たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

September 2015

2015/9/30
ロンドン交響楽団
@ミューザ川崎シンフォニーホール

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番
ブルックナー:交響曲第7番(ノヴァーク版)

ピアノ:マレイ・ペライア
管弦楽:ロンドン交響楽団
指揮:ベルナルト・ハイティンク

現代屈指の巨匠・ハイティンクがミューザ川崎に初登場。今世紀に入って急速に関係を深めているロンドン響を振って、十八番のレパートリーを聴かせた。

モーツァルトは10-8-6-4-3の変則10型・対向配置。管楽器やティンパニは特にバロック仕様のものではない。
序奏からぎっしりと目の詰まった響きで充実しているが、東響のモーツァルトを日頃から聴いている東京の聴衆の度肝を抜くほどではない。だが、ペライアのソロが登場し、木管楽器が伸びやかに歌い始めると空気感が一気に豊穣になる。この即興的な解放感は日本のオケにはないものだ。
第2楽章では第24番を特徴づけるごくシンプルな主題をピアノが囁き、オーケストラに優美に引き継がれるのだが、その呼吸の豊かなこと!ミューザの極上の音響が加勢してピアノの音の芯が手に取るように分かり、ホールの適度な残響音を味わいつつ三者の融通無碍な会話を愉しんだ。これだけでも来た甲斐がある。
第3楽章に入ると一転、ペライアのピアノが激情を帯びだす。ベートーヴェン的な疾風怒濤の趣さえあるではないか。対するオケも弦や明滅するトランペット群をはじめとしてペライアに応える。ハイティンクが左手をほんの少しだけ力強く(それもそれほど明確ではない)動かしただけで有機体として動く第1ヴァイオリン群は実に見事だ。それでいて、艶消しをかけたような渋い音色は失われていない。
演奏後のペライアのカーテンコールは実に控えめ、オーケストラに幾度も頭を下げる。重くも軽くもない絶妙の沈み込みのタッチから生まれる透明な音色、全曲を構築する見事なバランス感覚といい、紛れもない超一流のモーツァルト弾きだと思う。

一気に編成を拡大して16型のブルックナー。弦は変わらず対向配置、トロンボーン、トランペット群は上手の舞台上方に寄せられ、 ティンパニは中央に座す。ホルン群は4列に並べられ、その背後にヴァーグナーテューバ隊が控えた。なお、興味深かったのは第1楽章が終わるとテューバ奏者がトロンボーン群の近くから移動し、ヴァーグナーテューバの隣に着席したことだ。第3楽章以降はまたトロンボーンの右隣で吹いていたのだが、音質の均一性を考えてのことだろうか。そもそもハイティンクはかつて対向配置を採っていなかったので、巨匠の探究は続いているのだろう。

第1楽章のトレモロは思ったほどホールに響いていなかったが、そこからチェロとホルンのユニゾンが入り、第1主題が清澄に響きだすとまるで別世界。そもそもホルンがどこから鳴っているのか分からないのだ。目視で初めて第1奏者が吹いていることを確認。これほどに全てのサウンドが溶け合った響きは、今年2月のティーレマン/ドレスデン以来2回目の体験だ。ハイティンクの指揮はこの楽章では朴訥そのもの、特に起伏を作ることは考えていないようだったが、オーケストラが自然に進んでいくだけで恍惚としてしまう。コーダで一度音量を落としてからどこまでも伸びていくようなクレッシェンドは圧倒的で、ティンパニの音色も理想的だ。
続く第2楽章がやはりこの曲の白眉である、そう思わせたのはハイティンクの手腕である。 冒頭こそ若干速めにこそ感じたが、徐々に自然に減速していき、冒頭主題の回帰ではまったく違ったテンポに。クライマックスに至る過程も理想的としか言いようがなく、全てが収まるべき所に収まった至極のアダージョ楽章が展開された。何の誇張もなく、すべてのサウンドを溶け合わせるだけでこれほどの音楽が生まれるとは・・・。演奏家の恣意性が消え去り、宇宙の胎動のみがミューザの大空間に響いた瞬間であった。このまま時間が止まってほしいと願うも、叶うはずもなく第3楽章へ。
トランペットの完璧さは言うまでもなく、強烈無比な音響が炸裂するスケルツォ。ただでさえ野趣あふれる楽章だが、これほど強靭な力を感じたことはない。ロンドン響の無尽蔵なパワー、そしてトリオの繊細さに感じ入る。
あれよあれよという間にフィナーレ楽章へ。主題が整然と展開していくが、ハイティンクはミューザのさっぱりとした音響を加味してかそれほどパウゼを長くとらず力強く曲を推し進めていく。終局で再び現れるヴァーグナーテューバの哀切な響きに胸を掻き毟られながら、すべてが一体となり全曲は締めくくられる。最後のティンパニの一打、トゥッティの響かせ方は第1楽章に続き完璧、これを巨匠の技と言わずして何と言おうか。 

唯一無二の素晴らしい演奏家達は勿論のこと、ミューザの音響やマナーの良い聴衆など、ことごとく好条件に恵まれた最高の聴体験だった。ブルックナーの後の拍手はほんのわずかだけ待って欲しかったが、許容範囲内。
圧倒的な、それでいて指揮者の存在をほとんど感じさせない音楽を聴かせたハイティンクは、やはり疑うところのない巨匠だ。作曲家への絶対的な信頼が全身から溢れ出ており、それが幾多の名門オケから素晴らしい音楽を引き出しているのだろう。齢86にして指揮ぶりは壮健、指揮台に置かれた椅子にも楽章間しか座らない。流石に渾身の力で全曲を振り抜いた後は憔悴しきっており、カーテンコールでの所作はフラフラだった—謝意を伝えたいとは思いつつ、ご老体に鞭を打たせるのが申し訳なくすらあった。

そしてやはりロンドン響の素晴らしさである。国も性格も全く違うオーケストラだが、不思議と聴後の感銘は2月のシュターツカペレ・ドレスデンと似通っており、超一流のオーケストラが持つポテンシャルの共通を悟る次第。日本のオーケストラは本当に近年巧くなっていて、下手な海外オケを聴くなら絶対に国内オケを聴くべきだと日頃から痛感している。だが超一流を聴いてしまうと、僅かな、しかし大いなる落差を感じてしまうのだ。弦楽器の質感は一聴似ているのだが、日本のオケの内に凝縮していくようなサウンドに対しロンドン響は一旦凝縮させた後ふわりとホールに放出させていく。管楽器の場合は、金管に関しては単純にパワーと繊細さが段違いなのだが、木管楽器に関しては楽員1人ずつの自由度に大きな差を感じた。例えばクラリネットは、モーツァルトでバセットホルンのような仄暗い音色かと思えばブルックナーでは第1楽章でミューザの大空間を支配して震撼するようなソロを聴かせた。このスケール感をほぼすべての楽員が有しているのだから、オーケストラのダイナミックレンジ、表現力に差が出ないはずがない。ティンパニも同様で、1人で演奏の印象を左右するという責任感を楽しんでいる様子すら感じた。

とにかく考えさせられることの多い、深く重い余韻を残す演奏会だった。個人的にもう一つの収穫は、6月に聴いたノット/東響のブルックナーが本当に素晴らしいものだったと再確認できたこと。オーケストラでは前述の通り及ばない点もあるが、ノットの解釈は同じくらい素晴らしかったし、東響の表現力と献身度は国内オケとしては最高点だったと思う。いつか、超える日が来るのだろうか!

2015/9/29
東京都交響楽団 第794回定期演奏会Bシリーズ
@サントリーホール

ナッセン:Flourish with Fireworks(花火と華麗な吹奏)
シェーンベルク:映画の一場面への伴奏音楽
武満徹:精霊の庭

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番

ピアノ:ピーター・ゼルキン
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:矢部達哉
指揮:オリヴァー・ナッセン

A定期で鮮烈な印象を残したオリヴァー・ナッセン、B定期では更に彼の術中に嵌ってしまった。目からウロコ、耳からウロコ、終演後にマエストロとお話してついでに頭からもウロコである。(こんな言い回しはない)

前半3曲は時代を異にする20世紀作品、いずれも演奏時間は長くないが作曲家の書法が凝縮されて聴きごたえのある作品だ。ティルソン・トーマスのロンドン響首席指揮者就任を祝うナッセン作品では、華やかなオーケストラの中にでんでん太鼓まで使われて祝祭気分を盛り上げる。3曲中最も古典的と言えるシェーンベルクは編成が格段に小さくなるが表情は多彩。シェーンベルクらしいモノトーンを想像していたら、ずっと生き生きとした光景が広がる。最後の武満作品は都響が初演を担当している。12音の音列が4音ずつ群として立ち現れ、主題が3つあるかのようで大変聴きやすい。特にアルトフルートで奏される音型がストラヴィンスキー「火の鳥」そっくりである。(これについては後述)
ナッセンと都響は実に卓越した演奏をした。整然としていたのみならず、響きのカドが取れて円やかな音がホールを包んだのだ。これほど美しく、ずっと浸っていたいと思わせる20世紀音楽の演奏は初めてかもしれない。特に晩年様式が濃厚な武満作品は陶酔の頂点だった。本当に見事。

後半はピアノ付き交響曲と言うべきブラームス「ピアノ協奏曲第2番」。ソロはピーター・ゼルキンで、先鋭的なピアニストとして有名だが自分は初めて生を聴く。(余談だが、彼がブーレーズと録音したシェーンベルクのPf協奏曲は名演)
1stホルンの有馬さんの豊満なソロに続き、ゼルキンが情感豊かに入ってくるのだが、冒頭からかなり独特なソロだ。フレーズ内でかなり強引なアクセントを付けたり、入りで溜めて結尾で巻いたりと自由自在。歌声もはっきり聴こえてくる。また、混濁する箇所(ペダルの使い方?)、技巧的にヒヤリとする場面も少なくない。終演後に分かったことだが、どうやらゼルキンは古いニューヨーク・スタインウェイを持ち込んで演奏したらしい。100年前の楽器ということで、道理で鳴りも弱く強靭さがなかったわけだ。それでも尚この楽器を使ったというのは、立派な解釈・主張と言うべきだろう。中間楽章の零れ落ちるような音色などは確かに溜め息ものの美しさだった。
ナッセン/都響はこの特異なソロに限りない真摯さで応えた。オーケストラがこれほどソリストに寄り添い、誠実に音楽を作ろうとする姿勢はそれだけで感動的だ。第3楽章のVc田中さんの素晴らしいソロをはじめ、オケが巧いのは当たり前だが、響きに温かい血が通っていたのが嬉しい。テンポは総じて速め、誇張なく全曲は進んだが実に味わいがあった。
終演後は大喝采とブラヴォーの嵐。完璧には程遠い演奏だっただけに意外ではあったが、確かに味わうべき音楽であった。老境に差し掛かり、テクニックに翳りが見られてもなお攻める1人のピアニスト、そして指揮者とオーケストラのリスクテイキングな姿勢には大いなる敬意を表したいと思った。現代では受け入れられにくい部類の演奏かもしれないが、尊い。

強く記憶に残る演奏を披露してくれたナッセンだが、楽屋口にて恐縮ながらお話を伺い、卓越したプログラミングセンスを再認識した。ストラヴィンスキーのバレエ音楽「花火」に影響されたナッセンの自作は、先述した通り「火の鳥」そっくりの旋律が出てくる武満作品と連関がある。ナッセンは更に、スクリャービンやシマノフスキをも内包していると強調していた。
更にブラームスとシェーンベルクは有名な「ピアノ四重奏曲第1番」の編曲で繋がっているし、更に今回の「映画の一場面への伴奏音楽」の初演を担当したのはクロル歌劇場時代のクレンペラー。彼こそがブラームスの編曲を提案した人物である。

ナッセン、恐るべし。それでいて自作の演奏後はひたすらオケを讃え、シェーンベルクと武満徹ではスコアを掲げる英国紳士でもある。すぐにでもまた客演してほしい!


2015/9/27
NHK交響楽団 第1816回定期公演 Aプログラム
@NHKホール

ベートーヴェン:交響曲第2番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

ピアノ:ティル・フェルナー
管弦楽:NHK交響楽団
コンサートマスター:伊藤亮太郎
指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット


ブロムシュテット御大、88歳にしてベートーヴェン・ツィクルス開始。第1シーズンはB定期で1・3、このA定期で2番という取り合わせだ。バンベルク響とN響で全曲を振り分け、3シーズンかけて完走するそうだが、その暁には90歳になっている翁。底知れぬヴェジタリアン・パワーにはただ絶句である。噂では10年近く先まで契約が決まっているとか、いないとか。ストコフスキーの現役最長記録はMr. Sと共に余裕で抜いてくれそうだ。

ブロム翁はブラームスでは16型の大編成かつ締まった音作りだったが、ベートーヴェンでは編成から切り詰める。協奏曲・交響曲ともに12型。若いヤマカズが16型倍管で初期交響曲をやる一方で、老匠がこのような形態をとるのだから音楽は面白い。あとは聴き手の度量の問題か。
全プロタクトを持たず、快活な手さばきで振り通したマエストロはとにかく細部まできっちり造形、わずかな弛緩も許さない引き締まったプロポーションのベートーヴェンを展開した。特に前半の第2番における徹底振りは鬼のようで、管楽器の明瞭な発音は翁の厳しい要求によるものだろう。一つ一つの声部がクリアに聴こえ、結果としてハーモニーが豊かに聴こえる。NHKホールでこれだけはっきりと聴こえる木管も珍しい。弦は人数が少ない分楽員一人あたりの負担が増え、鳴らす場面ではとにかく全力でガリガリと弾かせる。流麗さより原石のような新鮮さを 優先していたが、N響のアンサンブルは多少の負担では揺るがず、それでいていつもより前傾姿勢なので誠に素晴らしい。

後半の「皇帝」はウィーンのピアニスト・フェルナーを迎えての演奏。ブロムシュテットは手綱を弱めることはしないが、ソリストとの音楽の指向性の統一には流石に気を配っていた。フェルナーは重くないタッチで繊細な表情変化を全曲で聴かせる。エンペラーの威厳はほとんど感じられないが、気品ある姿には別の説得力が宿る。こういう路線で聴く第2楽章は絶品、「皇帝」 を好まない自分でも涙が出そうになった。ブロム翁は前半の精緻さはそのままに、曲に相応しい威厳あるバックを創出。ティンパニの乾いた打音は好みではないが、演奏のスタイルには合致していた。

もう一曲序曲があってもいいな、と思わないではないが―流石はブロム翁、充実感のある演奏会だった。 厳しくも愛のある指揮者とオーケストラのコラボレーションには時代を超えた魅力がある。

2015/9/26
土曜ソワレシリーズ 第251回
三浦友理枝 ラヴェル・ピアノ作品全曲演奏(第二夜)
@フィリアホール

ラヴェル:前奏曲
ラヴェル:古風なメヌエット
ラヴェル:組曲「鏡」
~休憩~
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル:グロテスクなセレナーデ
ラヴェル:ハイドンの名によるメヌエット
ラヴェル:ボロディン風に…
ラヴェル:シャブリエ風に…
ラヴェル:組曲「クープランの墓」
~アンコール~
ラヴェル:ハバネラ形式による小品

ピアノ:三浦友理枝


 前回の第一夜で恐ろしく感銘を受け、参加を即決した今回の第二夜。ラヴェルのピアノ曲全曲演奏の完走、祝着である。
前回に引き続きプログラムの曲目解説は三浦嬢ご自身の執筆で、演奏家ならではの簡潔にしてポイントをきっちり押さえた知的な文章がとても嬉しい。

あくまで私個人の捉え方だが、一品の中に和音の組み合わせの妙による色彩世界が豊潤に広がっているのがラヴェルのピアノ曲だと思う。それを2時間の尺でこれだけ披露するというのは、思考の切り替えという点だけでも並大抵の所業ではない。それを三浦さんは何の気負いもなく、淡々と行っているように見えた。やはり計り知れない知性を感じるし、それゆえのラヴェル全曲演奏という選択なのだろう。
前後半ともに比較的演奏時間の短い小品を数曲弾き、その後に組曲を奏するというコンセプト。曲の繋がりも当然考えられている。とくに後半では「亡き王女」の後で一度答礼された後は一気に4曲を続けて弾き、一旦袖に戻ってから「クープラン」となった。この集中力たるや。

とくに印象深かったのは前半の「鏡」。長大な「海原の小舟」を中央に据えた一大組曲であるが、文字通り鏡のように情景が鮮やかに変容し、一瞬たりとも飽きる瞬間がない。それでいて「蛾」「悲しげな鳥たち」といった表題の範疇をも超え、次に控える曲への予感や弾き終えた曲の余韻までもが感じられたのが興味深い。組曲中の一品ずつそれ自体が鏡として互いを投影し合っているのではないか、とすら勘ぐってしまう。前述「海原の小舟」の遠近感と広大なスケール描写、「道化師の朝の歌」中間部の孤独な道化の表情は特に素晴らしかった。リストの「ラ・カンパネッラ」とは異なり、鐘の音が乱反射する情景をしっかり見せてくれた「鐘の谷」も見事。

その他の小品、最後の「クープラン」(長丁場を締めくくる圧倒的なトッカータ!)も当然素晴らしかったが、表現の彫琢を最も感じたのが「鏡」であった。アンコールの「ハバネラ形式の小品」は三浦嬢ご自身の編曲のようだが、めくるめく知性の冒険を甘い余韻で終える温かな選曲だった。たったの二夜といえばそれまでだが、思い出深いシリーズになった。

2015/9/24
東京都交響楽団 第793回定期演奏会Aシリーズ
@東京文化会館

ミャスコフスキー:交響曲第10番
ナッセン:ヴァイオリン協奏曲
~ソリスト・アンコール~
サロネン:Lachen verlernt(学ばざる笑い)

ムソルグスキー(ストコフスキー編曲):組曲「展覧会の絵」
~アンコール~
ムソルグスキー(ストコフスキー編曲):組曲「展覧会の絵」より
第3プロムナード~卵の殻を付けた雛の踊り

ヴァイオリン:リーラ・ジョセフォウィッツ
管弦楽:東京都交響楽団
コンサートマスター:四方恭子
指揮:オリヴァー・ナッセン

 
オリヴァー・ナッセンが都響定期に登場。以前芸術主幹の国塩さんが講演で語ったところによれば、サントリーサマーフェスで彼のホルン協奏曲(独奏はバリー・タックウェル)を初演していて以来20年ぶりの共演で、楽員も待ち望んでいたのだという。文字通り(失礼!)、英国音楽界の大物だ。

今回取り上げられる自作は「ヴァイオリン協奏曲」。現代曲だが大変聴きやすく、爽やかで幻想的な印象すら与える佳曲だ。コントラバス8本と低音を強化しているが、重厚な印象は受けない。チャイムやチェレスタの夢幻的な響きと独奏ヴァイオリンが語り交わす第2楽章が大変スピリチュアルだった。独奏を務めたジョセフォウィッツはこの公演のためだけの来日で、全曲暗譜は勿論のこと完全に曲を手中に入れて圧巻のパフォーマンスを繰り広げた。引っ掛かりの強い音を多用するのだが、その中の音色のパレットが至極豊富で惹きつけられる。テクニック的にも圧巻で、それはアンコールで披露されたサロネンの小品でも確かだった。なんという滑らかなフラジオレット!

自作を挟む形でミャスコフスキーの10番、ストコフスキー編曲の「展覧会の絵」が披露されたが、いずれもホルン8本を要する大編成。ちなみにナッセンは両曲録音があるし、ミャスコフスキーのアメリカ初演はストコフスキーが務めるなど縁があり、取り合わせの妙が感じられる。
ミャスコフスキーは交響曲ながら単一楽章、描かれている内容から言っても交響詩のようだが、主題展開が明快なのでやはりシンフォニー。「青銅の騎士」像ことピョートル大帝の銅像が貧しい官吏エヴゲニーを追い回す様が威圧的な低弦によりリアルに描かれ、この低弦は曲中何度も回帰する。曲全体を通して伝統的な管弦楽法と斬新な書法が入り乱れ、終局では救いなく投げ出される。とにかく、ナッセンの意気と都響の技量は目覚ましい。
後半の「展覧会の絵」は、おそらくラヴェル編の次に有名なストコフスキー版だが、それでも知名度・演奏頻度ともに限りなく低いだろう。(ゴルチャコフ版、ウッド版、アシュケナージ版などが控えているが・・・)
有名なプロムナードは弦楽により奏され、徐々にオーケストラに拡大されていく。ラヴェル編では距離を置いて牛車が迫ってくる「ブィドロ」も低弦により粗野に弾かれるなど(前半のミャスコフスキーのように!)、全体的に誇張的・戯画的な色合いが強まっている。音価の扱い、フレーズの削除や追加なども編曲者の裁量で自由に行われており、サイケデリックな面白さは格別だ。
巨躯ゆえに杖を持って歩行し、椅子に腰掛けて振るナッセンは決して大振りではないのだが、最小限の身振りでオケから弱音から最強音まで存分に引き出す。流石はヴェテランの技だ。都響も殆ど破綻なく驚異的。結果生み出された音楽は誇張もなく、純粋にストコフスキーの編曲に忠実なものだった。ハッタリをかまさずとも十分色彩的な音楽。

オリヴァー・ナッセン、只者ではない。B定期も本当に楽しみである!(という文をB定期の休憩中に書いているのは内緒)

このページのトップヘ