たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

January 2015

2015/1/30
モルゴーア・クァルテット 第41回定期演奏会
@東京文化会館 小ホール

ハイドン:弦楽四重奏曲第81番
ヴェーベルン:弦楽四重奏曲
シューベルト:弦楽四重奏曲第15番
~アンコール~
シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」 第2楽章より

モルゴーア・クァルテット
(ヴァイオリン:荒井英治、戸澤哲夫 ヴィオラ:小野富士 チェロ:藤森亮一)

F.J.ハイドン、ヴェーベルン、シューベルトの最後の弦楽四重奏曲を並べたプログラムで、しかもアンコールの死と乙女を含めてト長調縛りでもある。
それにしても、至近距離で聴くモルゴーアのサウンドは強烈だ。プログレでのワイルドさこそ影を潜めていたが、トゥッティの気迫溢れる合奏には目も耳も釘付けになる。予想していたとおり、オーセンティックなレパートリーでも総じて辛口で引き締まった演奏。
正直に言ってハイドンとヴェーベルンは全く馴染みがなく、シューベルトの15番が聴きたいがために買ったチケットだったが、果たして感銘度が大きかったのもこの曲だった。ほぼ同時期に作曲された「グレイト」とも共通する要素がある大規模な作品で、スケルツォはかなり似通った雰囲気がある。何ともいえぬ陰鬱さが漂い、後期ロマン派すら予見させる天才の作だ。モルゴーアのシリアスなサウンドともピッタリ合致し、緩徐楽章でも緊張の糸がピンと張り詰めていて聴く方は気が抜けない。合奏精度が「モルゴーアにしては」意外と高くなかったのは、多忙な4人ゆえに合わせが充分出来なかったのか。また1stVnの荒井さんがいつになくピッチが安定せず、一体どうしたのかと思ってしまった。体調が万全ではない?アンコールの死と乙女では柔らかな合奏が復活していた。
前半の2曲については殆どコメントできない。ハイドンは半分意識が飛んでいたし・・・。ただヴェーベルンのSQ、彼の作品の中ではかなり難解な部類の作品ではないか。

ところで、至近距離でこの団体を聴いて思ったのだが、中低音を豊かに支えるVaとVcの重要性は勿論として、高音域と中低音域をクッションする2ndVnの役割の弦楽四重奏における重要性を痛いほど認識した。2ndVnは普段下支えに徹しているのだが、一瞬前面に躍り出た時に実に美しいソロが与えられていたりするのだ。モルゴーアの戸澤さんは気迫こそ荒井さんには負けるけれども、擦弦楽器とは思えぬほど繊細で柔らかな美音の持ち主で、今日一番鳥肌が立ったのはD.887での彼のちょっとしたソロだった。

2015/1/29
新日本フィルハーモニー交響楽団 第534回定期演奏会
@サントリーホール

武満徹:地平線のドーリア

吉松隆:トロンボーン協奏曲「オリオン・マシーン」
~ソリスト・アンコール~
モーツァルト:レクイエムより Tuba mirum
リゲティ:ロンターノ
クセナキス:ノモス・ガンマ 

トロンボーン:山本浩一郎
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:西江辰郎
指揮:井上道義


ミッキーこと井上道義「完全復活」を印象付けた、最高にエキサイティングなライヴだった。まだ喉は万全でなくガラガラ声なのに、「喋らない訳には!」とばかりに盛んにお喋り。特に今回は4曲とも編成がバラバラで舞台転換がかなりあったので、曲間トークでたっぷりとミッキーワールドが展開。昔NJPとノモス・ガンマを取り上げた時の公演パンフや当時の自らの写真を拡大コピーして持ってきて「髪がない今の自分の方が好きだ!」とか、「一階はS席だけど恩恵がないから(R/Lブロックと)代わってもらえば?」など、抱腹絶倒のトークは尽きない。特に今回のプログラムはご本人も興奮気味だったのではないだろうか。
演奏自体も素晴らしい。武満徹「地平線のドーリア」はノン・ヴィブラートの弦の音色が笙そのもの、エコーを表す第2グループのオケをかなりステージ後方においたことで空間的な広がりが生まれ、あたかも時間が無限化してゆっくりと流れるよう。この不思議な浮遊感が日本的なのだろうか。吉松隆の「オリオン・マシーン」は山本さんの超絶技巧が冴え渡る!歌声のように自在で、楽器であることすら忘れかけるほど。小編成のオーケストラが演奏している時、山本さんは歌ったり体をゆすったり、かなり演奏に参加。アンコールはないだろう、と思ったがまさかのモツレクのTuba mirum。さらさらっと思いつきで吹いたのだろうに、巧いのなんの。
演奏とは関係ないが、「オリオン・マシーン」初演者の箱山さんが退団し、ソリスト降板となったことはかえすがえすも残念。箱山さんありきで組まれたようなプログラムだろうに。

10958030_927410320611852_676583306701954200_o


休憩後のリゲティ「ロンターノ」は明晰であることを完全に拒否した音楽で、ゆっくりと繊細に色彩が変化していくのが印象的。「絵画を観るよう」とミッキーが語っていたが、まさにその通りの印象。そして、最後のクセナキス「ノモス・ガンマ」で脳天を完全に打ち抜かれた。まずは添付の衝撃的なリハーサル写真を観ていただきたいが、98人の奏者が指揮者を中心に円形に並び、阿鼻叫喚の大絶叫を20分間繰り広げる。凄絶なカオスの中に戦車のキャタピラ音、機銃掃射、民衆の叫び声、迸る鮮血が息つく間もなく現れては消えてゆく。突如として現れる弦のピツィカートですら慰めには聴こえず、戦没者の呻き・嘆きのようで不気味だ。不謹慎ながら、戦争経験者でPTSDになった方は脳内にこんな音塊が昼夜響いていて、精神を病んでしまうのではないか・・・と想像した。
道義さんの渾身の指揮のもと、新日フィルはいつになくキレッキレの見事な演奏を立て続けに披露した。アルミンク時代で蓄積された現代モノのDNAが蘇りかけたのか?このまま行けば、恐らく今シーズンの新日フィルで最も印象に残った公演はこれになるだろう。「ノモス・ガンマ」での道義さん、台ごとグルグルと回りまくって阿修羅のごとく指揮し、とても癌に侵されていた人とは思えない。表現者の凄さだ。

2015年1月29日の日本で偶然「ノモス・ガンマ」が演奏されたことはアイロニカルであり、また悲劇的なことでもある。1月は都響B定期、そして今日の新日フィルと、戦争に関連のある優れた現代音楽を聴いたが、心ある音楽家もきっと今の日本の現状を憂い、音楽という彼らの言語でメッセージを発信しているのだろう。

2015/1/28
新国立劇場 リヒャルト・ワーグナー「さまよえるオランダ人」
@新国立劇場

ヴァーグナー:歌劇「さまよえるオランダ人」(全3幕/ドイツ語上演/字幕付)

演出:マティアス・フォン・シュテークマン
オランダ人:トーマス・ヨハネス・マイヤー
ダーラント:ラファウ・シヴェク
ゼンタ:リカルダ・メルベート
エリック:ダニエル・キルヒ
マリー:竹本節子
舵手:望月哲也
合唱:新国立劇場合唱団(合唱指揮:三澤洋史)
管弦楽:東京交響楽団
指揮:飯守泰次郎

10945045_927399417279609_7546596909034137952_n
 

単刀直入に、演出があまりよくない。正確に言うと、部分的に惹かれる部分はあったのだが、力を入れていない場面との落差が大きすぎて全体的な印象がよくない。近頃の欧州の歌劇場のようにやたらめったら脱がせてエロシーンをぶち込むのも頂けないが、音楽を邪魔しない程度に舞台上に主張を持たせて緊張感を維持してもらわなければ困る。オペラは美術と音楽の融合による総合芸術なのだから、一方がダメダメでは魅力が減衰してしまうのだ。(ちなみに、来シーズンの「ローエングリン」もシュテークマン演出で再演である・・・)

第2幕の後半、オランダ人とゼンタが初めて出会って距離を縮めていく過程が特に酷かった。それぞれ舞台の両端に立ち、ただ前を向いて歌い交わしているだけ。二重唱が終わってやっと近づいて抱擁するのだが、あまりに学芸会的でお粗末だと思う。全体的に動きに乏しい舞台だし、いざ水夫を第3幕で大きく動かしたかと思えば三角形に並んで歌に合わせて両手を上げていくという、観ていて恥ずかしくなってしまうようなダサさ。ミュージカルならいざ知らず。
良かった点も少し。この演出が舞台にかけられるのも3度目なので議論は尽きている感があるが、幕切れでゼンタが海に沈みオランダ人が一人スポットライトで残り力尽きるという読み替えはやはりポイントだ。(音楽は救済の動機「あり」のヴァージョンなのでチグハグな感もあるが)その他に、第2幕の紡ぎ場が船首の形を模してあり、先端にはゼンタと彼女の紡ぎ車が置いてある。この紡ぎ車が舵とほぼ同じ形をしており、終幕でゼンタがオランダ船とともに没することを暗示している。(ややフラットなので見辛いが、写真参照)
ひびのこずえさんの衣装は愛らしくて好感を持ったが、激情的なオペラの衣装としては少しほのぼのとしすぎていたかも。ゼンタが赤いマント(?)を翻しながら歌う場面はドラえもんかスーパーマンにしか見えなかったし、水夫の服もややコミカライズされていた。ダーラントはシックにまとまっていて良かった。

演奏は、陳腐な演出を補ってあまりある素晴らしさを示した。このオペラでは何といっても合唱が充実していないと話にならないが、そこは世界に冠たる新国立劇場合唱団。特に男声は第一声から全音域ムラがなく重厚で、アンサンブルは全くブレないが海の男らしい威勢の良さを完璧に演じきっていた。第3幕の祝祭的な合唱・オランダ船の合唱との掛け合いは音量的な頂点で、広大なオペラパレスを揺るがさんばかりの強靭な歌声。歌手陣はこれだけのメンバーを揃えれば悪かろうはずがないが、特にゼンタのメルベートはこれぞヴァーグナー歌手!という力強さ。少女らしい可憐さはハッキリ言って微塵もないが、一心にオランダ人の伝説を信仰する強い女性としてのゼンタか。ヨハネス・マイヤーのオランダ人は苦しげな表情で、 Verloren! Ach, verloren! Ewig verlor'nes Heil!(ああ、救済は永遠に失われた!)以降の緊迫した追い込みがゼンタ共々凄まじい。日本人歌手では乳母マリー役の竹本さんの深々とした美声が印象的だった。そして、飯守さん指揮の東響である!前回東フィルとの「パルジファル」があまりにも素晴らしく、今回も最大限に期待していったが、東響らしく細部まで抜かりなく仕上げられたアンサンブル。ほんの一瞬現れるオーボエのソロは荒さんで、実にはかなく美しい。第1幕ではやや弦と管のバランスが悪く(弦が弱い)、おやと思ったが幕を追うごとに順調に修正。第2幕と3幕を繋ぐ水夫の合唱の管弦楽のみの部分では、床が持ち上がるのではというような巨大なスケールの音響が出現した。カーテンコールでは飯守さんに盛大なブラヴォーが送られたが(自分もちゃっかり)、ピットの東響の皆さんの幸せそうな達成感に満ちた表情もまた印象的だった。オランダ人とこうもりが交互に上演で、相当体力的にはキツイはずなのに素晴らしい演奏を続けてくれる東響なしには成功はなかっただろう。

2015/1/25
藤原歌劇団創立80周年 2015都民芸術フェスティバル参加公演
ヴェルディ作曲オペラ3幕<字幕付き原語上演>ファルスタッフ
@東京文化会館

ヴェルディ:歌劇「ファルスタッフ」(全3幕)

演出:粟國淳
ファルスタッフ:折江忠道
フォード:森口賢二
フェントン:中井亮一
アリーチェ:佐藤亜希子
ナンネッタ:清水理恵
クイックリー夫人:牧野真由美
メグ・ページ夫人:日向由子
カイウス:所谷直生
バルドルフォ:曽我雄一
ピストーラ:小田桐貴樹
合唱:藤原歌劇団合唱部
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
指揮:アルベルト・ゼッダ

シェイクスピアの喜劇を題材にとったヴェルディ最後のオペラ作品。ロッシーニの権威で、昨年の東フィル定期への客演で大いに感銘を受けたアルベルト・ゼッダ翁(御年87歳!)がヴェルディを振るとあって興味津々で観に行った。

膨大な台詞が文字通りひっきりなしに繰り出され、登場人物同士の丁々発止のやりとりが続くこの作品は、ヴェルディ歌いにとっての最難関だという。確かに、声楽的に破綻なくアンサンブルを成立させながら、細やかな演技を交え、なおかつシェイクスピアのエッセンスも含ませるのは熟達の名歌手にとっても至難の業だろう。その点、今回の歌唱陣は健闘していたと言ってよいのではないだろうか。特にタイトル役の折江忠道さんが群を抜いて素晴らしく、彼の存在感が舞台のグレードをどれだけ高めたか分からない。
粟國淳の演出はオーソドックスの極みで、やや守りすぎな印象も受けたが、人物同士の小芝居の細やかさに拘りが感じられた。ファルスタッフと名を偽ったフォードが絡む場面(第2幕)などをはじめ、日本の公演にしては珍しいくらい頻繁に笑いが起きていたのはひとえに演劇的で分かりやすい演出によるものだろう。
だが今回最大の功労者はゼッダ/東フィルの引き締まった快活な音楽だろう。日本におけるオペラ上演では未だにオーケストラが軽視されている気がしてならないのだが、ゼッダの信じ難いほどの闊達な指揮は上演自体に前進するエネルギーを与え、歌手のアンサンブルをもしっかりとサポートしていた。ピットに入った東フィルはいつだかの「ファウストの劫罰」(指揮:プラッソン)の時とは比べ物にならない豪快な鳴りで、アンサンブルも十全、トランペットのまっすぐな響きはイタリアのオケを髣髴とされたほど。素晴らしい演奏だった。

藤原歌劇団創立80周年の記念シーズンもこの公演を以って終了。来シーズンには今回のゼッダ翁を再び迎えて貴重な「ランスの旅」を取り上げるし、佐藤正浩氏指揮の「仮面舞踏会」というワグネリアン垂涎の(笑)公演もある。楽しみ。

2015/1/24
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 第305回定期演奏会
@横浜みなとみらいホール

コルンゴルト:組曲「シュトラウシアーナ」
R.シュトラウス:4つの最後の歌
ブルックナー:交響曲第9番(ノヴァーク版)

ソプラノ:チーデム・ソヤルスラン
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
コンサートマスター:石田泰尚
指揮:サッシャ・ゲッツェル

ゲッツェル月間の集大成となる充実のプログラム。ブル9がメインで「4つの最後の歌」を置けば普通はプログラムは終わるが、シュトラウシアーナを置いてしまう神奈フィルは凄い。毎回2時間超えで演奏内容も素晴らしいのだから・・・。ちなみに、3つとも作曲家の最晩年の作。
それにしても、シュトラウシアーナは前座にしては贅沢すぎる選曲だ!甘い甘いウィーン菓子そのもののサウンドに引き込まれる。滑らかなフレージング、絶妙なテンポの伸縮はまさにウィーン人ゲッツェルの真骨頂。完全にリラックスしつつもオーケストラを見ている。ポルカでのシャンパンの泡が弾けるような響きも素晴らしい。
続く「4つの最後の歌」には個人的偏愛があるので、冒頭数小節を聴いただけで条件反射的に泣けてきてしまうのだが、それを差し引いても今日の演奏は温かく、いつまでも印象に残るであろうものだった。重層的で陰りのある弦の響きが全曲を支配し、ホルンや木管のふくよかなソロもあまりに耽美的。シュトラウス最晩年の黄昏の心象風景を確かに体感し、涙が止まらなかった。。ソプラノのソヤルスランはトルコでポストを持つゲッツェルの秘蔵っ子だろうが、唖然とするような美貌とスタイルの持ち主で、カーテンコールの所作を含めてあたかも19世紀から抜け出てきたような雰囲気がある名花。(ロビーで終演後見たときは今風のオネーチャンでしたがww)その声は無理がなく上昇音型も伸びやかで、ソプラノにしては低音域に凄みがあったのが印象的。彼女のドイツ語も美しく、ずっと歌詞を口ずさんでいたゲッツェルの繊細なリードもあって一層歌いやすそうだった。またすぐにでも聴きたい!東京春祭などで招聘しないだろうか。
そしてメインプロのブルックナー9番。最高潮に高まった期待は裏切られることはなかった。ウィーン・フィル在籍中にゲッツェルがこの曲を弾いたことがあるかは知らないが、冒頭から耳を疑うほどに美しい弦のトレモロが最弱音で響いてきた。先ほどのシュトラウスでも感じたことだが、合わせようと思って合わせた直接的な音圧というよりは、ゲッツェルのタクトに楽員一人一人が反応して出した音が結果的に合わさり、深い味わいのある音が立ち昇るといった趣。「アンサンブルを多少犠牲にしてでもよく歌うことを選択し、結果としてしなやかな演奏になる」ということはあるが、今日の神奈フィルの弦は両者を達成してしまっていた。これは驚異的・奇跡的(失礼!)なことだ。これほどの素晴らしい弦を得たブルックナー演奏の貴重さは、多少の瑕があっても全く揺るがない。木管では特にオーボエの虚無的な旋律が素晴らしく、2楽章トリオは魅了された。金管群も力に溢れ、特にホルン9本(8本+アシ1)の響きの深さは昨年の読響をも上回る。神戸さんのティンパニは今日はそれほど突出せず、ノーアタックでのトレモロなのでオーケストラを力強く下支え。ゲッツェルはテンポを結構動かしていたが、基本的に楽節単位での変化だったため、いやらしさは皆無。どっしりと構えた荘重さが勝った。難物である終楽章に入ってやや音楽の密度が薄れ、コーダの終息感をそれほど感じなかったのは若干惜しかったが、彼の年齢を考えれば素晴らしい成果。一流演奏者としての経験から生み出された、極上の弦の歌わせ方だけで8割方満足してしまった。
自分はウィーン・フィルを一度だけ聴いたことがあるが(2010年、プレートル指揮)、神奈フィルの弦からあの独特の典雅なふわりとした響きを聴けたことを、正直未だに半分信じられずにいる。それほどに衝撃的な体験だった。何という恐ろしい指揮者!
開演前のプレトークでゲッツェル自身が語っていた通り、彼と神奈フィルの旅は来シーズン11月の定期演奏会へと続く。継続的に取り上げているコルンゴルト、次は「シンフォニエッタ」。次が3年間の集大成なんて言わず、来々シーズン以降に超名曲・「交響曲嬰ヘ調」を期待してもいいのかなぁ!いいですよね!

このページのトップヘ