たくさん聴かな、あかんやん。

都内在住私大生。自分の心に正直に書きます。

October 2015

2015/10/30
藝大フィルハーモニア 第371回定期演奏会
@東京藝術大学奏楽堂

~プレコンサート~
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
演奏:藝大フィルハーモニア チェロアンサンブル
(寺井創、豊田庄吾、夏秋裕一、羽川真介、松本卓以、山澤慧)

バルトーク:バレエ音楽「中国の不思議な役人」組曲
バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽
バルトーク:管弦楽のための協奏曲

管弦楽:藝大フィルハーモニア
コンサートマスター:野口千代光
指揮:高関健

相当久しぶりに藝大奏楽堂での演奏会を聴く。上野といえば東京文化会館、上野学園石橋メモリアルホール、そしてこの奏楽堂だが、しょっちゅう訪れるのは文化会館だけだ。
プロオーケストラの定期演奏会で「役人」「弦チェレ」「オケコン」というバルトークの代表的三品が一挙に乗ることは、実はありそうでない。バルトーク音楽を心から愛する自分としては、この演奏会を見逃すわけには行かなかった。
ちなみに、藝大フィルを聴くのは実は初めて。

自由席につき奏楽堂の1階中央よりやや後方の座席を取り、まずプレコンサートを聴く。本プロに加えこちらもバルトーク、藝大フィルのチェロセクションはしなやかな音色で土っぽいサウンドを聴かせてくれた。
本プロの「役人」、オーケストラは14型。(以後全曲同じ編成だった)ステージを見てまず「おや」と思ったのは、管楽器と打楽器に雛壇がないこと。つまり全ての楽器が平舞台での演奏となった。これは正直音響的な効果としてはかなりマイナスで、奏楽堂の比較的多めの残響と相まって細部の混濁が聴かれた。とくに「役人」はただでさえオーケストレーションが込み入った曲だから、弦楽器の猥雑な動きに乗っかってくる木管群の信号動機、そして威圧的に奏する金管群がごちゃ混ぜになってしまった。演奏自体は水準高く、高関さんらしい手堅く安定した指揮(かなりゆったりしたテンポだった)に藝大フィルがしっかりと応え、少女を誘惑する3人の登場人物を描き分けるソロ・クラリネット、終盤近くの卑猥なソロ・トロンボーンも素晴らしかった。
ここで休憩に入る。3作品とも重いからなのか、休憩は一曲ごとに取られた。(聴衆としてもその方がありがたかったが) 

続いての「弦チェレ」、オーケストラは弦5部が左右に分かれて対峙する形を取り、指揮台の向かって下手側にチェレスタ、上手側にハープが置かれる。ピアノはチェレスタの隣で、チェレスタを弾いたH塚君は曲中連弾になる箇所ではピアノと自分の楽器を往来していた。 
昨年末に聴いた大野和士/都響の同曲は情念系とでも言おうか、分厚いサウンドをベースに大野さんが自在なアゴーギクで揺さぶって魅力的に仕上げていた。高関さん/藝大フィルの演奏は対照的で、ほぼアゴーギクは使わず、徹頭徹尾楽曲を丁寧に紐解いていくもの。結果的に切っ先を突きつけられるような冷たい凄みは後退したが、これも曲のあり方の一つだろう。藝大フィルは所々アンサンブルに苦しそうな箇所が無いではなかったが、高関さんのこれ以上ない位丁寧な指揮(とくに第2楽章終結部!)に導かれて立派な演奏だった。ティンパニの思い切りの良い強打が印象的。

再び休憩を挟んでの「管弦楽のための協奏曲」。正直聴く側としては若干疲れてきたのだが、もっと負担が大きいはずの演奏者のことを考えてしっかりと聴く。オーケストラのコンディションはほぼ先ほどと同一に保たれ、休みがあった管楽器も抜け目ない演奏。音楽がぐるりと回転して大胆に転換していくような場面でも相変わらず高関さんは生真面目だが、がっしりとした構築により、ソロが明滅する管弦楽曲というよりは堂々たる一大交響曲のような仕上がりとなっていた。各楽章間の有機的な動機の繋がりもよく見える。

なかなか長いプロで、終演は21:30頃となった。なるほど、この3曲を一夜に演ろうとすると舞台転換、管楽器奏者への配慮、そして聴き手の集中力など色々な問題があるのかもしれない。充実したパフォーマンスだったが、それに加えて色々な発見があったのも収穫だった。 最後に、出来れば藝大フィルは文化会館で公演してほしい。

2015/10/29
パルティトゥーラ・プロジェクト
ベートーヴェン ピアノ協奏曲全曲演奏会 【第2回】
@すみだトリフォニーホール

ベートーヴェン:ロマンス第1番
ベートーヴェン:ロマンス第2番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
~アンコール~
モーツァルト:4手のためのピアノ・ソナタより 第2楽章

ピアノ:マリア・ジョアン・ピレシュ、小林海都
指揮:ヴァイオリン:オーギュスタン・デュメイ
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:西江辰郎

第5番「皇帝」で締めくくるコンサートと言うと、先日のN響定期を思い出す。ブロムシュテット指揮で交響曲第2番を演奏し、後半にティル・フェルナーの独奏で「皇帝」。こういう構成だとソリストはアンコールをするわけにも行かず、なんとなく後味が微妙なお開きになってしまう。それと比して今日の構成は気持ちが良い。
ピレシュが弾く第4番が素晴らしいのは勿論だが、前菜というには相当に贅沢なデュメイのヴァイオリンが、初めに二曲演奏された。デュメイのヴァイオリンは相変わらず爽快に美音を振りまくが、昔の技巧バリバリのコンチェルトなどに比べて人間臭く、自然な円熟を重ねていることが分かる。 2曲のロマンスにおける表情の違いも味わい深い。(首都圏では、来年インバル/都響との共演によるモーツァルトの協奏曲第3番で彼のヴァイオリンを味わうことが出来る)

続くピレシュ独奏のベートーヴェン4番、前回の第3番に続き金太郎飴のような感想で恐縮なのだがかけがえのない瞬間。偏愛する第4番を彼女のピアノで聴けただけでまずジンとしてしまったが、もう第一音から別世界。ピアノの独奏から始まるこの名作が、これほど胸の奥深くまで染み渡って聴こえたことはかつてなかった。パルティトゥーラ・プロジェクトの中心であるピレシュが振りまく慈愛の念、それがホール全体に浸透して聴衆の心を打つのが手に取るように分かった。
ちなみに、使用ピアノが一日目のヤマハからスタインウェイに変わっていました。直前で色々試しての変更とのこと。

後半はエリーザベト王妃音楽院でピレシュに学ぶ小林海都さんが登場、シリーズを締めくくる「皇帝」を奏した。ピレシュの後を受けて協奏曲を弾くプレッシャー等、いらぬことを多々想像してしまったが、演奏は年相応以上の立派さ、一途で直情的な表情もこれはこれで良いと思える。先述したティル・フェルナーの軽やかなウィーン風とはまったく異なる、今の小林さんが投影された説得力ある演奏に満足した。

アンコールではやはりピレシュと連弾、モーツァルトの4手ソナタより第2楽章が演奏された。この意義あるプロジェクトの締めくくりとして、これ以上ない素敵な贈り物を授かった思いだった。

2015/10/27
パルティトゥーラ・プロジェクト
ベートーヴェン ピアノ協奏曲全曲演奏会 【第1回】
@すみだトリフォニーホール

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番(リベール)
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番(グーアン)

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番(ピレシュ)
~アンコール~
ラフマニノフ:6手のための3つのピアノ作品より ロマンス

ピアノ:マリア・ジョアン・ピレシュ、ジュリアン・リベール、ナタナエル・グーアン
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
コンサートマスター:西江辰郎
指揮:オーギュスタン・デュメイ

名ピアニスト、マリア・ジョアン・ピレシュがすみだトリフォニーホールを中心に展開する「パルティトゥーラ・プロジェクト」が幕を開けた。このプロジェクト、ピレシュが教鞭をとるエリーザベト王妃音楽院が彼女の信念に共感して立ち上げたものだという。
「コンクールにて他者と競い合う中、若い演奏家は自己利益を求めがちになる。演奏家が奏でる音楽を特別なものへと昇華させ、聴衆を至福の時間へと誘うために他者との共存や分かち合いを目指す」―これがパルティトゥーラ・プロジェクトのモットーだ。音楽に神秘的な力が宿る瞬間、つまりは"Grace"(神の慈しみ、恩寵)を成し得るための様々な工夫が込められている。 世代の異なる演奏家が互いの演奏を聴き合い、好影響を及ぼしあうというのが大きな特徴だろう。

前半に2つの協奏曲を奏でたのはベルギー出身のジュリアン・リベール、フランス出身のナタナエル・グーアンという若手二人。両者とも1980年代後半の生まれであり、エリーザベト王妃音楽院にてピレシュに師事している。
どちらも強烈な個性を持つピアニストではないが、 若々しい息吹を感じさせる演奏だった。特に弱音の繊細な扱い、フレージングの作り方には師であるピレシュの好影響を感じさせた。個人的な好みで言えば1番を弾いたリベールが思い切りがよく、好み。(曲の個性も多分にあるとは思うが)デュメイが指揮する新日本フィルは、バロック楽器こそ使用せずともかなり古典派寄りのベートーヴェン。特に規模が小さくなる第2番ではその色合いが強まった。ヴァイオリン群のヴィブラートは最小限の使用、管楽器は歯切れがよく縁取りがはっきりした演奏だった。小気味よさはかなりのもので、初期作品にはぴったり。

後半の第3番、いよいよ2人の師たるピレシュの登場だ。 オーケストラは前半より陰翳を深め、ほの暗いベートーヴェンの音色が聴こえて来る。ハ短調という調性、曲の性格によるところもあるが、かなり骨太なバックを展開した。このあたりのデュメイの采配は実に芸が細かく、名ヴァイオリニストであることは周知だが指揮者としても芯がある人だと思わせられる。弦楽器を中心に、新日本フィルが的確に応えていたのも良かった。
そしてピレシュのソロ―予想通りというか、予想を遥かに上回る素晴らしさ。声高に主張するような演奏では決してないが、一音ごとの説得力、零れ落ちるような風情がほんとうに沁みる。第1楽章のカデンツァでは年齢に似合わぬ(失礼!)強靭なタッチ、揺るがせにしない構築をも披露したけれども、第2楽章のラルゴの魅力には抗いがたい。これを聴くためにやってきたのだ、という感じ。

残念ながら客入りは芳しくなかったが、喝采は熱い。ピレシュは幾度もステージに呼び戻され答礼を受けた。何度目のカーテンコールかで彼女は前半を弾いた二人を引き連れて登場し、なんと六手による演奏を聴かせてくれた。(もともと六手のために書かれた作品がラフマニノフにあるとは知らなかった)「パルティトゥーラ・プロジェクト」の趣旨に相応しい、世代を超えた音楽家の心的交流を聴衆にもおすそ分けしてくれた形となり、何とも温かな余韻を胸に帰途に着いた。 

2015/10/26
プリモ芸術工房3周年 プレミアムステージ2
第25回プリモコンサート
【山本裕康・諸田由里子 ベートーヴェンチェロ作品全曲演奏会】 第2日
@プリモ芸術工房

ベートーヴェン:ピアノとチェロのためのソナタ第4番
ベートーヴェン:ピアノとチェロのためのソナタ第5番

ベートーヴェン:モーツァルト「魔笛」の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲
ベートーヴェン:ピアノとチェロのためのソナタ第3番
~アンコール~
ベートーヴェン:ピアノとチェロのためのソナタ第5番より 第3楽章

チェロ:山本裕康
ピアノ:諸田由里子

山本裕康さんと諸田由里子さんによる、ベートーヴェンのチェロ作品全曲演奏会の第2日を聴いた。両日とも直前まで予定が入ってしまっており、残念ながらパスかなぁと思っていたのだが・・・幸運にも直前で夜の予定が空いて聴くことができた。プリモ芸術工房は50人強ほどの小規模なサロンで、完売との報せがあったので滑り込めたのはただただ幸運。(裕康さん、ありがとうございました)

密やかな音の語らいは第4番の雄大なハ長調で幕を開ける。2楽章構成で15分ほどの演奏時間だが、そう感じさせない規模の大きさを持つ曲だ。テンポ指示の変化も頻繁で、全編聴きどころという感じ。
続いての第5番、個人的には当夜もっとも感銘を受けたのはこの曲だった。ベートーヴェンがチェロという楽器において最後に辿り着いた境地であり、かつこの後に続く弦楽四重奏曲の傑作群を予見させる。冒頭の決然としたAllegro con brioは交響曲の第3番や第5番の冒頭楽章でも用いられた作曲家得意の始動だが、そのエネルギー感たるや。第2楽章では一転、緊張と抒情の間を行き来するような独特の音楽となる。用いられている音符の数は最小限、簡素なのだが、内部に凝縮していくような空気感を漂わせていた。作曲家の凄さ、お二人の演奏者の凄さ、どちらもだろう。第3楽章は伝統に則ったフーガ、これはもう神業というか―こんな音楽を作ってしまうベートーヴェンも、それを高い集中力で音化していく裕康さんと由里子さんも恐ろしい。一瞬たりとも弛緩なく、只管高みへと駆け上がる高潔な音楽だ。チェロとピアノの右手、左手がそれぞれ濃密な対話を繰り返していく。

前半でお腹一杯だったが、後半も当然充実。2種ある魔笛変奏曲のうち、当夜演奏されたのは後年の作曲である7つの変奏曲。第1幕フィナーレを目前にパミーナとパパゲーナがしっとりと歌う二重唱"Bei Männern, welche Liebe fühlen(恋を知る男たちは)"の主題による作品だ。奔放な展開のうちに、聴いていてあまりの美しさに涙が零れてしまうような名旋律をサラりと忍ばせるのがモーツァルトの心憎さ(おそらく作曲家自身も気づいていないのではないか?)だが、この旋律を自由に変奏したベートーヴェンも素晴らしい。流行の旋律に関連した作品を作ることは当時の常套手段だと思うが、その域を超えた完成度に聴きほれる。ピアノが担う役割も大きい。
そして最後に演奏された「第3番」。この名作については敢えてあまり触れないが、裕康さんの思い入れを強く感じる素晴らしい演奏だった。第1楽章で連続して出現するピッツィカートにも万感の思いが込められる。充実の一夜を締め括ったのは、うれしいことに最も感銘を受けた第5番の終楽章だった。これほど完成度が高い音楽作品も稀だと認識したが、裕康さんと由里子さんは疲れを感じさせず更に燃焼度の高い演奏を聴かせてくれた。一回目の演奏でも涙腺が緩んだが、ここにきてやはり熱いものが頬を伝う。

最後に。演奏の合間には裕康さんによるトークが挟まれたが、そのお言葉はどれも印象的だった。一曲目の第4番の後に「ベートーヴェンは生涯に渡ってピアノとチェロのためのソナタを書いてくれたので、彼のチェロ作品を聴けば生涯を追うことができる」と仰ったが、この視点は恥ずかしながら持っていなかった。成程、たとえばピアノ協奏曲などは中期で途絶えてしまっているのだ。また、チェリストにとってのベートーヴェンとはほぼ「第3番」であるが、全作品を演奏することで素晴らしいチェロ作品群を知ってもらいたい、とも仰っていた。
ちなみに、トークの途中で『第5番って・・・わかります?』と仰って最前列の自分の方を見られた気がするのだが、気のせいだろうか?名チェリスト・裕康さんに「分かってる?」なんて言われたら、自分は固まるしかありません(笑)
伸びやかにチェロが響き、古き良きスタインウェイの名器との対話を聴くことができるプリモ芸術工房での一夜、素晴らしかった。最近、いっそう室内楽が沁みるようになってきた。

2015/10/26
Hakuju ベーゼンドルファー・サロンコンサート・シリーズ
ランチタイム・コンサート 第6回 長崎麻里香
@Hakuju Hall 1Fサロン

ドビュッシー:前奏曲集第1集より
第1番"デルフィの舞姫たち"
第5番"アナカプリの丘"
第8番"亜麻色の髪の乙女"
モーツァルト:きらきら星変奏曲
プーランク:15の即興曲より 第15番"エディット・ピアフをたたえて"
ラヴェル:組曲「クープランの墓」
~アンコール~
ドビュッシー:ベルガマスク組曲より 月の光

ピアノ:長崎麻里香

1時間の短いコンサートだったけれども、コンパクトにまとまった良プログラム。
至近距離で聴くベーゼンドルファーの濃厚な音色はドビュッシー「前奏曲集」で目覚ましい効果を生んで、ペダルの余韻の芳しさは例えようもないほど魅力的だ。
続く「きらきら星変奏曲」は屈託なく流麗な演奏。その後のプーランク、ラヴェルの流れも心地よく、とくに「クープランの墓」では軽やかな打鍵から終曲トッカータの激しさまで、幅広い響きを味わった。ラヴェル特有の和音の魅力には抗いがたい。
拍手に応え、長崎さんが「お昼ですけど」と笑いを誘って弾き始めたのはやはり「月の光」。しっとりと沈み込むような響きは、本プロ中の「亜麻色の...」と同じく心を落ち着けてくれる。

長崎さん、とても上品な個性を持った素敵なピアニストだと思った。人の往来が回避できないサロンコンサートで聴かせて頂くのが勿体無いくらいだ。ベーゼンドルファーと長崎さんの向こう側のガラスに、お昼休憩でタバコを吹かすサラリーマンが映るのはなんとも・・・(笑)こちらでさえ気になるのに、ちっとも動じない長崎さんはプロだなぁと思ってしまったが。

12052446_1069380799748136_5643642923294682459_o



 

このページのトップヘ