやや頼りないが、総じてアンサンブルは充実していて、これからもっと聴きたいと思わせてくれた。大友さんの個性とも合っているように思う。幸い比較的東京公演は頻繁に行っているようなので、また実演に接したいと思う。

2014/11/24
読売日本交響楽団 第171回東京芸術劇場マチネーシリーズ
@東京芸術劇場

エルガー:チェロ協奏曲
~ソリスト・アンコール~
ヘンデル:ブーレ
エルガー:交響曲第3番(ペイン補筆完成版)

チェロ:宮田大
管弦楽:読売日本交響楽団
コンサートマスター:小森谷巧
指揮:尾高忠明

エルガー演奏の第一人者、尾高さんの振るオール・エルガー・プロを聴いた。Vc協奏曲は定番だが、交響曲の方は未完の3番というのがニクい。予習しようとしても音盤が見つからなかった。要するにまだ市民権を得ていないのだろう。
前半のチェロ協奏曲、若手のホープ宮田大はこれで2回目の実演。1度目はインバル/都響をバックにしたロココ変奏曲で、文化会館の5階まで楽々と美音が届いてきて感銘を受けたのを覚えている。(そして後半はあのタコ4だった・・・)あの時から早2年、その音色は骨太さを幾分増したように思えた。古くはデュ・プレ、最近ではワイラースタイン(来年2月にP.ヤルヴィ/N響と同曲を演奏する!)といった女傑と比べるとストレートな表現。説得力も味もあるのだが、第1印象としてこの曲にはやや若すぎるような感も。手に深々と皺が刻まれた老人が切々と半生を語るような「苦さ」が出てくるのはもう少し先なのだろう。若く才能あるチェリストによる、充分満足行く名演。オケの感情の振れ幅は適度にコントロールされ、この曲の伴奏のお手本のよう。さすがはマエストロ尾高。
後半はペイン補筆の遺作・交響曲第3番。作曲家の遺作をどう世に出すかという試みはそれなりに活発で、有名どころはモーツァルトのレクイエム、ベートーヴェンの10番、シューベルト/ベリオの「レンダリング」、ブルックナーの9番、マーラーの10番、そしてこのエルガーの3番といったところだろうか。モーツァルト、ブルックナー、マーラーあたりは残されたスケッチが多く、補筆完成版の説得力はかなりのものがある。ただエルガーの場合どうだろう。予習ゼロで接したためプログラム・ノートの情報に頼っているのだが、どうやら残されたスケッチの量は相当に貧相なようだ。第4楽章に至っては冒頭以外ほとんど素材が残っていないらしい。
では「ペインはエルガーの遺作をめちゃくちゃにいじり倒している、けしからん!」と思ったのかというと、そうでもなかったのだ。否、それどころか個人的には彼の仕事は素晴らしいものだと評価したい。自分は、エルガーの残されたスケッチと彼の作曲部分に一切の溝を感じなかった。作曲家の他作品からの引用も功を奏しているのだろうが、あたかもエルガーのラストメッセージのように全曲が構成されていた。マーラー10番を可能な限りオリジナルに近い形で補筆したデリック・クックと並び、アンソニー・ペインの仕事はもっと評価されてしかるべきだと思う。
勿論こう思わせられたのは演奏の佳さに因るところも大きい。全プロノン・タクトで表情豊かに振ったマエストロ尾高は、まさに作曲家の使徒というべき圧倒的統率力だったし、読響の分厚く、それでいて機動力に富んだパフォーマンスもエルガーに最適。企画・演奏ともに大変充実したマチネー公演だった。

2014/11/15
東京都交響楽団 「作曲家の肖像」シリーズ Vol.99 《モーツァルト》
@東京芸術劇場

モーツァルト:歌劇「皇帝ティートの慈悲」序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番
〜ソリスト・アンコール〜
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第18番 K. 576 より 第2楽章
モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」

管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:山本友重
ピアノ、指揮:ロバート・レヴィン

ノリントン/N響との共演でも茶目っ気を振りまいたレヴィン博士、今回の都響客演では弾き振り、即興演奏、指揮に加えて舞台転換中のトークまで一人でこなす縦横無尽ぶり。トークではモーツァルトの時代の演奏スタイル、協奏曲での即興の取り入れ、ホグウッドへの言葉などが語られた。
全編を通じ、清楚系ではなくイタズラ坊主のモーツァルト。協奏曲では疾風の如き速いテンポで、3楽章はオケのアンサンブルが大変そうだった。アンコールのソナタではレヴィンの粒立ちのくっきりしたサウンドが心地よい。
後半の「プラハ」もレヴィンのやりたい放題。まず指揮姿が面白い。専任の指揮者ではないからこその大胆さかもしれないが、がに股で指揮台に立ったかと思えば、ボクシングのように拳をぐいと突き出し、お尻をフリフリしてビートを刻む。両端楽章の終結はジャンプの着地音とともに(笑)
演奏も独特の世界であり、まるでマーラーの交響曲のように各声部の交錯や木管のアクセントをあちらこちらで強調し、モーツァルトの前衛性を暴いていった。ピリオド奏法ではないのに、これまでに聴き慣れていた名曲「プラハ」が、今ステージ上で新たに生を授かったかのよう!
都響は大胆なアプローチにも果敢に食いつき、なおかつアンサンブルはいつもと同じく極上。この安定感、素晴らしい。そして8型とは思えぬ豊かな鳴り(ちなみに1stVn-Va-Vc-2ndVnの対向配置で、Cbは上手)で芸劇の広大な空間を充分に満たす。
ホグウッド/都響のモーツァルトが叶わなくなったのは辛いが、レヴィンの多彩な音楽性を都響で味わいたくなった。彼は驚嘆すべき才人でありながら、その知性をひけらかす嫌らしさが微塵もない、チャーミングなキャラクターの持ち主なのである。

2014/11/15
NHK交響楽団 第1793回定期公演 Aプログラム
@NHKホール

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
~ソリスト・アンコール~
J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より サラバンド
ブラームス:交響曲第1番

ヴァイオリン:セルゲイ・ハチャトゥリアン
管弦楽:NHK交響楽団
コンサートマスター:篠崎史紀
指揮:サー・ネヴィル・マリナー

都響終演後は歌合戦ホールに移動してN響定期へ。

スラットキンが体調不良で降板、なんと90歳のマリナー卿が代役で登場。曲目はもともと「ダフニスとクロエ」第2組曲でしたので、神奈川フィルとこの公演で「ダフニスハシゴ」をしようと思った方は残念でしたね。(あんまりいないかw)
ベートーヴェンではハチャトゥリアンのソロが自由自在。古典的な均整美にはそっぽを向いた彼の耽美的な音世界に、聴衆はずるずると引き込まれていく。14型のオケは音量・テンポの調整に結構苦労したのではないか。マリナー卿は懇切丁寧に合わせていたが・・・。
後半のブラームスは16型で、力まずストレートな開始。特に主旋律を聴かせることに注力するでもなく、ポリフォニックな音楽の魅力をそのまま味わわせるような音楽作り。一言で言えば、渋い。
ずっとこんな感じで終わるのかな?と思っていたら2楽章でOb青山さんが嫋やかなソロを聴かせたあたりから高揚し、楽章を追うにつれどんどん白熱!特に煽ったりすることはなく、中庸の美を保ち続けているのだが、そのままサウンドの重心だけがぐんぐんと下がっていって、終楽章は圧巻!大地に根を下ろしたようなどっしりとしたテンポで突入したコーダは、その威厳にひれ伏すしかない。「レパートリーが鬼のように広く、平均点が高い人」という勝手なイメージを抱いていたマリナー卿でしたが、渋く燃えるマエストロでした。オケ、客席はブロムシュテット客演時のようなフィーバーぶり。個人的には合奏のクオリティ・テンポ・音色の全ての点で理想的なブラ1でした。

2014/11/14
日本フィルハーモニー交響楽団 第665回東京定期演奏会
@サントリーホール

シベリウス:交響詩「大洋の女神」
マーラー:交響曲第7番「夜の歌」

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:西本幸弘(仙台フィル)
指揮:ピエタリ・インキネン

シベリウスの交響詩とマーラーの交響曲を組み合わせたシリーズで、今回は「大洋の女神」と第7番「夜の歌」。(かなり長いプログラム!)
シベリウスは抒情的な弦の響きが素晴らしく、スケール大きな演奏となった。寒々とした波が押し寄せるような息の長いクレッシェンドなど、この冷え込んだ時期に聴くといっそう沁みる名曲だ。なお、奇しくも(確信犯のプログラミングか?)終結音はマーラーの冒頭と同じくD音。
続く「夜の歌」、インキネンは曲の大枠を整えて後はオケに委ねるスタンスだったよう。とはいえ締めるとこは締める、その匙加減の絶妙さが7番に合う。(インバルは締めすぎ)細部の造形を委ねられたオケも「それならこう弾かせてもらう!」と言わんばかりの輝かしいプレイ。特に管楽器の充実は著しく、歌心と小回りのよさを両立したサウンドが実に魅力的。金管はTrpが若干惜しかったが、日橋さんを擁するHrは今や在京オケ最強の野太さかも。藤原さんのTrbも相変わらず素晴らしい。「夜曲」と題された楽章でのObほかの木管も甘美だった。一方、弦楽は目まぐるしく変化する楽想の変化に対応するのに必死で、マッスのサウンドの薄さが目立った感も・・・。管・打楽器が盛大に鳴らすので、バランス的にやや弱い。特に終楽章では、それまでの楽章に比べてインキネンが吹っ切れたような大胆さでテンポを揺らしたので顕著だった。ただ明日は幾分か改善されるのでは。
総合的には非常に素晴らしかった!

2014/11/13
東京フィルハーモニー交響楽団 第89回東京オペラシティ定期シリーズ 
@東京オペラシティ・コンサートホール

ハイドン:交響曲第6番「朝」
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:荒井英治
指揮:佐渡裕

ハイドンの「朝」は小編成を活かした爽やかな演奏。オケの自発的なアンサンブルに任せた感じ。後半の「ロマンティック」は予想通り(!?)微塵のロマンも感じられない力技で、とても好意的に解釈すれば・・・剛毅な解釈。
ffは団子状、ppは薄味。全ての場面において繊細さが欠けていた。トゥッティから静寂への移行は急ブレーキのように唐突、淡い色彩の変化を愉しむ2楽章は完全に単色で、清涼飲料水のように口当たりは良いが後に何の余韻も残らない。オケのパワーが波状攻撃のように炸裂するその他の楽章はまだ聴けたが、パート間のバランスは滅茶苦茶。
オケの瑕も少なくなかったものの、ホルンをはじめとするソロ群やトゥッティを引き締めるティンパニではなかなか良かった。ただ、(恐らくは指揮者の指示だろうが)旋律が有機的に繋がらずブチブチと細切れなので、「ブルックナーを聴いている」という実感はまるでなし。ホールトーンを活かしてパウゼを作ることも全くせず、只管前進あるのみ。最強奏で思う存分弾ける分オケにとっては快感だっただろう。(事実、カーテンコールでは指揮者を精力的に讃えていた)
この爆演を聴きながら真っ先に頭に浮かんだのはショルティ/シカゴ響の同曲だが、彼らの方がはるかに全体の構成感に富んでいる分、ショルティに失礼だったかもしれない。

201411/8
新日本フィルハーモニー交響楽団 第533回定期演奏会
@すみだトリフォニーホール

ブルックナー:交響曲第5番(ノヴァーク版)

管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:崔文洙
指揮:ダニエル・ハーディング

一日目のTLの評が賛否両論だったので興味津々で聴いた。結果から言えば、悪い演奏ではなく良い部類かと思う。テンポの伸縮は激しく、Pizz.の強調や独特な楽器バランスを取ることも辞さないあたり、ブルというよりはマーラーの様式か。オケへのハーディングの要求はかなり多かっただろう。だが、彼の解釈は曲の様式からはやや離れているように思えた。(何が言いたいかというと、ハーディングが超一流オケでやりたいことをやり尽くしてブル5を演奏しても、恐らく自分が感じた違和感はあまり解消されないだろうということ)
そして昨日散々叩かれていた新日本フィルだが、TrpとTrbはとりあえず安定、ブルックナーらしい朗々とした響き、他セクションも水準以上。だがHrは一体どうしたのだろう?以前からこのオケのHrは少々問題ありだが、トゥッティのサウンドはプアだし、煽る指揮について行けずごっそり遅れるのはまずい。オケ全体で一番気になったのはトゥッティのサウンドがベチャーと潰れて激しく混濁すること。終楽章のコーダもかなりの音量で鳴っていたが、各セクションがてんでバラバラに大音量で演奏しているように聴こえた。在京オケの上位クラスが標準装備としている「響きのクリアさ」の獲得がNJPには急務のよう。
ハーディングが煽って鳴らしても、ブラヴォーも殆どなく、拍手もそこそこの熱しかないというのはやや残酷だったと思うが、それが聴衆の本音ではないかな。カーテンコールでの楽員さんに笑みが少ないのも痛々しい。

2014/11/8
東京バレエ団-モーリス・ベジャール・バレエ団共同制作
東京バレエ団創立50周年記念シリーズ第7弾
モーリス・ベジャール振付 ベートーヴェン「第九交響曲」- 初演50周年 - 
@NHKホール

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」(振付:モーリス・ベジャール)

東京バレエ団、モーリス・ベジャール・バレエ団
ソプラノ:クリスティン・ルイス
アルト:藤村実穂子
テノール:福井敬
バス:アレクサンダー・ヴィノグラードフ
合唱:栗友会合唱団(合唱指揮:栗山文昭)
管弦楽:イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ズービン・メータ

「祝祭」以上の価値を持った公演だったように思う。バレエダンサーは巨大な魔方陣のような舞台上で踊りを繰り広げ、オーケストラはその後方に設置された雛壇にて演奏、独唱は指揮者の、合唱はオケの両脇に配置。これだけの大規模な演者が一斉に「第9」を演じるのは凄い。バレエは門外漢だが、純器楽による1~3楽章では幾何学的な動きが次々と立ち現れ、舞台上の情報量の多さに目が回ってしまった。声楽が付く4楽章になると更に情報量自体は増えるのだが、シラーの言葉とダンサーの動きが合致し、音楽が可視化されるような新鮮な体験にぐっと引き込まれる。メータ/イスラエル・フィルは舞台後方にぐっと追いやられたため音響的にかなりのハンディはあっただろう。(実際自分がいた3階席後方ではモノラル録音のように聴こえた)しかし弦のシルキーな響きは悪条件を以てしても魅力的、メータの音楽作りも低重心で堂々たる素晴らしさ。独唱陣も粒ぞろいで、ソロ・重唱ともに安定した歌唱を聴かせてくれた。特にBsのヴィノグラードフのレチタティーヴォは素晴らしかった!それに比べると栗友会の合唱はやや粗さが目立ったかも。メータは大きくはっきりと振っていたが、それでもフレーズの切れ目がバラけたり。
楽章ごとにダンサーに対しての拍手があったりと、新鮮な体験だった。バレエももっと観たい。

2014/11/4
東京都交響楽団 第777回定期演奏会Aシリーズ
@東京芸術劇場

ヴォーン・ウィリアムズ:ノーフォーク狂詩曲第2番(ホッガー補完版)(日本初演)
ディーリアス:ヴァイオリン協奏曲
~ソリスト・アンコール~
プラキディス:ヴァイオリン独奏のための2つのきりぎりすの踊り
ウォルトン:交響曲第1番

ヴァイオリン:クロエ・ハンスリップ
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:四方恭子
指揮:マーティン・ブラビンズ

前半の渋い選曲は、秋から冬への移ろいを感じる今にピッタリ。朴訥さを醸しつつ小気味よく仕上げたRVW(英国外初演を実現させた都響に拍手!)、Vnソロとオケが陰影深く溶け合うたゆたうようなディーリアス、いずれも絶品。ブラビンズにより都響の繊細さが活きる。
後半のウォルトンは一転、ブラビンズの指揮も堅実ながら力がこもり、都響もそのパワーを存分に発揮。どのセクションも卓越したリズム感が求められる難曲だが、がっしりと歯車が噛み合ったように寸分の隙もないアンサンブルで聴くウォルトンの傑作交響曲、悪かろうはずがない。文句無しの名演!個人的には今季の都響ベスト10に間違いなく入ると思います。

このページのトップヘ