たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

May 2015

2015/5/31
アンサンブル・ミリム 第2回東京公演
@聖学院講堂

J. S. バッハ:モテット第6番「主をほめたたえよ、すべての国々よ」 
J. S. バッハ:カンタータ第131番「深き淵より我汝に呼びかける、主よ」より わが魂は主を待ち望む
J. S. バッハ:カンタータ第24番「けがれに染まらぬ心は」より けがれに染まらぬ心は
J. S. バッハ:カンタータ第203番「裏切り者なる愛よ」
J. S. バッハ:モテット第4番「恐るるな、我汝と共にあり」
J. S. バッハ:カンタータ第78番「イエスよ、汝はわが魂を」より 我らは弱けれどたゆみなき足取りで急ぎゆく
J. S. バッハ:カンタータ第122番「新たに生まれしみどりご」より 御神、我らと和を結びて友となりねば
J. S. バッハ:カンタータ第186番「おお魂よ、憤ることなかれ!」より 魂よ、いかなる辛苦にありても
J. S. バッハ:モテット第1番「主に向かいて新しき歌を歌え」
~アンコール~
J. S. バッハ:モテット第6番「主をほめたたえよ、すべての国々よ」 後半部

アンサンブル・ミリム
ソプラノ:清水梢、和田友子
アルト:清水ちはる、横町あゆみ
テノール:谷口洋介、眞木嘉規
バス:浅地達也、浜田広志
指揮・チェンバロ:根本卓也

バッハ・コレギウム・ジャパン、新国立劇場合唱団など、プロ合唱団の垣根を越えて集まった精鋭声楽アンサンブルを聴いた。
自分は普段それほどバロック期の作品を意識的に聴くことはないが、こういった優れた演奏を聴くと意識を改めなければと思わせられる。9人でこれほど大きな音楽世界が作れるのか、という衝撃を受けた。

まず冒頭のモテット第6番は全員により歌われ、以後ソロ1人~複数人にチェンバロ伴奏(根本さん)を合わせる形でバッハの作品が演奏された。最後のモテット第1番は再び全員で、SATBが2群に分かれての演奏だった。
当たり前の話なのだが、各ソリストの音楽性がとても高く、自律的に音楽を推進する力を強く感じた。そんな彼らが主張しつつ指揮の根本さんの下でアンサンブルをするが故に、非常に精緻で言葉がはっきりと聴き取れる演奏となったのだろう。
このアンサンブル・ミリムの結成動機に、「モテット第1番を理想的なメンバーで演奏したい」ということがあったようだが、今回メイン・プログラムの最後に歌われたこの曲はその意志を確かに感じ取れるものだった。9人という最少人数で合唱が2群に分かれているので、当然のように1声部は1人の担当となる。 巧妙に描かれた2群の掛け合いは大変難度が高いように聴き取ったが、自然な昂ぶりのうちに2群が呼び交わし合う様は実に見事だった。 

バッハの作品の偉大さ、そしてその作品群に真摯に向かう声楽家の幸福な出会いに感謝し、清々しい気分で会場を後にした。 

2015/5/31
東京交響楽団 モーツァルト・マチネ 第21回
@ミューザ川崎シンフォニーホール

モーツァルト:クラリネット協奏曲
モーツァルト:交響曲第40番

クラリネット:エマニュエル・ヌヴー
管弦楽:東京交響楽団
コンサートマスター:グレブ・ニキティン
指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ

先日オペラシティ・シリーズで確かな手腕を発揮したウルバンスキ、モーツァルト・マチネに初登場した。スダーン前監督がザルツブルク名物を川崎に持ち込んだシリーズだが、ノット政権になってからは登壇する指揮者それぞれのモーツァルト像を体験できる好企画になった感がある。音楽監督や首席客演指揮者など、タイトルホルダーがしっかりと振るのも大変好感が持てるではないか。

今回取り上げられた作品はどちらもモーツァルト晩年の作品群で、これらを俊英ウルバンスキがどう料理するかが聴きモノだった。果たして、かなり意外性のある演奏が繰り広げられたのだ。特に後半の交響曲は全リピート敢行で40分を要する演奏となったが、ウルバンスキは若さをほとんど感じさせない老巨匠のような筆致でこの名作を描いた。 ミューザの豊麗な音響を考慮しての構築だったのかもしれないが、才人指揮者が皆するような各声部の交錯は殆ど強調してみせない。寧ろ全体をふわりとした響きの中に収めてゆき、幽玄な雰囲気を表出させたのである。リピート前後で音楽の表情を変えることはあったが、殆ど枯淡の境地のような演奏にオケもよく付き合った。スダーンやノットとは全く違う個性のモーツァルト演奏で、ウルバンスキという指揮者の謎はまた一つ深まったように思われる。

順番が前後したが、前半のウルバンスキはソリストとオーケストラに主導権を委ねたように思われる。ミューザをホームとする自らのオケをバックに、どこまでも自然体で楽音を響かせてゆくヌヴー。晩年のモーツァルト特有の清澄な境地を匂わせながらも、表情豊かな演奏だった。オケのサポートの誠実さが最も感じられたのは第2楽章のアダージョで、可能な限り弱音へ持ち込むヌヴーにオケがピタリと寄り添い、極上の最弱音が生まれた。ミューザという容量の大きなホールに確かに響く繊細なサウンドは、古典派演奏に長けたこのオケならではの上質さであった。

それにしてもウルバンスキは凄い。その個性の不思議さも勿論だが、年齢不相応なほどの落ち着き、オーケストラの掌握力は在京オケに登壇する若手の中でも群を抜くものがある。後半の交響曲は例によって譜面台なしの完全暗譜、前半も譜面を置いていたもののめくることは無かったように見受けられた。天才なのだろうが、いったいどのようなスコア読みなのだろうか? 

2015/5/30
読売日本交響楽団 第80回みなとみらいホリデー名曲シリーズ
@横浜みなとみらいホール

リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲
ラヴェル:バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲
~アンコール~
チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」より パ・ド・ドゥ

ピアノ:河村尚子
管弦楽:読売日本交響楽団
コンサートマスター:日下紗矢子
指揮:ユーリ・テミルカーノフ

7年ぶりに巨匠テミルカーノフを聴いた。文字通り待ち侘びた演奏会だった。
読響に数年に一度は来てるじゃないの、という話なのだが、近年の来日時はいずれも自分のスケジュールが合わず(中高時代は全寮制だったため自由がきかなかった)その演奏を聴けず。2008年、ペテルブルク・フィル名古屋公演であまりに素晴らしいチャイコフスキーを体験して以来、やっと2度目のマエストロの演奏会だ。余談だが、この08年の演奏会は自分にとって初の海外オケ体験だった。それもあってインバルと並び個人的に思い入れの強いマエストロなのである。

昔話が長くなった。 
一曲目にいきなりシェエラザードという重めの構成だが、マエストロと読響の集中力は並ではない。冒頭からペザンテ、マエストーソというスコア指定を画に書いたかのような重量感あるサウンドが飛び出してきた。巨匠テミルカーノフは例の如く大袈裟なアクションは皆無、タクトを持たない指揮はとても慎ましい。しかし彼の両手の微細な動きから生まれる音楽は実に表情豊かで、特に弦楽器の情報量の多さには驚愕する。そして彼が腕をパッと広げれば、オーケストラ全体が生き物のようにグワンと唸って音楽全体に強烈なアクセントが施される。それが最大に発揮されたのは終曲大詰め、最大音量でシャリアール王の主題が再現された後音楽が収束へ向かっていく箇所の引き際の見事さだろう。
ペテルブルク・フィルほどではないにしろ長年の共演歴を持つ読響が彼に心酔しているのは音楽を聴けば自明で、嬉々として極彩色の絵巻を描いていった。オーケストラの総合的なコンディションも最近聴いた中では一番で、指揮者の力が隅々まで及んでいることを痛感する。シェエラザード姫を美しい語り口で歌ってくれた日下さんはソロ・コンマスとしてのリード共に実に素晴らしく、巨匠と対等に渡り合う器量の大きさをも感じさせた。

前半でこれだけの演奏を聴いてしまうとラヴェルはどうするのか、と思ったが巨匠と読響は更なる境地へと我々を誘ってくれる。
左手協奏曲では、河村さんの左手だけとは思えぬ強靭なソロ(打鍵箇所によって身体のバランスを巧みに変えながら弾いていた)も勿論素晴らしかったのだが、それ以上にバックのオケの圧倒的な情報量に度肝を抜かれた。Fg吉田さんをはじめとする管楽器群のグルーヴ感あるソロに触発されてか、オケ全体が抜群のリズム感を発揮し、ラヴェルのダークな魅力を溢れんばかりに味わわせてくれた。巨匠は特段変わったことはせず淡々と振っていたように思うのだが、オケ全体の豊満な音は明らかに他の指揮者が立った時のそれとは違う。この驚きは「ダフニス」でも引き継がれることとになった。
「ダフニスとクロエ」、まず「夜明け」での弦楽器の上質で艶やかな歌わせ方が絶品。マエストロの魅力はフランス音楽においても抜群の適性を発揮することがよく分かる。「無言劇」 では前半に続き客演トップFlの柳原さん(都響)が長大なソロを見事に奏で(若干勢いが良すぎた感もあったが)、いよいよやって来た終曲では巨匠の統率の下オーケストラが一糸乱れず、まさに「全員の踊り」を演じ抜く。4管編成の読響は痛快に鳴り渡るも、魔法のようなバランスコントロールによりまったく煩さは感じさせない。最後の一音は存分に伸ばしての終結となった。会場が確かに満足して熱い拍手を送る。

マエストロからのプレゼントは十八番の「くるみ割り人形」からパ・ド・ドゥだった。言ってしまえば至極単純な音楽なのに、巨匠が振るとどうしてか高貴な空気が舞台から立ち昇り、オーケストラ共々一瞬にしてチャイコフスキーの世界に誘われてしまうのだ。まさかこの曲で落涙するとは!

やはりテミルカーノフは巨匠だった。ペテルブルク・フィルと共に育まれたその音楽はモスクワ系のコテコテとはまた一味異なり、西欧風の香りを宿したペテルブルク直系ならではの唯一無二の芸術。インターナショナルな魅力を有する読響との共演を通して、日本にいながらにして彼の芸術を濃密に感じられるのは僥倖と言う外ないし、読響のベストプレイの凄さにもまた驚くばかりだ。今回あと2プログラム、しかもマーラー3番をも彼らの演奏で聴けるとは・・・終楽章を思っただけで涙腺が緩みそうになる。

2015/5/29
東京都交響楽団 第789回定期演奏会Bシリーズ
@サントリーホール

サーリアホ:クラリネット協奏曲"D’OM LE VRAI SENS" (日本初演)
ニールセン:交響曲第3番「ひろがりの交響曲」

クラリネット:カリ・クリーク
ソプラノ:半田美和子
バリトン:加耒徹
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:山本友重
指揮:トーマス・ダウスゴー

凄いものを聴いた。久々の都響大ヒット。ミンコフスキ以来かな?

都響のポテンシャルが高いのは充分に知っている。だが問題は、最近それが発揮される演奏会が少ないことだ。彼らのアンサンブル能力を以ってすれば、乱暴な話それなりの指揮者でも整然と合奏を行い、折り目正しい音楽が実現する。そして「巧いオケだねー」という感想と共にホールを後にするのだ。だが、それではいけない。
今年50周年を迎えた都響は、オーケストラという形による新たな文化発信を試みている。そんなこのオケの試みが企画・演奏の両面で最高度に昇華し、今シーズン最初に見事に花を咲かせたのが今回の定期だと強く感じた。オーケストラにとっての定期演奏会が、ただ「定期的に音楽を提供する場」 ではなく、「この音楽を伝えなくてはいけない!」という必然性と共に広く主張を発信する場なのだと再認識させてくれたのだ。

サーリアホのクラリネット協奏曲では、修道院で有名なクリュニーの美術館所蔵のタペストリー『貴婦人と一角獣』から作曲家が受けたインスピレーションが音化されている。開演前にサーリアホ女史のトークがあったが、風景描写的な音楽ではなく、あくまで美術品を前にした時の心情をソリストとオーケストラの関係性でメタファーしたものだということだ。
作品は6部構成で、切れ目なく演奏される。「聴覚」「視覚」「嗅覚」「触覚」「味覚」と五感が並んだ後、タペストリーにその語句が記されている「わが唯一の望みに(A non seul Désir)」で締められる。この語句をアナグラムで並べ替えると、表題の「人の真なる感覚(D'OM LE VRAI SENS)」が浮かび上がるというわけだ。人間の本能的感覚と信仰は表裏一体ということだろうか?
だが、この夜の日本初演は上述のト書き無しでも十分に聴く者を惹きつける魅力があった。ホールの照明は完全に落とされ、暗闇の中にオーケストラが弱奏を開始すると、彼方から(RCブロックのロビー辺り?)クラリネットが響いてくる。ソロは一角獣(ユニコーン)を模しているそうだが、まさに嘶くような音色で客席を練り歩きながら聴衆・オーケストラの双方を刺激する。ソリストのクリークは身体表現も交えながら、超絶技巧のパッセージを変幻自在に奏でていた。やがて一階席前方からステージ後方へ回り込み、オケの管楽器奏者も立ち上がってクリークと呼応しながらようやくステージ前方へ。一方弦楽器奏者はゾロゾロと客席へ降りて演奏しサラウンドのような効果あり。第6部「わが唯一の望みに」ではチェレスタをはじめとする楽器がD音を永続的に刻み続ける中、ソロが物凄い勢いで即興演奏を繰り広げて全曲は閉じられる。D音の連続には運命的なニュアンスを感じた。

音楽というよりはホール全体を舞台とする一大劇作品という印象のこの協奏曲。21世紀において生き残る一つの手段であるかもしれない。昨日のオペラもそうだったが、ホールで演者の息遣いを聴いてこそ意味のある作品を生み出すサーリアホの魅力に心酔。終演後の客席のヴィヴィッドな反応も素晴らしい一体感だった。重音や超高速パッセージを連発しながらも茶目っ気たっぷりのクリーク、ダウスゴー×都響の誠実な演奏は、現代作品でもこれほどの熱狂を呼びうることを見せつけたのだ。

後半のニールセンではダウスゴーは暗譜で指揮。4番や5番なら兎も角、演奏頻度がグッと下がる3番でも譜無しというのは凄い。その指揮は圧巻で、音楽が完全に身体に入っていることが痛いほど伝わって来た。ダウスゴーは細かく拍を刻まず、長身を大きく揺さぶるような独特のリード。台の端に終始立ってエネルギッシュに指揮した。彼は音楽を巨視的に掴み、都響の積極性を引き出しつつ自らの方向へ巧みに持っていく。その手腕はバッティストーニを老練にしたかの如き見事さで、これほど勢いがあってしかも粗くならない都響は相当久しぶりだ。
この作曲家らしい血湧き肉躍るサウンドを怒涛の勢いで体感したが、そんな中第2楽章はパストラール。だがこれも長閑というより寧ろ自然が跋扈する熱い音楽が展開。そこに加わるヴォカリーズも清冽ながら内なる熱情を感じさせるものだった。パイプオルガンの元に並んだお二人の声楽ソリストは大変伸びやか。

客席は再び熱狂の渦。狩猟民族の熱い血を農耕民族のオケに叩き込むような、素晴らしい指揮者との出会いにブラヴォーは止まらなかった。早期の再客演を期待したい !

2015/5/28
東京オペラシティ 〈コンポージアム2015〉
カイヤ・サーリアホの音楽 オペラ『遙かなる愛』(演奏会形式)

@東京オペラシティ・コンサートホール

サーリアホ:歌劇「遥かなる愛」(日本初演/演奏会形式/フランス語上演/日本語字幕付き)

映像演出:ジャン=バティスト・バリエール
ソプラノ:林正子
メゾ・ソプラノ:池田香織
バリトン:与那城敬
合唱:東京混声合唱団(合唱指揮:大谷研二)
管弦楽:東京交響楽団
コンサートマスター:グレブ・ニキティン
指揮:エルネスト・マルティネス=イスキエルド

今年度の武満徹音楽賞審査員として来日中のカイヤ・サーリアホ。国立音大、東京藝大でレクチャー、そしてこのコンポージアムでのオペラ初演と関連イヴェントが目白押しだ。29日には都響でクラリネット協奏曲も初演される。折角だから「サーリアホ・フェスティヴァル」に仕立てて企画すればより注目度が増すと思うのだが、どうだろう。

それはさておくとして、今回のオペラは2000年にザルツブルク音楽祭で初演された、サーリアホのオペラ第1作ということだ。実に15年を経て日本にやってきたということになる。規模的にはそれほど大掛かりな作品ではないのだが、日本の現代オペラ需要の鈍さが原因なのだろうか。

物語の設定は12世紀、十字軍のイスラーム遠征が行われた時代だ。トルバドゥール(吟遊詩人、独語でいうミンネジンガー)伝説から題材が取られている。禁欲的に詩作を行うアキテーヌの領主ジョフレは、自分が創り出した理想の女性を求めて悶々としている。東西を行き交う巡礼の旅人の証言を得て、ジョフレはトリポリへと理想の女性を追い求め旅人とともに航海に出る。だが十字軍への参加と口実を偽って出発したゆえの呪いか、ジョフレは航海中に病に倒れ死に瀕することに。ようやくトリポリに到着し、理想の女性クレマンスと出会い口づけを交わすも、彼はやがて息絶える。クレマンスは神の無慈悲を嘆くも、尼僧となることを決心して祈りを捧げ、全曲を閉じる。

ステージにはコントラバス下手・打楽器多数のオーケストラがギッシリと並び、指揮台の両翼に声楽ソリストが座す。ソリストは皆マイクを使用。閉め切られた3階席をはじめホールの各所に配置されたサラウンド・スピーカーシステムからは電子音(といっても実音と融和するようなチューニングがなされていたようだ)や別録の声が流れた。混声合唱はほぼ一列でP列に並び、オルガンを埋める形で天井から大スクリーンが下ろされる。スクリーンにはサーリアホの夫君ジャン=バティスト・バリエールの手による肌理細やかな映像が投影され、ライヴカメラの撮影による声楽ソリストも時折コンピュータ編集により織り交ぜられる。1階席中央の一部座席は映像チームのコンピュータ5台とクルーにより占有されていた。 

第3幕でジョフレがトリポリへ向かうのだが、それに至る経緯の第1-2幕がなかなかのヴォリューム。前半で3幕までという区切りだったのだが、かなりの時間が費やされたのではないかしら。2幕では旅人がクレマンスに面会し、ジョフレが理想の女性を歌った詩を読み上げるのでまだ印象深いのだが、低声のお二人と合唱が淡々と会話する第1幕はちょっと演奏会形式で観るには辛いところがあった。第3幕に入ると音楽は活気を増し、男声合唱によるハンドクラップなども交えリズミカルに進んでいく。
個人的に、休憩後の第4-5幕により引き込まれた。物語の核心であるし、音楽もどこかトリスタンかフランス近代のオペラのような耽美的な色合いを纏い始める。第4幕の冒頭に重々しく連打される2音は旅路の険しさを予言するようだし、理想の女性が近づいてくることを恐れ熱に浮かされるジョフレの高まりも凄い。終幕では遂にクレマンスとジョフレが出会い、「遥かなる愛」に手が届くように思われるのだが、徐々にスクリーンに投影された映像が血を思わせる濃い赤色に染まり、遠のく意識のようにボヤけて遠ざかっていく。そして、ジョフレが息を引き取ってからのクレマンスの胸が裂けるような、しかも高潔な美しさを湛えた絶唱といったら!ここで管弦楽を咆哮させないあたり、北欧出身でパリで活躍するサーリアホの美質を感じる。

演奏は非常に高水準で、誠に幸福な日本初演となったと思う。ソリスト陣はPA使用だったとはいえ自席(2階正面)からは声量的に全く問題なく、フランス語のディクテイションも美しかった。お三方の一人一人が適役だったと思う。合唱はスクリーンのせいか、若干スポイルされた感もあったけれど、それでもPAの音響効果とブレンドされて夢幻的な声色を聴かせてくれた。東響はウルバンスキの難しいプログラムから間を置かずの大曲にもかかわらず、破綻なく世界観を見事に体現。緻密な演奏は、指揮棒を左手で持つ珍しいマエストロ・イスキエルドの功績もあるに違いない。

何より賞賛されるべきは、中世的な世界観・宗教性を自らの語法の中で表出した作曲家・サーリアホであろう。
物語の最初ではジョフレが理想の女性に対して抱くものだった「遥かなる愛」が、最後には主体と客体が変わりクレマンスのものとなっているのも象徴的だ。クレマンスの愛の客体は、果たして「神」であろうか、それとも喪われたジョフレなのか。その答えは観る者に委ねられている。優れた芸術作品は「答えのない問い(Fragen ohne Antworten)」を投げかけるが、この「遥かなる愛」もまたその一つに数えられる。舞台での再演が望まれる、忘れ難い上演だった。

このページのトップヘ