たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

June 2015

2015/6/29
東京都交響楽団 第791回定期演奏会Aシリーズ
@東京文化会館

ブリテン:ロシアの葬送
タンスマン:フレスコバルディの主題による変奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:矢部達哉
指揮:オレグ・カエターニ


戦慄の大管弦楽の前に金管・打楽器、弦楽合奏を分けて味わえる粋な選曲。ブリテン「ロシアの葬送」では高精度なブラスがえも言われぬ恐怖を掻き立て、西川女史のパーカスが絶妙に彩る。タンスマンの変奏曲は16型という大編成ながら決して厚みで押さず、絶妙な弱音に驚嘆した。
後半ショスタコ11番、銃殺場面はじめ音響的には当然圧倒的だが、冒頭・中間楽章の弦の最弱音がこの世のものとは思えぬ死臭漂う音色。虐殺を俯瞰的に眺め灰色の哀感で包み込み、ラザレフ/日フィルの全てを踏み潰す重戦車的超名演とは反対のヴェクトルによる名演が上野で誕生した。冒頭のTpソロの揺らぎなど、序盤はやや力みが感じられたがすぐに強固なアンサンブルが復活。低弦群の胴鳴りを含んだ重厚な下支えは曲に不釣り合いなほど立派。最後の鐘のアクシデントも含め、若干の惜しさは感じたもののカエターニ/都響の独特サウンドによるショスタコーヴィチを堪能した。

カエターニの指揮姿に一切派手さはなく、音楽作りも当たり前の事をやっているだけなのに、何という説得力。その背中からは無言のメッセージが会場全体へ向け発信されていた。こういう体験が出来る人は少ない。

2015/6/28
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 県民ホールシリーズ 第4回定期演奏会
@神奈川県民ホール

プッチーニ:交響的奇想曲
プッチーニ:歌劇「ボエーム」より 冷たき手を、私の名前はミミ、麗しの乙女
(大隅、西村)
プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」より ある晴れた日に
(並河)
プッチーニ:歌劇「妖精ヴィッリ」より 妖精の踊り

プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」ハイライト(演奏会形式)
(並河、大隅、西村、井上、ハオ、田添)

ソプラノ:大隅智佳子、並河寿美
テノール:西村悟
バリトン:井上雅人
バス:ジョン・ハオ
神奈川フィル合唱団(合唱指揮:大久保光哉)
語り:田添菜穂子
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
コンサートマスター:
﨑谷直人
指揮:現田茂夫

休憩挟み約2.5時間に及ぶプッチーニ祭り!交響的奇想曲と妖精の踊り以外は全て歌が入るというオケの定期としては若干珍しい構成だった。前半で「ボエーム」「蝶々夫人」の名アリアを堪能し、更に「トゥーランドット」抜粋(字幕無し・日本語解説入り)という重量級プロ。
後半「トゥーランドット」抜粋は粒揃いの歌手陣、熱っぽい合唱、現田さんの的確なキュー出し&しなやかな指揮を得て高水準な演奏に。前半のアリアでも魅了した女声お二人、並河さんの姫君は最後まで叫ばずも訴求力高し。音域を問わず伸びやかな美声を持つ大隅さんのリューも◎。出番こそ少な目ながらBr井上雅人さんの役人&ピン、Bsジョン・ハオさんのティムールも風格あり素晴らしい。カラフのT西村さんは前後半共に持ち前の美声を存分に披露。オケは迫力一辺倒でなく、弦の柔らかさなど実に見事。現田さんの優れた手腕が大作オペラで遺憾無く発揮された。

今日の神奈フィル県民ホール定期、若い世代のトップ歌手が並び贅沢だったと思うのだけれど、その中でもソプラノ大隅智佳子さんを久々に聴けたのが嬉しい。2014年3月のインバル/都響GM8の第2ソプラノで、ヴィブラート控えめでグイグイ伸びるHi-Cに震撼。今日のミミとリューも名唱でした。

2015/6/27
新日本フィルハーモニー交響楽団 #47 新・クラシックへの扉
@すみだトリフォニーホール

クーセヴィツキー:コントラバス協奏曲
~ソリスト・アンコール~
川上哲夫:コントラバスソロのための三つの次元

ドヴォルジャーク:交響曲第9番「新世界より」
~アンコール~
ドヴォルジャーク:スラヴ舞曲第10番

指揮・コントラバス:ナビル・シェハタ
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:西江辰郎

シェハタが弾き振りを披露したクーセヴィツキー協奏曲、VaやVcを思わせる美音に酔う。Cbという楽器がこれだけの歌謡性を有しているのかと気付かされた瞬間。勿論技巧的には比類ない水準に達している。NJPは破綻ない合奏で、コンマスやCbトップは時折指揮も担当。
後半「新世界より」は予想外に好印象だった。他楽器を抑えて木管を際立たせる箇所や、端正でスポーティな歌い回しには指揮者の表現意欲を感じる。指揮姿は若干振り過ぎかもしれないが、器楽奏者の余興などと言っては失礼千万なレヴェル。最後はしっかりCb奏者と握手して解散。


 

2015/6/26
モルゴーア・クァルテット 第42回定期演奏会 ここぞとばかりに、モルゴーア!
@浜離宮朝日ホール

ノヴァーク:弦楽四重奏曲第3番
クラーサ:弦楽四重奏曲
池辺晋一郎:ストラータⅨ(弦楽四重奏のために)
ヒンデミット:「さまよえるオランダ人」序曲―下手くそな温泉楽隊が朝7時に噴水の周りに集まって初見で演奏したような
~アンコール~
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番 第2楽章

弦楽四重奏:モルゴーア・クァルテット

ヴァイオリン:荒井英治、戸澤哲夫
ヴィオラ:小野富士
チェロ:藤森亮一

ショスタコーヴィチ、バルトークらを得意とし、プログレの弦楽四重奏版の演奏にも取り組む異才集団・モルゴーア・クァルテットの定期を聴いた。前回は「そうだ! ウィーンを甘くみてはいけない。」と題し、一見なじみ深い作曲家揃いのように見えて侮れない選曲、演奏に痺れた。
それが今回はどうだろう!前回がネタの下に罰ゲーム級ワサビを忍ばせた「ロシアン・ルーレット寿司」だとすれば、今回は最初からデス・ソースなりハバネロなりが客席に提供されているのだ。ノヴァーク、クラーサ、池辺晋一郎、ヒンデミット―他のどの団体がこんな冒険的プロを組むだろうか?

前半はノヴァーク一曲と短いな、と思っていたが曲の深遠さに成る程納得。マルティヌー風味も感じさせつつ、聴衆に一切媚びない晦渋な音楽はかなり精神にこたえる。終演後に荒井さんが話していたが、この曲をどうしても演りたくて今回のプログラムが考案されたのだとか。

そして、今夜最大の収穫は後半のクラーサ「弦楽四重奏曲」だった。乗降・下降音型がアーチ状、無窮動的に展開する中ヴァイオリンやヴィオラがソロ的に現われ、ウィンナ・ワルツ風の甘美が横切った次の瞬間にバチンと首が飛ぶような衝撃音。兎に角只事ではない凄曲。美醜を見事に表現し切った演奏も特筆モノ!最後のヒンデミットは下手くそっぷりを懸命に表現する演奏者たちが微笑ましくも凄腕で、ナチとヴァーグナーへの痛快な皮肉をたたきつけた。

相変わらず密度の濃い音楽を届けてくれるモルゴーア。そのプログラムは一見ニッチで、しかしながら戦争や震災といった災禍と音楽の関わりを透徹した視点で見据えた素晴らしいものだ。演奏のクオリティも、今回は1stの荒井さんがいつにもまして熱の入ったプレイを披露して全体を強力に牽引した。アンコールで予告されたショスタコーヴィチ全曲演奏をはじめ、今後とも目が離せない!

2015/6/21
サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン フィナーレ
@サントリーホール ブルーローズ

メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第2番
(カルテット・アルパ)
シュルホフ:フルート、ヴィオラ、コントラバスのための小協奏曲(高木、池田、吉田)

ヴェルディ:ストルネッロ(迫田、古藤田)
プッチーニ:死とは?(迫田、古藤田)
トスティ:もう君を愛していない(新造、古藤田)
マスカーニ:セレナータ(新造、古藤田)
サン=サーンス:七重奏曲(高橋、吉田、若林、クァルテット・エクセルシオ)
シェーンベルク:浄夜(堤、磯村、ミロ・クァルテット)

チェロ:堤剛
ヴィオラ:池田菊衛、磯村和英
コントラバス:吉田秀
フルート:高木綾子
トランペット:高橋敦
ピアノ:若林顕、古藤田みゆき
弦楽四重奏:ミロ・クァルテット
ヴァイオリン:ダニエル・チン、ウィリアム・フェドケンホイヤー
ヴィオラ:ジョン・ラジェス
チェロ:ジョシュア・ジンデル
弦楽四重奏:クァルテット・エクセルシオ
ヴァイオリン:花田和加子(代演)、山田百子
ヴィオラ:吉田有紀子
チェロ:大友肇
サントリーホール室内楽アカデミー選抜アンサンブル
弦楽四重奏:カルテット・アルパ
ヴァイオリン:小川響子、戸原直
ヴィオラ:古賀郁音
チェロ:伊東裕
サントリーホール・オペラ・アカデミー選抜メンバー
ソプラノ:迫田美帆
バリトン:新造太郎

ミロ・クァルテットのチケットがすぐに完売、日程的にも一公演も行けなかった今年のサントリー室内楽庭園。悔しいのでせめてフィナーレ公演だけでも、とも思ったがこれがなかなかどうして楽しい公演だった。

とにかくてんこ盛りのこの演奏会、曲目にも珍しい編成の作品が並び興味深々でブルーローズに着席した。前半最初にメンデルスゾーンを奏でたカルテット・アルパは、1stVnの小川響子さんの卓越したリードに感心しきり。若干細身の音色で繊細な表現を詰めていく姿勢が素晴らしい。カルテット全体を力強く引っ張っていき、若々しいメンデルスゾーンが誕生した。
次のシュルホフのFl、Va、Cbのための小協奏曲も実に面白かった。前半楽章では5度の多用で土俗的な香りを醸し、フルートの高木綾子さんはピッコロにも持ち替えて華麗に活躍、さながら祭り囃子のよう。VaとCbの相性も良好で、Vnの池田さんは珍しくVa持ち替えを披露したが、どうして池田さんになったのだろう?

後半はオペラアカデミー生&エク+α&ミロQ+αと更に大盛り。オペラ・アカデミー生の方々によるイタリア歌曲はいずれも美しくチャーミング、弱音のコントロールが更に徹底されれば良かったように思う。
エクにTp高橋さんらが加わったサン=サーンス七重奏曲では奇抜な編成の絶妙な相性を堪能した。演奏機会も稀な作品なのだろう、若干戸惑いつつ演奏しているように感じられなかったでもないが、緩徐楽章の美しさなど作品の魅力を味わえたのは良かった。Tp高橋さんは相変わらずの安定感、全音域における柔らかな音色は彼の卓越した個性だ。
ミロ・クァルテット+Va磯村さん&Vc堤館長による「浄夜」は流石に圧巻、トリに相応しい充実。とにかく一音一音がこれまで聴いてきたクァルテットと比較しても相当に吟味されている。切っ先鋭い音を奏でたと思えば溜息のようなヴィブラートを絶妙に聴かせ、トレモロの音の粒の細かさも凄い。シェーンベルクのこの作品は濃厚なロマン性を湛えたとろみのある演奏が一般的なように感じるが、今回の彼らは作品全体をスキャンにかけたような透徹した視線をもった演奏だった。ミロQの先鋭さがずば抜けており、加わったお二人の主張を聴き取る段階には至らなかった。 

珍曲に王道、いずれも楽しめる演奏だった。コンサート全体を通してみれば、若干一曲一曲の研磨が甘いようにも感じたが(この期間中にさまざまな曲を次々と取り上げるゆえか?)、これだけ味わわせてもらって文句を言うのは場違いか。素晴らしい室内楽の祭典、来シーズンは会期を延長してパワーアップして戻ってくるらしい。楽しみだ。

このページのトップヘ